聖典
エレミヤ書49
戻る 次へ

第49章

1 アンモンびとについて、しゅはこうわれる、「イスラエルにはがないのか、世継よつぎがないのか。どうしてミルコムがガドをして、そのたみがその町々まちまちんでいるのか。

2 しゅわれる、それゆえ、よ、アンモンびとのラバをめるたたかいのさけびを、わたしがきこえさせるる。ラバは荒塚あれづかとなり、その村々むらむらかれる。そのときイスラエルは自分じぶんしたものどもをすとしゅわれる。

3 ヘシボンよなげけ、アイはほろぼされた。ラバのむすめたちよばわれ。荒布あらぬのにまとい、かなしんで、まがきのうちをはしりまわれ。ミルコムとその祭司さいしおよびつかさがともとらうつされるからだ。

4 不信ふしんむすめよ、あなたはなぜ自分じぶんたにことほこるのか。あなたは自分じぶんとみたよんで、『だれがわたしにめてくるものか』とう。

5 しゅなる万軍ばんぐんかみわれる、よ、わたしはあなたのうえおそれをのぞませる、それはあなたの周囲しゅういものからる。あなたはわれて、おのおのただちに他人たにんつづき、げるものあつめるひともない。

6 しかし、のちになって、わたしはアンモンびとをふたたさかえさせると、しゅわれる」。

7 エドムのことについて、万軍ばんぐんしゅはこうわれる、「テマンには、もはや知恵ちえがないのか。さといものにははかりごとがなくなったのか。その知恵ちええうせたのか。

8 デダンにものよ、げよ、のがれよ、ふかところかくれよ。わたしがエサウの災難さいなんかれうえのぞませ、かればっするときをこさせるからだ。

9 ぶどうをあつめるものがあなたのところたならば、すこしのをものこさないであろうか。よるぬすびとがたならば、自分じぶんたちの満足まんぞくするだけほろぼさないであろうか。

10 しかしわたしはエサウをはだかにし、そのかくれるところあらわしたので、かれはそのかくすことができない。そのどもたちも、兄弟きょうだいも、となびとほろぼされる。そしてかれは、いなくなる。

11 あなたのみなしごをのこせ、わたしがそれをきながらえさせる。あなたのやもめには、わたしにたのませよ」。

12 しゅはこうわれる、「もし、さかずきむべきでないものもそれをまなければならなかったとすれば、あなたはばつまぬかれることができようか。あなたはばつまぬかれない。それをまなければならない。

13 しゅわれる、わたしは自分じぶんをさしてちかった、ボズラはおどろきとなり、ののしりとなり、となり、のろいとなる。その町々まちまちながとなる」。

14 わたしはしゅからのおとずれをいた。ひとりの使者ししゃがつかわされて万国ばんこくき、そしてった、「あなたがたはあつまり、ってかれめ、ってたたかえ。

15 よ、わたしはあなたを万国ばんこくのうちにちいさいものとし、人々ひとびとのうちにいやしめられるものとする。

16 いわみ、やまたかみをめるものよ、あなたのおそろしいことと、あなたのこころたかぶりが、あなたをあざむいた。あなたは、わたしのようにたかところつくっているが、わたしはそのところからあなたをりおろすとしゅわれる。

17 エドムはおそれとなる。そのかたわらをとおぎるものはみなおそれ、そのわざわいのために、舌打したうちする。

18 しゅわれる、ソドムとゴモラとそのとなり町々まちまちがくつがえされたときのように、そこにひとはなく、そこに宿やどひともなくなる。

19 よ、ししがヨルダンの密林みつりんからのぼってきて、じょうぶなひつじのおりをおそうように、わたしは、たちまちかれらをそこからはしらせ、わたしのえらものをそのうえてる。だれかわたしのようなものがあるであろうか。だれがわたしをびつけることができようか。どの牧者ぼくしゃがわたしのまえつことができようか。

20 それゆえ、エドムにたいしてしゅてたはかりごとと、テマンにものたいしてしようとすることくがよい。かれらのれのうちのちいさいものまでもみなかれてく。かれらのおりのものもそのおわりをおそれる。

21 そのたおれるおといて、ふるい、かれらのさけごえ紅海こうかいにもきこえる。

22 よ、てきはわしのようにのぼり、すみやかにびかけり、そのつばさをボズラのうえひろげる。そのエドムの勇士ゆうしこころおんなこころのようになる」。

23 ダマスコのことについて、「ハマテとアルパデは、うろたえている、かれらはわるいおとずれをいたからだ。かれらは勇気ゆうきうしない、おだやかになることのできないうみのようになやむ。

24 ダマスコはよわり、をめぐらしてげた、恐怖きょうふおそわれている。おんなのぞむようにいたみとかなしみとかれのぞむ。

25 ああ、あるまちたのしいまちてられる。

26 それゆえ、そのに、わかものは、広場ひろばたおれ、兵士へいしはことごとくほろぼされると万軍ばんぐんしゅわれる。

27 わたしはダマスコの城壁じょうへきうえやし、ベネハダデの宮殿きゅうでんつくす」。

28 バビロンのおうネブカデレザルがったケダルとハゾルの諸国しょこくことについて、しゅはこうわれる、「って、ケダルにかってすすみ、ひがし人々ひとびとほろぼせ。

29 かれらの天幕てんまくと、そのひつじれとはられ、その垂幕たれまくとそのもろもろのうつわと、らくだとはかれらのところからはこられ、人々ひとびとかれらにかってさけぶ、『おそろしいことが四方しほうにある』と。

30 しゅわれる、ハゾルにものよ、げよ、とおくさまよいき、ふかところかくれよ。バビロンのおうネブカデレザルがあなたがたをめるはかりごとをめぐらし、あなたがたをめる、てだてをもうけたからだ。

31 しゅわれる、ってすすみ、安全あんぜんところむきらくなたみめよ、かれらはもんもなく、かんもなく、ひとりはなれてむ。

32 かれらのらくだは、ぶんどりものとなり、家畜かちくれはうばわれる。わたしは、かのかみのすみずみをもの四方しほうらし、その災難さいなん八方はっぽうからこさせるとしゅわれる。

33 ハゾルは山犬やまいぬのすまいとなり、いつまでもとなっている。だれもそこにひとはなく、そこに宿やどひともない」。

34 ユダのおうゼデキヤの治世ちせいはじめのころに、エラムのことについて預言者よげんしゃエレミヤにのぞんだしゅ言葉ことば

35 万軍ばんぐんしゅはこうわれる、「よ、わたしはエラムがちからとしてたよんでいるゆみる。

36 わたしはてん四方しほうから、四方しほうかぜをエラムにこさせ、かれらを四方しほうかぜらす。エラムからされるものかないくにはない。

37 しゅわれる、わたしはエラムをしてそのてきまえ、またそのいのちもとめるものまえおそれさせる。わたしはわざわいをくだし、はげしいいかりをそのうえにくだす。かれらのうしろに、つるぎをおくってほろぼしつくす。

38 そしてわたしのくらいをエラムにすえ、おうとつかさたちとをほろぼすとしゅわれる。

39 しかしすえに、わたしはエラムをふたたさかえさせると、しゅわれる」。