エレミヤ書4
    脚注
    Theme

    第4章

    1 しゅわれる、「イスラエルよ、もし、あなたがかえるならば、わたしのもとにかえらなければならない。もし、あなたがにくむべきものをわたしのまえからのぞいて、ためらうことなく、

    2 また真実しんじつ正義せいぎ正直しょうじきとをもって、『しゅきておられる』とちかうならば、万国ばんこくたみかれによって祝福しゅくふくけ、かれによってほこる」。

    3 しゅはユダの人々ひとびととエルサレムに人々ひとびとにこうわれる、「あなたがたの新田しんでんたがやせ、いばらのなかたねをまくな。

    4 ユダの人々ひとびととエルサレムに人々ひとびとよ、あなたがたはみずか割礼かつれいおこなって、しゅぞくするものとなり、自分じぶんこころまえかわれ。さもないと、あなたがたのしきおこないのためにわたしのいかりがのようにはっしてえ、これをものはない」。

    5 ユダにげ、エルサレムにしめしてえ、「国中くにぢゅうにラッパをき、大声おおごえばわってえ、『あつまれ、われわれは堅固けんご町々まちまちこう』と。

    6 シオンのほうしめはたてよ。避難ひなんせよ、とどまってはならない、わたしがきたからわざわいおおいなる破滅はめつをこさせるからだ。

    7 ししはそのもりからてのぼり、国々くにぐにほろぼすものすすんできた。かれはあなたのくにあらそうとして、すでにそのところからてきた。あなたの町々まちまちほろぼされて、ものもなくなる。

    8 このために、あなたがたは荒布あらぬのにまとって、かなしみなげけ。しゅはげしいいかりが、まだわれわれをはなれないからだ」。

    9 しゅわれる、「そのおうきみたちとはそのこころうしない、祭司さいしおどろき、預言者よげんしゃあやしむ」。

    10 そこでわたしはった、「ああしゅなるかみよ、まことにあなたはこのたみとエルサレムとをまったくあざむかれました。『あなたがたはやすらかになる』とわれましたが、つるぎがいのちにまでもおよびました」。

    11 そのときこのたみとエルサレムとはこうげられる、「あつかぜ荒野あらのはだかやまからわたしのたみむすめのほうにいてくる。これはあおぎけるためではなく、きよめるためでもない。

    12 これよりもなおはげしいかぜがわたしのためにく。いまわたしはかれらにさばきをげる」。

    13 よ、かれくものようにのぼってくる。その戦車せんしゃはつむじかぜのよう、そのうまはわしのぶよりもはやい。ああ、われわれはわざわいだ、われわれはほろぼされる。

    14 エルサレムよ、あなたのこころあくあらきよめよ、そうするならばすくわれる。しきおもいはいつまであなたのうちにとどまるのか。

    15 ダンからげるこえがある、エフライムのやまからわざわいらせている。

    16 国々くにぐにたみかれることをげ、またエルサレムにらせよ。「めかこむものとおくのくにからて、ユダの町々まちまちにむかってそのこえをあげる。

    17 かれらははたけまももののようにこれをめかこむ。それはわたしにそむいたからだと、しゅわれる。

    18 あなたのみちとそのおこないとが、あなたのにこれをまねいたのだ。これはあなたのあく結果けっかで、まことににがく、あなたのこころをつらぬく」。

    19 ああ、わがはらわたよ、わがはらわたよ、わたしはくるしみにもだえる。ああ、わが心臓しんぞうかべよ、わたしの心臓しんぞうは、はげしく鼓動こどうする。わたしは沈黙ちんもくまもることができない、ラッパのこえと、たたかいのさけびをくからである。

    20 破壊はかいぐに破壊はかいがあり、ぜんあらされ、わたしの天幕てんまくはにわかにやぶられ、わたしのまくはたちまちやぶられた。

    21 いつまでわたしははた、またラッパのこえかなければならないのか。

    22 「わたしのたみおろかであって、わたしをらない。かれらは愚鈍ぐどんどもらで、さとることがない。かれらはあくおこなうのにさといけれども、ぜんおこなうことをらない」。

    23 わたしはたが、それはかたちがなく、またむなしかった。てんをあおいだが、そこにはひかりがなかった。

    24 わたしはやまたが、みなふるえ、もろもろのおかうごいていた。

    25 わたしはたが、ひとはひとりもおらず、そらとりはみなっていた。

    26 わたしはたが、ゆたかなとなり、そのすべてのまちは、しゅまえに、そのはげしいいかりのまえに、破壊はかいされていた。

    27 それはしゅがこうわれたからだ、「ぜんとなる。しかしわたしはことごとくはこれをほろぼさない。

    28 このためにかなしみ、うえなるてんくらくなる。わたしがすでにこれをい、これをさだめたからだ。わたしはいない、またそれをすることをやめない」。

    29 どのまちひとも、騎兵きへい射手いてさけびのためにげてもりはいり、いわのぼる。まちはみなてられ、そこにひとはない。

    30 ああ、あらされたおんなよ、あなたがべに着物きものをき、きんかざりでをよそおい、っておおきくするのは、なんのためか。あなたがうつくしくしても、むだである。あなたの恋人こいびとらはあなたをいやしめ、あなたのいのちもとめている。

    31 わたしはおんなのようなこえ、ういごをおんなくるしむようなこえいた。シオンのむすめのあえぐさけびである。両手りょうてべて彼女かのじょう、「わたしはわざわいだ、わたしをころものらのまえにわたしはとおくなる」と。