エレミヤ書28
    脚注
    Theme

    第28章

    1 そのねん、すなわちユダのおうゼデキヤの治世ちせいはじめ、そのだいねんの五がつ、ギベオン出身しゅっしん預言者よげんしゃであって、アズルのであるハナニヤは、しゅみや祭司さいしとすべてのたみまえでわたしにかたってった、

    2 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうおおせられる、わたしはバビロンのおうのくびきをくだいた。

    3 ねんうちに、バビロンのおうネブカデネザルが、このところからってバビロンにたずさえてったしゅみやうつわを、みなこのところかえらせる。

    4 わたしはまたユダのおうエホヤキムのエコニヤと、バビロンにったユダのすべてのとらわれびとをこのところかえらせる。それは、わたしがバビロンのおうのくびきを、くだくからであるとしゅわれる」。

    5 そこで預言者よげんしゃエレミヤはしゅみやのうちにっている祭司さいしとすべてのたみまえで、預言者よげんしゃハナニヤにった。

    6 すなわち預言者よげんしゃエレミヤはった、「アァメン。どうかしゅがこのようにしてくださるように。どうかあなたの預言よげんした言葉ことば成就じょうじゅして、バビロンにたずさえてったしゅみやうつわとすべてのとらわれびとを、しゅがバビロンからふたたびこのところかえらせてくださるように。

    7 ただし、いまわたしがあなたとすべてのたみいているところかたるこの言葉ことばきなさい。

    8 わたしと、あなたのさき預言者よげんしゃは、むかしから、おおくのおおきなくにについて、たたかいと、ききんと、疫病えきびょうこと預言よげんした。

    9 平和へいわ預言よげんする預言者よげんしゃは、その預言者よげんしゃ言葉ことば成就じょうじゅするとき、真実しんじつしゅがその預言者よげんしゃをつかわされたのであることがられるのだ」。

    10 そこで預言者よげんしゃハナニヤは預言者よげんしゃエレミヤのくびから、くびきをって、それをくだいた。

    11 そしてハナニヤは、すべてのたみまえかたり、「しゅはこうおおせられる、『わたしは二ねんのうちに、このように、万国民ばんこくみんくびからバビロンのおうネブカデネザルのくびきをはなしてくだく』」とった。預言者よげんしゃエレミヤはってった。

    12 預言者よげんしゃハナニヤが預言者よげんしゃエレミヤのくびから、くびきをはなしてくだいたのち、しばらくしてしゅ言葉ことばがエレミヤにのぞんだ、

    13 って、ハナニヤにげなさい、『しゅはこうおおせられる、あなたはのくびきをくだいたが、わたしはそれにえててつのくびきをつくろう。

    14 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうおおせられる、わたしはてつのくびきをこの万国民ばんこくみんくびいて、バビロンのおうネブカデネザルにつかえさせる。かれらはこれにつかえる。わたしはけものをもかれあたえた』」。

    15 預言者よげんしゃエレミヤはまた預言者よげんしゃハナニヤにった、「ハナニヤよ、きなさい。しゅがあなたをつかわされたのではない。あなたはこのたみいつわりをしんじさせた。

    16 それゆえしゅおおせられる、『わたしはあなたをのおもてからのぞく。あなたはしゅたいする反逆はんぎゃくかたったので、いまとしのうちにぬのだ』と」。

    17 預言者よげんしゃハナニヤはそのねんの七がつんだ。