エレミヤ書50
    脚注
    Theme

    第50章

    1 しゅ預言者よげんしゃエレミヤによってかたられたバビロンとカルデヤびとのことについての言葉ことば

    2 国々くにぐにのうちにげ、またしめせよ、はたてて、かくすことなくしめしてえ、『バビロンはられ、ベルははずかしめられ、メロダクはくだかれ、そのぞうははずかしめられ、その偶像ぐうぞうくだかれる』と。

    3 それは、きたほうから一つの国民こくみんがきて、これをめ、そのあらして、ひともないようにするからである。ひとけものもみなってしまう。

    4 しゅわれる、そのそのとき、イスラエルのたみとユダのたみともかえってくる。かれらはなげきながらかえってくる。そしてそのかみしゅもとめる。

    5 かれらはかおをシオンにけて、そのみちい、『さあ、われわれは、永遠えいえんわすれられることのない契約けいやくむすんでしゅつらなろう』とう。

    6 わたしのたみまよえるひつじれである、その牧者ぼくしゃがこれをいざなって、やままよわせたので、やまからおかへときめぐり、そのやすところわすれた。

    7 これにものはみなこれをべた。そのてきった、『われわれにつみはない。かれらがそのまことのすみかであるしゅ先祖せんぞたちの希望きぼうであったしゅたいしてつみおかしたのだ』と。

    8 バビロンのうちからげよ。カルデヤびとのからよ。れのまえやぎのようにせよ。

    9 よ、わたしはおおきい国々くにぐにおこあつめて、きたからバビロンにめこさせる。かれらはこれにかってせいぞろいをし、これをそのところからる。かれらのはむなしくかえらない老練ろうれん勇士ゆうしのようである。

    10 カルデヤはひとにかすめられる。これをかすめるものはみなくことができると、しゅわれる。

    11 わたしのぎょうをかすめるものどもよ、あなたがたはよろこたのしみ、めすうしのようにくさたわむれ、うまのように、いなないているが、

    12 あなたがたのはははいたくはずかしめられ、あなたがたをんだものはじをこうむる。よ、彼女かのじょ国々くにぐにのうちのもっともあとなるものとなり、かわいた砂原すなはら荒野あらのとなる。

    13 しゅいかりによって、ここにものはなく、完全かんぜんとなる。バビロンのかたわらをとおものは、みなそのきずおどろき、かつあざわらう。

    14 あなたがたすべてゆみものよ、バビロンの周囲しゅういせいぞろいして、これをめ、しまずに、これをよ、彼女かのじょしゅつみおかしたからだ。

    15 その周囲しゅういさけごえをあげよ、彼女かのじょ降伏こうふくした。そのとりではたおれ、その城壁じょうへきはくずれた、しゅがあだをかえされたからだ。彼女かのじょ報復ほうふくせよ、彼女かのじょがおこなったように、これにおこなえ。

    16 たねまくものと、刈入かりいれどきに、かまをものをバビロンにやせ。ほろぼすもののつるぎをおそれて、ひとはおのおの自分じぶんたみところかえり、そのふるさとにげてく。

    17 イスラエルは、ししにわれてったひつじである。はじめにアッスリヤのおうがこれをい、そしていまはついにバビロンのおうネブカデレザルがそのほねをかじった。

    18 それゆえ万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみは、こうわれる、よ、わたしはアッスリヤのおうばっしたように、バビロンのおうとそのくにばつくだす。

    19 わたしはイスラエルをふたたびその牧場まきばかえらせる。かれはカルメルとバシャンでくさべる。またエフライムのやまとギレアデでそののぞみがたされる。

    20 しゅわれる、そのそのときには、イスラエルのとがをさがしても見当みあたらず、ユダのつみさがしてもない。それはわたしがのこしておく人々ひとびとを、ゆるすからである。

    21 しゅわれる、のぼってって、メラタイムのめ、ペコデのたみめ、かれらをころしてまったほろぼし、わたしがあなたがたにめいじたことをみなおこないなさい。

    22 そのに、いくさのさけびと、おおいなるほろびがある。

    23 ああ、ぜんくだいたつちはついにくだける。ああ、バビロンはついに国々くにぐにのうちのおそるべきものとなる。

    24 バビロンよ、わたしは、おまえをとらえるためにわなをかけたが、おまえはそれにかかった。そしておまえはそれをらなかった。おまえはしゅてきしたので、たずされ、とらえられた。

    25 しゅ武器ぶきくらひらいてそのいかりの武器ぶきされた。しゅなる万軍ばんぐんかみが、カルデヤびとのことおこなわれるからである。

    26 あらゆる方面ほうめんからきて、これをめ、その穀倉こくぐらひらき、これを穀物こくもつやまのようにげ、完全かんぜんほろぼしつくし、そこにのこもののないようにせよ。

    27 その雄牛おうしをことごとくころせ、それを、ほふりくだらせよ。それらのものはわざわいだ、その、そのばつけるときがきたからだ。

    28 けよ、バビロンのからげ、のがれてきたものこえがする。われわれのかみしゅ報復ほうふく、そのみや報復ほうふくことをシオンにしめす。

    29 ゆみ射手いてをことごとくあつめて、バビロンをめよ。その周囲しゅういじんけ。ひとりも逃がにがすな。そのしわざにしたがってバビロンにむくい、これがおこなったところにしたがってこれにおこなえ。かれがイスラエルの聖者せいじゃであるしゅかって高慢こうまんにふるまったからだ。

    30 それゆえ、そのわかものは、広場ひろばたおれ、兵士へいしはみなやされるとしゅわれる。

    31 しゅなる万軍ばんぐんかみわれる、たかぶるものよ、よ、わたしはおまえのてきとなる、あなたの、わたしがおまえをばっするときた。

    32 たかぶるものはつまずきたおれる、これをたすおこすものはない。わたしはその町々まちまちやして、その周囲しゅういものをことごとくつくす。

    33 万軍ばんぐんしゅはこうわれる、イスラエルのたみとユダのたみともにしえたげられている。かれらをとりこにしたものはみなかれらをかたまもって釈放しゃくほうすることをこばむ。

    34 かれらをあがなうものつよく、その万軍ばんぐんしゅといわれる。かれかならかれらのうったえをただし、このやすきをあたえるが、バビロンにものには不安ふあんあたえられる。

    35 しゅわれる、カルデヤびとのうえとバビロンにものうえ、そのつかさたち、その知者ちしゃたちのうえにつるぎがのぞむ。

    36 うらなうえにつるぎがのぞみ、かれらはおろものとなる。その勇士ゆうしうえにつるぎがのぞみ、かれらはほろぼされる。

    37 そのうまうえと、そのくるまうえにつるぎがのぞみ、またそのうちにあるすべてのやといへいうえのぞみ、かれらはおんなのようになる。その財宝ざいほううえにつるぎがのぞみ、それはかすめられる。

    38 そのみずうえに、ひでりがて、それはかわく。それは、この偶像ぐうぞうであって、人々ひとびと偶像ぐうぞうこころくるっているからだ。

    39 それゆえ、けもの山犬やまいぬとはともにバビロンにおり、だちょうもそこにむ。しかし、いつまでもそのひとはなく、世々よよここにひとはない。

    40 しゅわれる、かみがソドムとゴモラと、そのとなり町々まちまちほろぼされたように、そこにひとはなく、そこに宿やどひとはない。

    41 よ、一つのたみきたほうからる。おおいなるくにおおくのおうはてからがっている。

    42 かれらはゆみと、やりをる。残忍ざんにんで、あわれみがなく、そのひびきはうみりとどろくようである。バビロンのむすめよ、かれらはうまり、いくさびとのようにをよろって、あなたをめる。

    43 バビロンのおうはそのうわさをいて、そのよわり、おんなのぞむようないたみとくるしみにせまられた。

    44 よ、ししがヨルダンの密林みつりんからのぼってきて、じょうぶなひつじのおりをおそうように、わたしは、たちまちかれらをそこかららせる。そしてわたしのえらものをそのうえてる。だれかわたしのようなものがあるであろうか。だれがわたしをびつけることができようか。どの牧者ぼくしゃがわたしのまえつことができようか。

    45 それゆえ、バビロンにたいしてしゅてたはかりごとと、カルデヤびとのたいしてしようとすることくがよい。かれらのれのうちのちいさいものは、かならずかれてく。かれらのおりのものもかならずそのおわりをおそれる。

    46 バビロンがられたとのこえによってふるい、そのさけびは国々くにぐにのうちにきこえる」。