聖典
エレミヤ書29
戻る 次へ

第29章

1 これは預言者よげんしゃエレミヤがエルサレムから、かのとらうつされた長老ちょうろうたち、およびネブカデネザルによってエルサレムからバビロンにとらうつされた祭司さいし預言者よげんしゃならびにすべてのたみおくった手紙てがみきしるした言葉ことばである。

2 それはエコニヤおう太后たいこう宦官かんがんおよびユダとエルサレムのつかさたち、および工匠こうしょう鍛冶かじとがエルサレムをってのちにかれたものであって、

3 エレミヤはその手紙てがみをシャパンのエラサおよびヒルキヤのゲマリヤのによっておくった。この人々ひとびとはユダのおうゼデキヤがバビロンにかせ、バビロンのおうネブカデネザルのもとにつかわしたものであった。その手紙てがみにはつぎのようにいてあった。

4 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみは、すべてとらうつされたもの、すなわち、わたしがエルサレムから、バビロンにとらうつさせたものに、こうう、

5 あなたがたはいえてて、それにみ、はたけつくってその産物さんぶつべよ。

6 つまをめとって、むすこむすめみ、また、そのむすこによめをめとり、むすめをとつがせて、むすこむすめむようにせよ。そのところであなたがたのかずし、ってはならない。

7 わたしがあなたがたをとらうつさせたところのまち平安へいあんもとめ、そのためにしゅいのるがよい。そのまち平安へいあんであれば、あなたがたも平安へいあんるからである。

8 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうわれる、あなたがたのうちにいる預言者よげんしゃうらなまどわされてはならない。またかれらのゆめしたがってはならない。

9 それは、かれらがわたしのによってあなたがたにいつわりを預言よげんしているからである。わたしがかれらをつかわしたのではないとしゅわれる。

10 しゅはこうわれる、バビロンで七十ねんちるならば、わたしはあなたがたをかえりみ、わたしの約束やくそくはたし、あなたがたをこのところみちびかえる。

11 しゅわれる、わたしがあなたがたにたいしていだいている計画けいかくはわたしがっている。それはわざわいあたえようというのではなく、平安へいあんあたえようとするものであり、あなたがたに将来しょうらいあたえ、希望きぼうあたえようとするものである。

12 そのとき、あなたがたはわたしにばわり、て、わたしにいのる。わたしはあなたがたのいのりく。

13 あなたがたはわたしをたずもとめて、わたしにう。もしあなたがたが一心いっしんにわたしをたずもとめるならば、

14 わたしはあなたがたにうとしゅわれる。わたしはあなたがたの繁栄はんえい回復かいふくし、あなたがたを万国ばんこくから、すべてわたしがあなたがたをいやったところからあつめ、かつ、わたしがあなたがたをとらわれはなれさせたそのもとのところに、あなたがたをみちびかえろうとしゅわれる。

15 あなたがたは、『しゅはバビロンでわれわれのために預言者よげんしゃたちをおこされた』とったが、——

16 しゅはダビデのくらいしているおうと、このまちむすべてのたみで、あなたがたとともとらうつされなかった兄弟きょうだいたちについて、こうわれる、

17 万軍ばんぐんしゅはこうわれる、よ、わたしは、つるぎと、ききんと、疫病えきびょうかれらにおくり、かれらをわるくてべられないくさったいちじくのようにしてしまう。

18 わたしはつるぎと、ききんと、疫病えきびょうをもってかれらのあとをい、またかれらを万国ばんこくみきらわれるものとなし、わたしがかれらをいやる国々くにぐにで、のろいとなり、おそれとなり、物笑ものわらいとなり、はずかしめとならせる。

19 それはかれらがわたしの言葉ことばしたがわなかったからであるとしゅわれる。わたしはこの言葉ことばを、わたしのしもべである預言者よげんしゃたちによって、しきりにおくったが、あなたがたはこうともしなかったとしゅわれる』。——

20 わたしがエルサレムからバビロンにおくったあなたがたすべてのとらわれびとよ、しゅ言葉ことばきなさい、

21 『わたしのによって、あなたがたにいつわりを預言よげんしているコラヤのアハブと、マアセヤのゼデキヤについて万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうおおせられる、よ、わたしはかれらをバビロンのおうネブカデレザルのわたす。おうはあなたがたのまえかれらをころす。

22 バビロンにいるユダのとらわれびとみなかれらのを、のろいの言葉ことばもちいて、「しゅがあなたをバビロンのおういたゼデキヤとアハブのようにされるように」という。

23 それは、かれらがイスラエルのうちでおろかなことをし、となりつま不義ふぎおこない、わたしがめいじたのでないいつわりの言葉ことばを、わたしのによってかたったことによるのである。わたしはそれをっており、またその証人しょうにんであるとしゅわれる』」。

24 ネヘラムびとシマヤにあなたはいなさい、

25 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうおおせられる、あなたは自分じぶんでエルサレムにいるすべてのたみと、マアセヤの祭司さいしゼパニヤおよびすべての祭司さいし手紙てがみおくってう、

26 しゅ祭司さいしエホヤダにかわってあなたを祭司さいしとし、しゅみやをつかさどらせ、すべてくるい、かつ預言よげんするものあしかせとくびかせにつながせられる。

27 そうであるのに、どうしてあなたは、あなたがたに預言よげんしているアナトテのエレミヤをいましめないのか。

28 かれはバビロンにいるわれわれのところ手紙てがみおくって、とらわれのときはなおながいゆえ、あなたがたはいえててそこにみ、はたけつくってその産物さんぶつべよとってきた』」。

29 祭司さいしゼパニヤはこの手紙てがみ預言者よげんしゃエレミヤにかせた。

30 そのときしゅ言葉ことばがエレミヤにのぞんだ、

31 「すべてのとらわれびとおくっていなさい、ネヘラムびとシマヤのことについてしゅはこうおおせられる、わたしはシマヤをつかわさなかったのに、かれがあなたがたに預言よげんしていつわりをしんじさせたので、

32 しゅはこうおおせられる、よ、わたしはネヘラムびとシマヤとその子孫しそんばっする。かれしゅたいする反逆はんぎゃくかたったゆえ、かれぞくするもので、このたみのうちにみ、わたしが自分じぶんたみおこなおうとしていることるものはひとりもいない」。