聖典
エレミヤ書41
戻る 次へ


第41章

1 がつのころ、おういえのもので、エリシャマのネタニヤのであり、またおう高官こうかんのひとりであるイシマエルは、おうの十にんのつかさたちとともにミヅパにいたアヒカムのゲダリヤのもとにきて、ミヅパでしょくともにしたが、

2 ネタニヤのイシマエルおよびともにいた十にんものがって、バビロンのおうがこの総督そうとくとしたシャパンのアヒカムのであるゲダリヤをかたなころし、

3 イシマエルはまたミヅパでゲダリヤとともにいたすべてのユダヤひとと、たまたまそこにいたカルデヤびとの兵士へいしたちをころした。

4 ゲダリヤがころされたつぎ、まだだれもそのことらないうちに、

5 八十にん人々ひとびとがそのひげをそり、衣服いふくをさき、きずをつけ、には素祭そさいのささげものこうたずさえ、シケム、シロ、サマリヤからきて、しゅみやにささげようとした。

6 ネタニヤのイシマエルはミヅパからきながらてきてかれらをむかえ、かれらにって、「アヒカムのゲダリヤのもとにおいでなさい」とった。

7 そしてかれらがまちなかにはいったとき、ネタニヤのイシマエルは自分じぶん一緒いっしょにいた人々ひとびとともかれらをころして、その死体したいあなれた。

8 しかしそのうちの十にんはイシマエルにかい、「わたしたちははたけ小麦こむぎ大麦おおむぎあぶら、およびみつかくしています、わたしたちをころさないでください」とったので、かれらをその仲間なかまともころさないでしまった。

9 イシマエルが自分じぶんころした人々ひとびと死体したいれたあなは、アサおうがイスラエルのおうバアシャをおそれてったあなであった。ネタニヤのイシマエルはころした人々ひとびとをこれにたした。

10 いでイシマエルはミヅパにのこっているすべてのたみ、すなわちおうむすめたちと侍衛じえいちょうネブザラダンがアヒカムのゲダリヤにたくしたミヅパにのこっているすべてのたみとを捕虜ほりょとした。ネタニヤのイシマエルはかれらを捕虜ほりょとし、アンモンびとのもとにわたこうとしてった。

11 カレヤのヨハナンおよびかれともにいる軍勢ぐんぜいちょうたちはネタニヤのイシマエルのった悪事あくじをみなき、

12 その兵士へいしたちをひきいて、ネタニヤのイシマエルとたたかうためにき、ギベオンの大池おおいけのほとりでかれった。

13 イシマエルとともにいる人々ひとびとは、カレヤのヨハナンおよびかれともにいる軍勢ぐんぜいちょうたちをよろこんだ。

14 そしてイシマエルがミヅパから捕虜ほりょにしてきた人々ひとびとをめぐらしてカレヤのヨハナンのもとへった。

15 ネタニヤのイシマエルは八にんものともにヨハナンをけてげ、アンモンびとのところった。

16 そこでカレヤのヨハナンおよびかれともにいる軍勢ぐんぜいちょうたちはネタニヤのイシマエルがアヒカムのゲダリヤをころして、ミヅパから捕虜ほりょとしてれてきた、あののこっていたたみ、すなわち兵士へいしおんな子供こども宦官かんがんをギベオンからかえったが、

17 かれらはエジプトへこうとしてベツレヘムのちかくにあるゲルテ・キムハムへって、そこにとどまった。

18 これは、ネタニヤのイシマエルが、バビロンのおうによってこの総督そうとくにんじられたアヒカムのゲダリヤをころしたことにより、カルデヤびとをおそれたからである。