聖典
エレミヤ書34
戻る 次へ


第34章

1 バビロンのおうネブカデレザルがそのぜんぐんと、かれしたがっているのすべてのくに人々ひとびと、およびもろもろのたみひきいて、エルサレムとその町々まちまちめてたたかっていたときに、しゅからエレミヤにのぞんだ言葉ことば

2 「イスラエルのかみしゅはこうわれる、ってユダのおうゼデキヤにげていなさい、『しゅはこうわれる、よ、わたしはこのまちをバビロンのおうわたす。かれでこれをく。

3 あなたはそのをのがれることはできない、かならとらえられてそのわたされる。あなたはまのあたりバビロンのおうかおかおわせてかれかたる。それからバビロンへく』。

4 しかしユダのおうゼデキヤよ、しゅ言葉ことばきなさい。しゅはあなたのことについてこうわれる、『あなたはつるぎでぬことはない。

5 あなたはやすらかにぬ。たみはあなたの先祖せんぞであるあなたのさきおうたちのためにこうをたいたように、あなたのためにもこうをたき、またあなたのためになげいて「ああ、主君しゅくんよ」とう』。わたしがこの言葉ことばをいうのであるとしゅわれる」。

6 そこで預言者よげんしゃエレミヤはこの言葉ことばをことごとくエルサレムでユダのおうゼデキヤにげた。

7 そのときバビロンのおう軍勢ぐんぜいはエルサレム、およびのこっているユダのすべてのまち、すなわちラキシとアゼカをめてたたかっていた。それはユダの町々まちまちのうちに、これらの堅固けんごまちがなおのこっていたからである。

8 ゼデキヤおうがエルサレムにいるすべてのたみ契約けいやくてて、かれらに釈放しゃくほうのことをしめしたのちに、しゅからエレミヤにのぞんだ言葉ことば

9 その契約けいやくはすなわちひとがおのおのそのヘブルびとである男女だんじょ奴隷どれい解放かいほうし、その兄弟きょうだいであるユダヤひと奴隷どれいとしないことをさだめたものであった。

10 この契約けいやくをしたつかさたちと、すべてのたみひとがおのおのその男女だんじょ奴隷どれい解放かいほうし、ふたたびこれを奴隷どれいとしないということにしたがって、これを解放かいほうしたが、

11 のちこころひるがえし、解放かいほうした男女だんじょ奴隷どれいをひきかえさせ、ふたたびこれをしたがわせて奴隷どれいとした。

12 そこでしゅ言葉ことばしゅからエレミヤにのぞんだ、

13 「イスラエルのかみしゅはこうわれる、わたしはあなたがたの先祖せんぞをエジプトの、その奴隷どれいであったいえからみちびしたときかれらと契約けいやくててった、

14 『あなたがたの兄弟きょうだいであるヘブルびとで、あなたがたにり、六ねんあいだあなたがたにつかえたものは、六ねんおわりに、あなたがたおのおのがこれを解放かいほうしなければならない。あなたがたはかれ解放かいほうして、あなたがたにつかえることをやめさせなければならない』。ところがあなたがたの先祖せんぞたちはわたしにしたがわず、またそのみみかたむけなかった。

15 しかしあなたがたは今日こんにちこころあらため、おのおのそのとなびと釈放しゃくほうのことをしめして、わたしのただしいとすることをおこない、かつわたしのをもってとなえられるいえで、わたしのまえ契約けいやくてた。

16 ところがあなたがたはふたたこころひるがえして、わたしのけがし、おのおの男女だんじょ奴隷どれいをそのねがいのままに解放かいほうしたのをひきかえさせ、ふたたびこれをしたがわせて、あなたがたの奴隷どれいとした。

17 それゆえに、しゅはこうおおせられる、あなたがたがわたしにしたがわず、おのおのその兄弟きょうだいとそのとなり釈放しゃくほうのことをしめさなかったので、よ、わたしはあなたがたのために釈放しゃくほうしめして、あなたがたをつるぎと、疫病えきびょうと、ききんとにわたすとしゅわれる。わたしはあなたがたをのもろもろのくにみきらわれるものとする。

18 わたしの契約けいやくやぶり、わたしのまえてた契約けいやくさだめにしたがわない人々ひとびとを、わたしはかれらが二つにいて、その二つのあいだとおったうしのようにする。——

19 すなわち二つにけたうしあいだとおったユダのつかさたち、エルサレムのつかさたちと宦官かんがん祭司さいしと、こののすべてのたみを、

20 わたしはそのてきと、そのいのちもとめるものわたす。その死体したいそらとりけもの食物しょくもつとなる。

21 わたしはまたユダのおうゼデキヤと、そのつかさたちをそのてき、そのいのちもとめるもの、あなたがたをはなれてったバビロンのおう軍勢ぐんぜいわたす。

22 しゅわれる、よ、わたしはかれらにめいじて、このまちきかえしてこさせる。かれらはこのまちめてたたかい、これをり、はなってはらう。わたしはユダの町々まちまちひとのないとする」。