ルツ記2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 さてナオミには、おっとエリメレクの一族いちぞくで、非常ひじょう裕福ゆうふくなひとりの親戚しんせきがあって、そのをボアズといった。

    2 モアブのおんなルツはナオミにった、「どうぞ、わたしをはたけかせてください。だれか親切しんせつひと見当みあたるならば、わたしはそのかたのあとについてひろいます」。ナオミが彼女かのじょに「むすめよ、きなさい」とったので、

    3 ルツはって、ひとたちのあとにしたがい、はたけひろったが、彼女かのじょははからずもエリメレクの一族いちぞくであるボアズのはたけ部分ぶぶんにきた。

    4 そのときボアズは、ベツレヘムからきて、ものどもにった、「しゅがあなたがたとともにおられますように」。かれらはこたえた、「しゅがあなたを祝福しゅくふくされますように」。

    5 ボアズはひとたちを監督かんとくしているしもべにった、「これはだれのむすめですか」。

    6 ひとたちを監督かんとくしているしもべはこたえた、「あれはモアブのおんなで、モアブのからナオミと一緒いっしょかえってきたのですが、

    7 彼女かのじょは『どうぞ、わたしに、ひとたちのあとについて、たばのあいだで、ひろあつめさせてください』といました。そして彼女かのじょあさはやくきて、いままではたらいて、すこしのあいだもやすみませんでした」。

    8 ボアズはルツにった、「むすめよ、おきなさい。ほかのはたけひろいにってはいけません。またここをってはなりません。わたしのところではたらおんなたちをはなれないで、ここにいなさい。

    9 人々ひとびとりとっているはたけをとめて、そのあとについてきなさい。わたしは若者わかものたちにめいじて、あなたのじゃまをしないようにと、っておいたではありませんか。あなたがかわくときにはみずがめのところへって、若者わかものたちのくんだのをみなさい」。

    10 彼女かのじょしてはいし、かれった、「どうしてあなたは、わたしのような外国がいこくじんかえりみて、親切しんせつにしてくださるのですか」。

    11 ボアズはこたえて彼女かのじょった、「あなたのおっとんでこのかた、あなたがしゅうとめにつくしたこと、また自分じぶん父母ふぼうまれたくにはなれて、かつてらなかったたみのところにきたことはみなわたしにきこえました。

    12 どうぞ、しゅがあなたのしたことにむくいられるように。どうぞ、イスラエルのかみしゅ、すなわちあなたがそのつばさしたせようとしてきたしゅからじゅうぶんのむくいをられるように」。

    13 彼女かのじょった、「わがしゅよ、まことにありがとうございます。わたしはあなたのはしためのひとりにもおよばないのに、あなたはこんなにわたしをなぐさめ、はしためにねんごろにかたられました」。

    14 食事しょくじとき、ボアズは彼女かのじょった、「ここへきて、パンをべ、あなたのべるものひたしなさい」。彼女かのじょ人々ひとびとのかたわらにすわったので、ボアズは焼麦やきむぎ彼女かのじょあたえた。彼女かのじょきるほどべてのこした。

    15 そして彼女かのじょがまたひろおうとちあがったとき、ボアズは若者わかものたちにめいじてった、「彼女かのじょにはたばあいだでもひろわせなさい。とがめてはならない。

    16 また彼女かのじょのためにたばからわざとおとしておいてひろわせなさい。しかってはならない」。

    17 こうして彼女かのじょ夕暮ゆうぐれまではたけひろった。そしてひろったつと、大麦おおむぎは一エパほどあった。

    18 彼女かのじょはそれをたずさえてまちにはいり、しゅうとめにそのひろったものをせ、かつきて、のこしてちかえったものをしてあたえた。

    19 しゅうとめは彼女かのじょった、「あなたは、きょう、どこでひろいましたか。どこではたらきましたか。あなたをそのようにかえりみてくださったかたに、どうか祝福しゅくふくがあるように」。そこで彼女かのじょ自分じぶんがだれのところはたらいたかを、しゅうとめにげて、「わたしが、きょうはたらいたのはボアズというひとところです」とった。

    20 ナオミはよめった、「きているものをも、んだものをも、かえりみて、いつくしみをたまわるしゅが、どうぞそのひと祝福しゅくふくされますように」。ナオミはまた彼女かのじょった、「そのひとはわたしたちの縁者えんじゃで、もっとちか親戚しんせきのひとりです」。

    21 モアブのおんなルツはった、「そのひとはまたわたしに『あなたはわたしのところの刈入かりいれが全部ぜんぶおわるまで、わたしのしもべたちのそばについていなさい』といました」。

    22 ナオミはよめルツにった、「むすめよ、そのひとのところではたらおんなたちと一緒いっしょかけるのはけっこうです。そうすればほかのはたけひとにいじめられるのをまぬかれるでしょう」。

    23 それで彼女かのじょはボアズのところではたらおんなたちのそばについていてひろい、大麦おおむぎかり小麦こむぎかりおわるまでそうした。こうして彼女かのじょはしゅうとめと一緒いっしょくらした。