エレミヤ書12
    脚注
    Theme

    第12章

    1 しゅよ、わたしがあなたとろんあらそとき、あなたはつねただしい。しかしなお、わたしはあなたのまえに、さばきのことをろんじてみたい。悪人あくにんみちがさかえ、不信実ふしんじつものがみな繁栄はんえいするのはなにゆえですか。

    2 あなたがかれらをえられたので、かれらはづき、そだって、むすびます。かれらはくちではあなたにちかづきますが、こころはあなたからとおざかっています。

    3 しゅよ、あなたはわたしをり、わたしを、わたしのこころがあなたにたいしていかにあるかをこころみられます。ほふるためにひつじすように、かれらをし、ころにそなえて、かれらをのこしておいてください。

    4 いつまで、このなげき、どのはたけ野菜やさいれていてよいでしょうか。このものあくによって、けものとりほろびうせます。人々ひとびといました、「かれはわれわれのおわりをることはない」と。

    5 「もしあなたが、徒歩とほひと競争きょうそうしてつかれるなら、どうして騎馬きばひときそうことができようか。もし安全あんぜんで、あなたがたおれるなら、ヨルダンの密林みつりんでは、どうするつもりか。

    6 あなたの兄弟きょうだいたち、あなたのちちいえのものさえ、あなたをあざむき、大声おおごえをあげて、あなたをっている。かれらがしたしげにあなたにかたることがあっても、かれらをしんじてはならない」。

    7 「わたしはわがいえはなれ、わがぎょうて、わがたましいあいするものてきわたした。

    8 わたしのぎょうは、わたしにとってはやしなかのししのようになった。これはわたしにかってそのこえをあげる。それゆえわたしはこれをにくむ。

    9 わたしのぎょうは、わたしにとって、斑点はんてんのある猛禽もうきんのようではないか。猛禽もうきんがこれをかこんでいるではないか。って、けものをみなあつめ、れてきてこれをべさせよ。

    10 おおくの牧者ぼくしゃたちはわたしのぶどうはたけほろぼし、わたしのあらした。わたしのうるわしいれたにした。

    11 かれらはこれをとしてしまった。そのがわたしにかってなげくのだ。ぜんにされた。しかし、ひとりもこれをこころめるものはない。

    12 ほろぼすものどもが荒野あらののすべての、はげやまうえにきた。しゅのつるぎが、の、このはてから、かのはてまでをほろぼすのだ。いのちあるものはやすらかであることができない。

    13 かれらはむぎをまいて、いばらをる。苦労くろうしてもなんの利益りえきもない。かれらはその収穫しゅうかくじるようになる。しゅはげしいいかりによってである」。

    14 わたしがわがたみイスラエルにつがせたぎょうれるすべてのわるとなびとについて、しゅはこうわれる、「よ、わたしはかれらをそのからし、ユダのいえかれらのうちからす。

    15 わたしは、かれらをしたのちに、またかれらをあわれんで、それぞれそのぎょうみちびかえし、おのおのを、そのかえらせる。

    16 もしかれらがわたしのたみみちまなび、わたしのによって、『しゅきておられる』とってちかうことが、かつてかれらがわたしのたみおしえてバアルをさしてちかわせたようになるならば、かれらはわたしのたみのうちにてられる。

    17 しかしみみをかさないたみがあるときは、わたしはそのたみしてほろぼすと、しゅわれる」。