エレミヤ書26
    脚注
    Theme

    第26章

    1 ユダのおうヨシヤのエホヤキムがおさめたはじめのころ、しゅからこの言葉ことばがあった、

    2 しゅはこうおおせられる、しゅみやにわち、わたしがあなたにめいじてわせるすべての言葉ことばを、しゅみやれいはいするためにているユダの町々まちまち人々ひとびとげなさい。ひとことをものこしておいてはならない。

    3 かれらがいて、おのおのそのわるみちはなれることがあるかもれない。そのとき、わたしはかれらのおこないのわるいために、わざわいかれらにくだそうとしたのをおもいなおす。

    4 あなたはかれらにいなさい、『しゅはこうおおせられる、もしあなたがたがわたしにしたがわず、わたしがあなたがたのまえさだめおいた律法りっぽうおこなわず、

    5 わたしがあなたがたに、しきりにつかわすわたしのしもべである預言者よげんしゃ言葉ことばしたがわないならば、(あなたがたはしたがわなかったが、)

    6 わたしはこのみやをシロのようにし、またこのまち万国ばんこくにのろわれるものとする』」。

    7 祭司さいし預言者よげんしゃおよびすべてのたみは、エレミヤがしゅみやでこれらの言葉ことばかたるのをいた。

    8 エレミヤがしゅめいじられたすべての言葉ことばたみおわったとき祭司さいし預言者よげんしゃおよびたみはみなかれとらえてった、「あなたはななければならない。

    9 なぜあなたはしゅによって預言よげんし、このみやはシロのようになり、このまちあらされてひともなくなるであろうとったのか」と。たみはみなしゅみやあつまってエレミヤをかこんだ。

    10 ユダのつかさたちはこのこといておう宮殿きゅうでんしゅみやのぼり、しゅみやの「あたらしいもん」の入口いりぐちした。

    11 祭司さいし預言者よげんしゃらは、つかさたちとすべてのたみうったえてった、「このひと死刑しけいしょすべきものです。あなたがたが自分じぶんみみかれたように、このまちさからう預言よげんをしたのです」。

    12 そのときエレミヤは、つかさたちとすべてのたみった、「しゅはわたしをつかわし、このみやとこのまちにむかって、預言よげんをさせられたので、そのすべての言葉ことばをあなたがたはいた。

    13 それで、あなたがたはいま、あなたがたのみちおこないをあらため、あなたがたのかみしゅこえしたがいなさい。そうするならばしゅはあなたがたにわざわいくだそうとしたことをおもいなおされる。

    14 よ、わたしはあなたがたのなかにある。あなたがたのに、いとえ、ただしいとおもうことをわたしにおこなうがよい。

    15 ただあきらかにこのことをっておきなさい。もしあなたがたがわたしをころすならば、つみなきものはあなたがたのと、このまちと、その住民じゅうみんとにする。まことにしゅがわたしをつかわして、このすべての言葉ことばをあなたがたのみみに、げさせられたからである」。

    16 つかさたちと、すべてのたみとは、祭司さいし預言者よげんしゃった、「このひと死刑しけいしょすべきものではない。われわれのかみしゅによってわれわれにかたったのである」。

    17 そのときこの長老ちょうろうたち数人すうにんって、そこにあつまっているすべてのものげてった、

    18 「ユダのおうヒゼキヤのに、モレシテびとミカはユダのすべてのたみ預言よげんしてった、『万軍ばんぐんしゅはこうおおせられる、シオンははたけのようにたがやされ、エルサレムは石塚いしづかとなり、みややまのおいしげたかところとなる』。

    19 ユダのおうヒゼキヤと、すべてのユダのひとかれころそうとしたことがあろうか。ヒゼキヤはしゅおそれ、しゅめぐみをもとめたので、しゅかれらにわざわいくだすとおげになったのをおもいなおされたではないか。しかし、われわれは、自分じぶんおおきなわざわいまねこうとしている」。

    20 しゅによって預言よげんしたひとがほかにもあった。すなわちキリアテ・ヤリムのシマヤのウリヤである。かれはエレミヤとおなじような言葉ことばをもって、このまちとこのにむかって預言よげんした。

    21 エホヤキムおうと、そのすべての勇士ゆうしと、すべてのつかさたちはその言葉ことばいた。そしておうかれころそうとおもったが、ウリヤはこれをいておそれ、エジプトにげてったので、

    22 エホヤキムおうひとをエジプトにつかわした。すなわちアクボルのエルナタンとすうめいひとを、エジプトにつかわした。

    23 かれらはウリヤをエジプトからし、エホヤキムおうのもとにれてきたので、おうはつるぎをもってかれころし、その死体したい共同きょうどう墓地ぼちてさせた。

    24 しかしシャパンのアヒカムはエレミヤをたすけ、たみわたされてころされることのないようにした。