聖典
エレミヤ書33
戻る 次へ

第33章

1 エレミヤがなお監視かんしにわめられているときしゅ言葉ことばはふたたびかれのぞんだ、

2 つくられたしゅ、それをかたちつくってかたたせられたしゅ、そのしゅのっておられるものがこうおおせられる、

3 わたしにもとめよ、そうすれば、わたしはあなたにこたえる。そしてあなたのらないおおきなかくされていることを、あなたにしめす。

4 イスラエルのかみしゅるいと、つるぎとをふせぐために破壊はかいされたこのまちいえと、ユダのおういえについてこうわれる、

5 カルデヤびとはたたかい、わたしがいかりといきどおりをもってころ人々ひとびと死体したいを、それにたす。わたしは人々ひとびとのもろもろのあくのために、このまちにわたしのかおをおおいかくした。

6 よ、わたしは健康けんこうと、いやしとを、ここにもたらして人々ひとびとをいやし、ゆたかな繁栄はんえい安全あんぜんとをかれらにしめす。

7 わたしはユダとイスラエルをふたたさかえさせ、かれらをてて、もとのようにする。

8 わたしはかれらがわたしにかっておかしたつみのすべてのとがをきよめ、かれらがわたしにかっておかしたつみ反逆はんぎゃくのすべてのとがをゆるす。

9 このまちのもろもろのたみまえに、わたしのためによろこびのとなり、ほまれとなり、さかえとなる。かれらはわたしがわたしのたみほどこすもろもろのめぐみのことをく。そして、わたしがこのまちほどこすもろもろのめぐみと、もろもろの繁栄はんえいのためにおそれてをふるわす。

10 しゅはこうわれる、あなたがたが、『それはれて、ひともおらずけものもいない』というこのところ、すなわち、れて、ひともおらずものもなく、けものもいないユダのまちとエルサレムのちまたに、

11 ふたたよろこびのこえたのしみのこえ花婿はなむここえ花嫁はなよめこえ、および『万軍ばんぐんしゅ感謝かんしゃせよ、しゅめぐみふかく、そのいつくしみは、いつまでもえることがない』といって、感謝かんしゃそなものしゅみやたずさえてくるものこえきこえる。それは、わたしがこのふたたさかえさせてはじめのようにするからであるとしゅわれる。

12 万軍ばんぐんしゅはこうわれる、れて、ひともおらずけものもいないこのところと、そのすべての町々まちまちふたたびそのれをさせる牧者ぼくしゃのすまいがあるようになる。

13 山地さんち町々まちまちと、平地へいち町々まちまちと、ネゲブの町々まちまちと、ベニヤミンの、エルサレムの周囲しゅういと、ユダの町々まちまちで、れはふたたびそれをかぞえるものしたとおりすぎるとしゅわれる。

14 しゅわれる、よ、わたしがイスラエルのいえとユダのいえ約束やくそくしたことをなしげるる。

15 その、そのときになるならば、わたしはダビデのために一つのただしいえだしょうじさせよう。かれ公平こうへい正義せいぎおこなう。

16 その、ユダはすくい、エルサレムはやすらかにおる。そのは『しゅはわれわれの正義せいぎ』ととなえられる。

17 しゅはこうおおせられる、イスラエルのいえくらいするひとがダビデの子孫しそんのうちにけることはない。

18 またわたしのまえ燔祭はんさいをささげ、素祭そさいき、つねに犠牲ぎせいをささげるひとが、レビびとである祭司さいしのうちにえることはない」。

19 しゅ言葉ことばはエレミヤにのぞんだ、

20 しゅはこうおおせられる、もしあなたがたが、ひるむすんだわたしの契約けいやくやぶり、またよるむすんだわたしの契約けいやくやぶり、ひるよるさだめられたときないようにすることができるならば、

21 しもべダビデとわたしがむすんだ契約けいやくもまたやぶれ、かれはそのくらいしておうとなるあたえられない。またわたしがわたしにつかえるレビびとである祭司さいしてた契約けいやくやぶれる。

22 てんほしかぞえることができず、はますなはかることができない。そのようにわたしは、しもべダビデの子孫しそんと、わたしにつかえるレビびとである祭司さいしかずそう」。

23 しゅ言葉ことばはエレミヤにのぞんだ、

24 「あなたはこのたみが、『しゅみずかえらんだ二つのやからをてた』といっているのをかないか。かれらはこのようにわたしのたみあなどって、これをくにとみなさないのである。

25 しゅはこうわれる、もしわたしがひるよるとに契約けいやくてず、また天地てんちのおきてをさだめなかったのであれば、

26 わたしは、ヤコブとわたしのしもべダビデとの子孫しそんてて、ふたたかれ子孫しそんのうちからアブラハム、イサク、ヤコブの子孫しそんおさめるものえらばない。わたしはかれらをふたたさかえさせ、かれらにあわれみをたれよう」。