エレミヤ書36
    脚注
    Theme

    第36章

    1 ユダのおうヨシヤのエホヤキムの四ねんしゅからこの言葉ことばがエレミヤにのぞんだ、

    2 「あなたは巻物まきものり、わたしがあなたにかたった、すなわちヨシヤのから今日こんにちいたるまで、イスラエルとユダと万国ばんこくとにかんしてあなたにかたったすべての言葉ことばを、それにしるしなさい。

    3 ユダのいえがわたしのくだそうとしているすべてのわざわいいて、おのおのそのわるみちはなれてかえることもあろう。そうすれば、わたしはそのとがとそのつみをゆるすかもれない」。

    4 そこでエレミヤはネリヤのバルクをんだ。バルクはエレミヤの口述こうじゅつにしたがって、しゅかれにおげになった言葉ことばをことごとく巻物まきものきしるした。

    5 そしてエレミヤはバルクにめいじてった、「わたしはしゅみやくことをさまたげられている。

    6 それで、あなたがって、断食だんじきしゅみやで、すべてのたみいているところで、あなたがわたしの口述こうじゅつにしたがって、巻物まきもの筆記ひっきしたしゅ言葉ことばみなさい。またユダの人々ひとびとがその町々まちまちからいているところで、それをみなさい。

    7 かれらはしゅまえ祈願きがんをささげ、おのおのそのわるみちはなれてかえることもあろう。しゅがこのたみたいして宣告せんこくされたいかりといきどおりはおおきいからである」。

    8 こうしてネリヤのバルクはすべて預言者よげんしゃエレミヤが自分じぶんめいじたように、しゅみやで、その巻物まきものかれたしゅ言葉ことばんだ。

    9 ユダのおうヨシヤのエホヤキムの五ねんがつ、エルサレムのすべてのたみと、ユダの町々まちまちからエルサレムにたすべてのたみとは、しゅまえ断食だんじきおこなうべきことをしめされた。

    10 バルクはしゅみやうえにわで、しゅみやあたらしいもん入口いりぐちのかたわらにある書記しょきシャパンのであるゲマリヤのへやで、巻物まきものかれたエレミヤの言葉ことばをすべてのたみかせた。

    11 シャパンのであるゲマリヤのミカヤはその巻物まきものにあるしゅ言葉ことばをことごとくいて、

    12 おういえにある書記しょきのへやにくだってくと、もろもろのつかさたち、すなわち書記しょきエリシャマ、シマヤのデラヤ、アカボルのエルナタン、シャパンのゲマリヤ、ハナニヤのゼデキヤおよびすべてのつかさたちがそこにしていた。

    13 ミカヤはバルクがたみ巻物まきものんでかせたとき、自分じぶんいたすべての言葉ことばかれらにげたので、

    14 つかさたちはクシのセレミヤのであるネタニヤのエホデをバルクのもとにつかわしてわせた、「あなたがたみかせたその巻物まきものって、てください」。そこでネリヤのバルクは巻物まきものって、かれらのもとにたので、

    15 かれらはバルクにった、「してそれをんでください」。バルクはそれをかれらにみきかせた。

    16 かれらはそのすべての言葉ことばき、おそれてたがいかわし、バルクにった、「われわれはこのすべての言葉ことばを、おう報告ほうこくしなければならない」。

    17 そしてバルクにたずねてった、「このすべての言葉ことばを、あなたがどのようにしていたのかはなしてください。かれ口述こうじゅつによるのですか」。

    18 バルクはかれらにこたえた、「かれがわたしにこのすべての言葉ことば口述こうじゅつしたので、わたしはそれを墨汁ぼくじゅう巻物まきものいたのです」。

    19 つかさたちはバルクにった、「って、エレミヤと一緒いっしょかくしなさい。ひと所在しょざいられてはなりません」。

    20 そこでかれらは巻物まきもの書記しょきエリシャマのへやにいてにわにはいり、おうのもとへって、このすべての言葉ことばおうげたので、

    21 おうはその巻物まきものってこさせるためにエホデをつかわした。エホデは書記しょきエリシャマのへやから巻物まきものってきて、それをおうおうのかたわらにっているすべてのつかさたちにみきかせた。

    22 ときは九がつであって、おうふゆいえしていた。そのまえがあってえていた。

    23 エホデが三だんか四だんむと、おう小刀こがたなをもってそれをり、げいれ、ついに巻物まきもの全部ぜんぶきつくした。

    24 おうとその家来けらいたちはこのすべての言葉ことばいてもおそれず、またその着物きものくこともしなかった。

    25 エルナタン、デラヤおよびゲマリヤがおうにその巻物まきものかないようにとねがったときにもかれきいれなかった。

    26 そしておう王子おうじエラメルとアヅリエルのセラヤとアブデルのセレミヤに、書記しょきバルクと預言者よげんしゃエレミヤをとらえるようにとめいじたが、しゅかれらをかくされた。

    27 バルクがエレミヤの口述こうじゅつにしたがって筆記ひっきした言葉ことばせた巻物まきものおういたのちしゅ言葉ことばがエレミヤにのぞんだ、

    28 巻物まきものり、ユダのおうエホヤキムがいた、まえ巻物まきもののうちにある言葉ことばみなそれにきしるしなさい。

    29 またユダのおうエホヤキムについていなさい、『しゅはこうおおせられる、あなたはこの巻物まきものいてった、「どうしてあなたはこの巻物まきものに、バビロンのおうかならてこのほろぼし、ここからひとけものとをやす、といたのか」と。

    30 それゆえしゅはユダのおうエホヤキムについてこうわれる、かれ子孫しそんにはダビデのくらいにすわるものがなくなる。またかれ死体したいてられてひるあつさにあい、よるしもにあう。

    31 わたしはまたかれとその子孫しそんとその家来けらいたちをそのつみのためにばっする。またかれらとエルサレムのたみとユダの人々ひとびとにはわざわいくだす。このわざわいのことについては、すでにかたったけれども、かれらはくことをしなかった』」。

    32 そこでエレミヤは巻物まきものり、ネリヤの書記しょきバルクにあたえたので、バルクはユダのおうエホヤキムがにくべていた巻物まきもののすべての言葉ことばを、エレミヤの口述こうじゅつにしたがってそれにきしるし、またおなじような言葉ことばおおくそれにくわえた。