聖典
エレミヤ書2
戻る 次へ

第2章

1 しゅ言葉ことばがわたしにのぞんでう、

2 って、エルサレムにものみみげよ、しゅはこうわれる、わたしはあなたのわかとき純情じゅんじょう花嫁はなよめときあい荒野あらのなる、たねまかぬでわたしにしたがったことをおぼえている。

3 イスラエルはしゅのために聖別せいべつされたもの、その刈入かりいれの初穂はつほである。すべてこれをべるものつみせられ、わざわいにあう」としゅわれる。

4 ヤコブのいえとイスラエルのいえのすべてのやからよ、しゅ言葉ことばけ。

5 しゅはこうわれる、「あなたがたの先祖せんぞは、わたしになんのわることがあるのをて、わたしからとおざかり、むなしいものにしたがって、むなしくなったのか。

6 かれらはわなかった、『われわれをエジプトのよりみちびし、荒野あらのなる、あなおおれた、かわいた暗黒あんこくひととおらない、ひとまないとおらせたしゅはどこにおられるか』と。

7 わたしはあなたがたをみちびいてゆたかなれ、そのものべさせた。しかしあなたがたはここにはいって、わたしのけがし、わたしのぎょうにくむべきものとした。

8 祭司さいしたちは、『しゅはどこにおられるか』とわなかった。律法りっぽうあつかものたちはわたしをらず、つかさたちはわたしにそむき、預言者よげんしゃたちはバアルによって預言よげんし、えきなきものしたがってった。

9 それゆえ、わたしはなお、あなたがたとあらそう、またあなたがたの子孫しそんあらそう」としゅわれる。

10 「あなたがたはクプロの島々しまじまわたってみよ、またひとをケダルにつかわして、このようなことがかつてあったかをつまびらかに、しらべてみよ。

11 そのかみかみではないものえたくにがあろうか。ところが、わたしのたみはその栄光えいこうえきなきものとえた。

12 てんよ、このことっておどろけ、おののけ、いたくおそれよ」としゅわれる。

13 「それは、わたしのたみが二つのしきことおこなったからである。すなわちけるみずみなもとであるわたしをてて、自分じぶんみずためをった。それは、こわれたみずためで、みずれておくことのできないものだ。

14 イスラエルは奴隷どれいであるか、いえうまれたしもべであるか。それならなぜとらわれのとなったのか。

15 ししはかれかってほえ、そのこえたかくあげて、かれあらした。その町々まちまちほろびてひともない。

16 メンピスとタパネスの人々ひとびともまた、あなたのかしらのかんむりくだいた。

17 あなたのかみしゅがあなたをみちみちびかれたとき、あなたはしゅてたので、このことがあなたにおよんだのではないか。

18 あなたがナイルのみずもうとして、エジプトへくのはなにのためか。またユフラテのみずもうとして、アッスリヤへくのはなにのためか。

19 あなたの悪事あくじはあなたをこらしめ、あなたの背信はいしんはあなたをめる。あなたが、あなたのかみしゅてることのしくかつにがいことであるのをるがよい。わたしをおそれることがあなたのうちにないのだ」と万軍ばんぐんかみしゅわれる。

20 「あなたはひさしい以前いぜん自分じぶんのくびきをり、自分じぶんのなわめをって、『わたしはつかえることをしない』とった。そして、すべてのたかおかうえと、すべてのあおしたで、遊女ゆうじょのようにをかがめた。

21 わたしはあなたを、まったくたねのすぐれたぶどうのとしてえたのに、どうしてあなたはかわって、わるぶどうのとなったのか。

22 たといソーダをもってみずかあらい、またおおくの灰汁あくもちいても、あなたのあくけがれは、なおわたしのまえにある」としゅなるかみわれる。

23 「どうしてあなたは、『わたしはけがれていない、バアルにしたがわなかった』とうことができようか。たになかでのあなたのおこないをるがよい。あなたのしたことをるがよい。あなたはぎょしがたいわかいらくだであって、そのみちきつもどりつする。

24 あなたは荒野あらのれたろばである、その欲情よくじょうのためにかぜにあえぐ。その欲情よくじょうをだれがとどめることができようか。すべてこれをたずねるものろうするにおよばない、そのつきであればこれにうことができる。

25 あなたのあしが、はだしにならないように、のどが、かわかないようにせよ。ところが、あなたはった、『それはだめだ、わたしはことなるくにものあいして、それにしたがってこう』と。

26 ぬすびとがとらえられて、はずかしめをけるように、イスラエルのいえは、はずかしめをける。かれらはそのおうも、そのつかさも、その祭司さいしも、その預言者よげんしゃもみなそのとおりである。

27 かれらはかって、『あなたはわたしのちちです』とい、またいしかって、『あなたはわたしをんでくださった』とう。かれらはをわたしにけて、そのかおをわたしにけない。しかしかれらがわざわいにあうときは、『って、われわれをすくいたまえ』とう。

28 あなたが自分じぶんのためにつくった神々かみがみはどこにいるのか。あなたがわざわいにあうとき、もしかれらがあなたをすくえるなら、ってもらうがよい。ユダよ、あなたの神々かみがみは、あなたのまちかずほどおおいからである。

29 あなたがたは、なぜわたしとあらそうのか。あなたがたはみなわたしにそむいている」としゅわれる。

30 「わたしがあなたがたのどもたちをったのはむだであった。かれらはいましめをけず、あなたがたのつるぎは、たけりたつししのように、預言者よげんしゃたちをほろぼした。

31 あなたがたこの世代せだいひとよ、しゅ言葉ことばけ。わたしはイスラエルにとって、荒野あらのであったであろうか。暗黒あんこくであったであろうか。それならなぜ、わたしのたみは『われわれは自由じゆうだ、もはやあなたのところへはかない』とうのか。

32 おとめはそのかざものわすれることができようか。花嫁はなよめはそのおびわすれることができようか。ところが、わたしのたみの、わたしをわすれたかぞえがたい。

33 あなたは恋人こいびとたずねて、いかにもたくみにそのほうあしける。それゆえわるおんなさえ、あなたのみちまなんだ。

34 また、あなたの着物きもののすそにはつみのないまずしいひといのちがついている。あなたはかれらがるのをたのではない。しかも、すべてこれらのことにもかかわらず、

35 あなたはう、『わたしはつみがない。かれいかりは、けっしてわたしにのぞむことがない』と。あなたが『わたしはつみおかさなかった』とうことによって、わたしはあなたをさばく。

36 あなたはなぜ軽々かるがるしくさまよって、そのみちえようとするのか。あなたはアッスリヤに、はずかしめをけたように、エジプトにもまた、はずかしめをける。

37 あなたはまた両手りょうてあたまいて、そこからる。しゅがあなたのたのみとするものどもをてられたので、あなたはかれらによってさかえることがないからだ。