エレミヤ書5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 エルサレムのちまたをきめぐり、て、るがよい。その広場ひろばたずねて、公平こうへいおこない、真実しんじつもとめるものが、ひとりでもあるかさがしてみよ。あれば、わたしはエルサレムをゆるす。

    2 かれらは、「しゅきておられる」とうけれども、じつは、いつわってちかうのだ。

    3 しゅよ、あなたのは、真実しんじつかえりみられるではありませんか。あなたがかれらをたれても、いたみをおぼえず、かれらをほろぼされても、こらしめをけることをこばみ、そのかおいわよりもかたくして、あらためることをこばみました。

    4 それで、わたしはった、「これらはただまずしいおろかな人々ひとびとで、しゅみちと、かみのおきてをりません。

    5 わたしはえらひとたちのところって、かれらにかたります。かれらはしゅみちり、かみのおきてをっています」。ところが、かれらもみなおなじように、くびきをり、なわめをっていた。

    6 それゆえはやしから、ししがてきてかれらをころし、荒野あらのから、おおかみがてきてかれらをほろぼす。ひょうはかれらの町々まちまちをねらっている。そこからものはみなかれる。かれらのつみおおく、その背信はいしんがはなはだしいからである。

    7 「わたしはどうしてあなたを、ゆるすことができようか。あなたのどもらは、わたしをてさり、かみでもないものをさしてちかった。わたしがかれらをらせたときかれらは姦淫かんいんおこない、遊女ゆうじょいえあつまった。

    8 かれらはふとった丈夫じょうぶうまのように、おのおの、いなないてとなりつましたう。

    9 わたしはこれらのことのためにかれらをばっしないでいられようか。このような国民こくみんにあだをかえさないであろうか」としゅわれる。

    10 「あなたがたはユダのぶどうのあいだを、のぼってって、ほろぼせ、ただ、ことごとくほろぼしてはならない。そのえだのぞけ、しゅのものではないからである。

    11 イスラエルのいえとユダのいえとはわたしにまったく不信ふしんであった」としゅわれる。

    12 かれらはしゅについていつわかたってった、『しゅ何事なにごともなされない、わざわいはわれわれにない、またつるぎや、ききんをることはない。

    13 預言者よげんしゃらはかぜとなり、かれらのうちに言葉ことばはない。かれらはこのようになる』と」。

    14 それゆえ万軍ばんぐんかみしゅはこうわれる、「かれらがこの言葉ことばかたったので、よ、わたしはあなたのくちにあるわたしの言葉ことばとし、このたみをたきぎとする。かれらをつくす」。

    15 しゅわれる、「イスラエルのいえよ、よ、わたしはとおくにたみをあなたがたのところにめこさせる。そのくにながつづくにふるくにで、あなたがたはそのくに言葉ことばらず、人々ひとびとかたるのをさとることもできない。

    16 そのえびらひらいたはかのようであり、かれらはみな勇士ゆうしである。

    17 かれらはあなたがれたものと、あなたの糧食りょうしょくとをつくし、あなたのむすこむすめつくし、あなたのひつじうしつくし、あなたのぶどうのといちじくのつくし、またつるぎをもって、あなたがたのみとする堅固けんご町々まちまちほろぼす」。

    18 しゅわれる、「しかしそのときでも、わたしはことごとくはあなたをほろぼさない。

    19 あなたのたみが、『どうしてわれわれのかみしゅはこれらのすべてのことをわれわれになされたのか』とうならば、あなたはかれらにこたえなければならない、『あなたがたがわたしをてて、自分じぶんことなる神々かみがみつかえたように、あなたがたは自分じぶんのものでない異邦いほうひとつかえるようになる』と」。

    20 これをヤコブのいえにのべ、またユダにしめしてえ、

    21 おろかで、さとりもなく、があってもえず、みみがあってもきこえないたみよ、これをけ。

    22 しゅわれる、あなたがたはわたしをおそれないのか、わたしのまえにおののかないのか。わたしはすないてうみさかいとし、これを永遠えいえん限界げんかいとして、えることができないようにした。なみはさかまいても、つことはできない、りわたっても、これをえることはできない。

    23 ところが、このたみには強情ごうじょうな、そむくこころがあり、かれらはわきみちにそれて、ってしまった。

    24 かれらは『われわれにあめあたえ、あきあめはるあめときにしたがってらせ、われわれのために刈入かりいれのときさだめられたわれわれのかみしゅおそれよう』とそのこころのうちにわないのだ。

    25 あなたがたのとがは、これらのことをしりぞけ、あなたがたのつみは、ものがあなたがたにるのをさまたげた。

    26 わがたみのうちにはわるものがあって、とりをとるひとのようにをかがめてうかがい、わなをいてひととらえる。

    27 かごにとりちているように、かれらのいえ不義ふぎたからちている。それゆえ、かれらはおおいなるもの裕福ゆうふくものとなり、

    28 えて、つやがあり、そのしきおこないには際限さいげんがない。かれらは公正こうせいに、みなしごのうったえをさばいて、それをたすけようとはせず、またまずしいひとうったえをさばかない。

    29 しゅわれる、わたしはこのようなことのために、かれらをばっしないであろうか。わたしはこのようなたみに、あだをかえさないであろうか」。

    30 おどろくべきこと、おそるべきことがこのおこっている。

    31 預言者よげんしゃいつわって預言よげんし、祭司さいし自分じぶんによっておさめ、わがたみはこのようにすることをあいしている。しかしあなたがたはそのおわりにはどうするつもりか。