エレミヤ書40
    脚注
    Theme

    第40章

    1 侍衛じえいちょうネブザラダンは、バビロンにうつされるエルサレムとユダの人々ひとびとのうちにエレミヤをくさりにつないでおいて、これをとらえてったが、ついにラマでかれ釈放しゃくほうした。そののちしゅ言葉ことばがエレミヤにのぞんだ。

    2 侍衛じえいちょうはエレミヤをしてかれった、「あなたのかみしゅはこのところにこのわざわいくだすとしめされた。

    3 しゅはこれをくだし、みずかわれたとおりにおこなわれた。あなたがたがしゅたいしてつみおかし、みこえしたがわなかったから、このことがあなたがたのうえのぞんだのだ。

    4 よ、わたしはきょう、あなたのくさりいてあなたを釈放しゃくほうする。もしあなたがわたしと一緒いっしょにバビロンへくのがいとおもわれるなら、おいでなさい。わたしは、じゅうぶんあなたの世話せわをします。もしあなたがわたしと一緒いっしょにバビロンにはきたくないなら、かなくてもよろしい。よ、このはみなあなたのまえにあります、あなたがいとおもい、ただしいとおもところきなさい。

    5 あなたがとどまるならば、バビロンのおうがユダの町々まちまち総督そうとくとしててたシャパンのアヒカムのであるゲダリヤのところかえり、かれともたみのうちにみなさい。あるいはまたあなたがただしいとおもところきなさい」。こうして侍衛じえいちょうかれ糧食りょうしょくおくものあたえてらせた。

    6 そこでエレミヤはミヅパへき、アヒカムのゲダリヤのところって、かれともにそののこっているたみのうちにんだ。

    7 さて野外やがいにいた軍勢ぐんぜいちょうたちと、その配下はいか人々ひとびとは、バビロンのおうがアヒカムのゲダリヤをてて、その総督そうとくとし、おとこおんな子供こども、およびくにのうちのバビロンにうつされないまずしいものかれ委託いたくしたこといたので、

    8 ネタニヤのイシマエルと、カレヤのヨハナンおよびタンホメテのセラヤと、ネトパびとであるエパイのたちと、マアカびとのヤザニヤおよびその配下はいか人々ひとびとは、ミヅパにいるゲダリヤのもとへった。

    9 シャパンのであるアヒカムのゲダリヤは、かれらとその配下はいか人々ひとびとちかってった、「カルデヤびとにつかえることをおそれるにおよばない。このんでバビロンのおうつかえるならば、あなたがたは幸福こうふくになる。

    10 わたしはミヅパにいて、われわれのところるカルデヤびとのまえに、あなたがたのためにちましょう。あなたがたは、ぶどうしゅなつのくだもの、あぶらあつめて、それをうつわにたくわえ、あなたがたの町々まちまちみなさい」。

    11 おなじように、モアブとアンモンびとのうち、またエドムおよび国々くにぐににいるユダヤひとは、バビロンのおうがユダにひとのこしたことと、シャパンのであるアヒカムのゲダリヤをててその総督そうとくとしたこととをいた。

    12 そこでそのユダヤひとらはみなそのいやられたもろもろのところからかえってきて、ユダののミヅパにいるゲダリヤのもとにきた。そしておおくのぶどうしゅなつのくだものをあつめた。

    13 またカレヤのヨハナンと、野外やがいにいた軍勢ぐんぜいちょうたちはみなミヅパにいるゲダリヤのもとにきて、

    14 かれった、「アンモンびとのおうバアリスがあなたをころすためにネタニヤのイシマエルをつかわしたことをっていますか」。しかしアヒカムのゲダリヤはかれらのうことをしんじなかったので、

    15 カレヤのヨハナンはミヅパでひそかにゲダリヤにった、「わたしがって、ひとれないように、ネタニヤのイシマエルをころしましょう。どうしてかれがあなたをころして、あなたの周囲しゅういあつまっているユダヤひとらし、ユダののこったものほろぼしてよいでしょう」。

    16 しかしアヒカムのゲダリヤはカレヤのヨハナンにった、「このことをしてはならない。あなたはイシマエルについていつわりをっているのです」。