エレミヤ書20
    脚注
    Theme

    第20章

    1 さて祭司さいしインメルので、しゅみやのつかさのちょうであったパシュルは、エレミヤがこれらのこと預言よげんするのをいた。

    2 そしてパシュルは預言者よげんしゃエレミヤをち、しゅみやにあるうえのベニヤミンのもんあしかせにつないだ。

    3 その翌日よくじつパシュルがエレミヤをあしかせからはなしたとき、エレミヤはかれった、「しゅはあなたのをパシュルとはばないで、『おそれが周囲しゅういにある』とばれる。

    4 しゅはこうおおせられる、よ、わたしはあなたを、あなた自身じしんとあなたのすべてのともだちにおそれをおこさせるものとする。かれらはあなたがているまえてきのつるぎにたおれる。わたしはまたユダのすべてのたみをバビロンおうわたす。かれかれらをとらえてバビロンにうつし、つるぎをもってころす。

    5 わたしはまたこのまちのすべてのとみと、そのたすべてのものと、そのすべての貴重きちょうものと、ユダのおうたちのすべての宝物ほうもつをそのてきわたす。かれらはこれをかすめ、たみとらえてバビロンにうつす。

    6 パシュルよ、あなたと、あなたのいえものとはみなとらうつされる。あなたはバビロンにって、そのところに、そのところほうむられる。あなたも、あなたがいつわって預言よげんした言葉ことばしたがったとももみなそのようになる」。

    7 しゅよ、あなたがわたしをあざむかれたので、わたしはそのあざむきにしたがいました。あなたはわたしよりもつよいので、わたしをせられたのです。わたしは一日いちにちぢゅう物笑ものわらいとなり、ひとはみなわたしをあざけります。

    8 それは、わたしがかたり、ばわるごとに、「暴虐ぼうぎゃく滅亡めつぼう」とさけぶからです。しゅ言葉ことば一日いちにちぢゅう、わがのはずかしめと、あざけりになるからです。

    9 もしわたしが、「しゅのことは、かさねてわない、このうえそのによってかたことはしない」とえば、しゅ言葉ことばがわたしのこころにあって、えるのわがほねのうちにじこめられているようで、それをおさえるのにつかれはてて、えることができません。

    10 おおくのひとのささやくのをくからです。おそれが四方しほうにあります。「告発こくはつせよ。さあ、かれ告発こくはつしよう」とって、わがしたしいともみなわたしのつまずくのを、うかがっています。また、「かれあざむかれるだろう。そのとき、われわれはかれって、あだをかえすことができる」といます。

    11 しかししゅつよ勇士ゆうしのようにわたしとともにおられる。それゆえ、わたしにせまりくるものはつまずき、わたしにつことはできない。かれらは、なしげることができなくて、おおいにはじをかく。そのはじは、いつまでもわすれられることはない。

    12 ただしきものこころみ、ひとこころおもいをられる万軍ばんぐんしゅよ、あなたがかれらに、あだをかえされるのをせてください。わたしはあなたに、わたしのうったえをおまかせしたからです。

    13 しゅかってうたい、しゅをほめたたえよ。しゅまずしいものいのちを、悪人あくにんからすくわれたからである。

    14 わたしのうまれたはのろわれよ。ははがわたしをんだ祝福しゅくふくけるな。

    15 わたしのちちに「おとこが、うまれました」とげて、かれおおいによろこばせたひとは、のろわれよ。

    16 そのひとは、しゅのあわれみをけることなく、ほろぼされたまちのようになれ。あさには、かれさけびをかせ、ひるにはたたかいのこえかせよ。

    17 かれがわたしを胎内たいないころさず、わがははをわたしの墓場はかばとなさず、そのたいをいつまでもおおきくしなかったからである。

    18 なにゆえにわたしは胎内たいないてきて、なやみとかなしみにい、はじけて一生いっしょうごすのか。