聖典
エレミヤ書25
戻る 次へ

第25章

1 ユダのおうヨシヤのエホヤキムの四ねん(バビロンのおうネブカデレザルの元年がんねん)にユダのすべてのたみについての言葉ことばがエレミヤにのぞんだ。

2 預言者よげんしゃエレミヤはこの言葉ことばをユダのすべてのたみとエルサレムにむすべてのひとげてった、

3 「ユダのおうアモンのヨシヤの十三ねんから今日こんにちにいたるまで二十三ねんあいだしゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ。わたしはたゆまずにそれをあなたがたにかたってきたが、あなたがたはかなかった。

4 しゅはたゆまず、そのしもべである預言者よげんしゃを、あなたがたにつかわされたが、あなたがたはかずまたみみかたむけてこうともしなかった。

5 かれらはった、『あなたがたはおのおのいまそのあくみちわるおこないをてなさい。そうすればしゅむかしからあなたがたと先祖せんぞたちとにあたえられた永遠えいえんむことができる。

6 あなたがたは、ほかのかみしたがって、それにつかえ、それをおがんではならない。あなたがたのつくったものをもって、わたしをいからせてはならない。このようなことをしないなら、わたしはあなたがたをそこなうことはない』と。

7 しかしあなたがたはわたしにしたがわず、あなたがたのつくったものをもって、わたしをいからせてみずかがいまねいたと、しゅわれる。

8 それゆえ万軍ばんぐんしゅはこうおおせられる、あなたがたがわたしの言葉ことばしたがわないゆえ、

9 よ、わたしはきたほうのすべての種族しゅぞくと、わたしのしもべであるバビロンのおうネブカデレザルをせて、このとそのたみと、そのまわりの国々くにぐにほろぼさせ、これをみきらわれるものとし、ひとわらいものとし、永遠えいえんのはずかしめとすると、しゅわれる。

10 またわたしはよろこびのこえたのしみのこえ花婿はなむここえ花嫁はなよめこえ、ひきうすのおと、ともしびのひかりかれらのなかえさせる。

11 このはみなほろぼされてとなる。そしてその国々くにぐには七十ねんあいだバビロンのおうつかえる。

12 しゅわれる、七十ねんおわったのちに、わたしはバビロンのおうと、そのたみと、カルデヤびとのを、そのつみのためにばっし、永遠えいえんとする。

13 わたしはあのについて、わたしがかたったすべての言葉ことばをそのうえのぞませる。これはエレミヤが、万国ばんこくのことについて預言よげんしたものであって、みなこのしょにしるされている。

14 おおくの国々くにぐに偉大いだいおうたちとは、かれらをさえ奴隷どれいとしてつかえさせる。わたしはかれらのおこないと、そののわざにしたがってむくいる」。

15 イスラエルのかみしゅはわたしにこうおおせられた、「わたしのから、このいかりのさかずきけて、わたしがあなたをつかわす国々くにぐにたみませなさい。

16 かれらはんで、よろめきくるう。これはわたしがかれらのうちに、つるぎをつかわそうとしているからである」。

17 こうしてわたしはしゅからさかずきけ、しゅがわたしをつかわされた国々くにぐにたみませた。

18 すなわちエルサレムとユダのすべてのまちと、そのおうたちおよびそのつかさたちにませて、それらをほろぼし、とし、ひとわらいものとし、のろわれるものとした。今日こんにちのとおりである。

19 またエジプトのおうパロとその家来けらいたち、そのきみたち、そのすべてのたみと、

20 もろもろの寄留きりゅう異邦人いほうじん、およびウズののすべてのおうたち、およびペリシテびとののすべてのおうたち、(アシケロン、ガザ、エクロン、アシドドののこりのもの)、

21 エドム、モアブ、アンモンの子孫しそん

22 ツロのすべてのおうたち、シドンのすべてのおうたち、うみのかなたの海沿うみぞいのおうたち、

23 デダン、テマ、ブズおよびすべてかみのすみずみをそるもの

24 アラビヤのすべてのおうたち、荒野あらの雑種ざっしゅたみのすべてのおうたち、

25 ジムリのすべてのおうたち、エラムのすべてのおうたち、メデアのすべてのおうたち、

26 きたのすべてのおうたちのとおものちかものもつぎつぎに、またすべてのおもてにある国々くにぐにおうたちもこのさかずきむ。そしてかれらのつぎにバビロンのおうもこれをむ。

27 「それであなたはかれらにいなさい、『万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうおおせられる、め、ってけ、たおれてふたたつな、わたしがあなたがたのうちに、つるぎをつかわすからである』」。

28 「もしかれらがあなたのからさかずきけてむことをしないならば、あなたはかれらにいなさい、『万軍ばんぐんしゅはこうおおせられる、あなたがたはかならまなければならない。

29 よ、わたしのをもってばれるこのまちにさえわざわいくだすのだ。どうしてあなたがたがばつまぬかれることができようか。あなたがたはばつまぬかれることはできない。わたしがつるぎをせて、むすべてのものめるからであると、万軍ばんぐんしゅおおせられる』。

30 それゆえ、あなたはかれらにこのすべての言葉ことば預言よげんしていなさい、『しゅたかところからばわり、そのせいなるすまいからこえし、自分じぶんのすみかにかっておおいにばわり、むすべてのものかってぶどうをもののようにさけばれる。

31 さけびははてにまでひびきわたる。しゅ国々くにぐにあらそい、すべてのにくなるものをさばき、悪人あくにんをつるぎにわたすからであると、しゅわれる』。

32 万軍ばんぐんしゅはこうおおせられる、よ、くにからくにわざわいく。おおきなあらしがはてからおこる。

33 そのしゅころされる人々ひとびとは、のこのはてから、かのはておよぶ。かれらはかなしまれず、あつめられず、またほうむられずに、のおもてに糞土ふんどとなる。

34 牧者ぼくしゃよ、なげさけべ、れのかしらたちよ、はいなかにまろべ。あなたがたのほふられるらされるたからだ。あなたがたはえらけられた雄羊おひつじのようにたおれる。

35 牧者ぼくしゃには、のがれなく、れのかしらたちはげるところがない。

36 牧者ぼくしゃさけごえと、れのかしらたちのなげきのこえきこえる。しゅかれらの牧場まきばほろぼしておられるからだ。

37 しゅはげしいいかりによって、平和へいわ牧場まきばれていく。

38 ししのようにかれはそのた。しゅのつるぎと、そのはげしいいかりによって、かれらのとなった」。