エレミヤ書31
    脚注
    Theme

    第31章

    1 しゅわれる、そのときわたしはイスラエルの全部ぜんぶぞくかみとなり、かれらはわたしのたみとなる」。

    2 しゅはこうわれる、「つるぎをのがれてのこったたみは、荒野あらのめぐみをた。イスラエルが安息あんそくもとめたとき

    3 しゅとおくからかれあらわれた。わたしはかぎりなきあいをもってあなたをあいしている。それゆえ、わたしはえずあなたに真実しんじつをつくしてきた。

    4 イスラエルのおとめよ、ふたたびわたしはあなたをてる、あなたはてられる。あなたはふたたつづみをもってかざり、って、よろこたのしむものともおどる。

    5 またあなたはぶどうのをサマリヤのやまえる。えるものは、えてそのべることができる。

    6 見守みまもものがエフライムのやまうえってばわるる。『って、シオンにのぼり、われわれのかみしゅに、もうでよう』と」。

    7 しゅはこうおおせられる、「ヤコブのためによろこんでこえたかうたい、万国ばんこくのかしらのためにさけごえをあげよ。しめし、ほめたたえてえ、『しゅはそのたみイスラエルののこりのものすくわれた』と。

    8 よ、わたしはかれらをきたくにからかえり、かれらをはてからあつめる。かれらのうちには、盲人もうじんやあしなえ、妊婦にんぷ産婦さんぷともにいる。かれらはおおきなれとなって、ここにかえってくる。

    9 かれらはかなしんでかえってくる。わたしはなぐさめながらかれらをみちびかえる。かれらがつまずかないように、まっすぐなみちにより、みずながれのそばをとおらせる。それは、わたしがイスラエルのちちであり、エフライムはわたしの長子ちょうしだからである。

    10 万国ばんこくたみよ、あなたがたはしゅ言葉ことばき、これをとおい、海沿うみぞいのしめしていなさい、『イスラエルをらしたものがこれをあつめられる。牧者ぼくしゃがそのれをまもるようにこれをまもられる』と。

    11 すなわちしゅはヤコブをあがない、かれらよりもつよものからかれすくいだされた。

    12 かれらはてシオンのやまこえたかうたい、しゅからたまわったもののために、穀物こくもつさけあぶらおよびわかひつじうしのために、よろこびにかがやく。そのたましいうるおそののようになり、かれらはかさねてうれえることがない。

    13 そのときおとめたちはってたのしみ、わかものいたものともたのしむ。わたしはかれらのかなしみをよろこびにかえ、かれらをなぐさめ、うれいのかわりによろこびをあたえる。

    14 わたしはおおくのささげもので、祭司さいしこころかせ、わたしのもので、わたしのたみらせるとしゅわれる」。

    15 しゅはこうおおせられる、「なげかなしみ、いたくこえがラマできこえる。ラケルがそのらのためになげくのである。らがもはやいないので、彼女かのじょはそのらのことでなぐさめられるのをねがわない」。

    16 しゅはこうおおせられる、「あなたはこえをとどめ、からなみだをながすことをやめよ。あなたのわざにむくいがある。かれらはてきからかえってくるとしゅわれる。

    17 あなたの将来しょうらいには希望きぼうがあり、あなたの子供こどもたちは自分じぶんくにかえってくるとしゅわれる。

    18 わたしはたしかに、エフライムがこうってなげくのいた、『あなたはわたしをこらしめられた、わたしはくびきにれないうしのようにこらしめをうけた。しゅよ、あなたはわたしのかみしゅでいらせられる、わたしをかえって、もとにかえしてください。

    19 わたしはそむきったのちい、おしえをうけたのち、ももをった。わかときのはずかしめがにあるので、わたしはじ、うろたえた』。

    20 しゅわれる、エフライムはわたしのあいする、わたしのよろこであろうか。わたしはかれについてかたるごとに、なおかれわすれることができない。それゆえ、わたしのこころかれをしたっている。わたしはかならかれをあわれむ。

    21 みずからのためにみちしるべをき、みずからのために標柱ひょうちゅうてよ。大路おおじに、あなたのとおってったみちこころめよ。イスラエルのおとめよ、かえれ、これらの、あなたの町々まちまちかえれ。

    22 不信ふしんむすめよ、いつまでさまようのか。しゅうえあたらしいこと創造そうぞうされたのだ、おんなおとこ保護ほごすることである」。

    23 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうわれる、「わたしがかれらをふたたさかえさせるとき人々ひとびとはまたユダのとその町々まちまちでこの言葉ことばう、『正義せいぎのすみかよ、せいなるやまよ、どうかしゅがおまえを祝福しゅくふくしてくださるように』。

    24 ユダとそのすべてのまちひと、および農夫のうふれをってあるまわものともにそこにむ。

    25 わたしがつかれたたましいらせ、すべてなやんでいるたましいなぐさめるからである」。

    26 ここでわたしはをさましたが、わたしのねむりは、ここちよかった。

    27 しゅわれる、よ、わたしがひとたねけものたねとをイスラエルのいえとユダのいえとにまくる。

    28 わたしはかれらをき、くだき、たおし、ほろぼし、なやまそうとちかまえていたように、またかれらをて、えようとちかまえているとしゅわれる。

    29 そのときかれらはもはや、『ちちがすっぱいぶどうをべたので、どものがうく』とはわない。

    30 ひとはめいめい自分じぶんつみによってぬ。すっぱいぶどうをべるひとはみな、そのがうく。

    31 しゅわれる、よ、わたしがイスラエルのいえとユダのいえとにあたらしい契約けいやくてるる。

    32 この契約けいやくはわたしがかれらの先祖せんぞをそのをとってエジプトのからみちびしたてたようなものではない。わたしはかれらのおっとであったのだが、かれらはそのわたしの契約けいやくやぶったとしゅわれる。

    33 しかし、それらののちにわたしがイスラエルのいえてる契約けいやくはこれである。すなわちわたしは、わたしの律法りっぽうかれらのうちにき、そのこころにしるす。わたしはかれらのかみとなり、かれらはわたしのたみとなるとしゅわれる。

    34 ひとはもはや、おのおのそのとなりとその兄弟きょうだいおしえて、『あなたはしゅりなさい』とはわない。それは、かれらがしょうよりだいいたるまでみな、わたしをるようになるからであるとしゅわれる。わたしはかれらの不義ふぎをゆるし、もはやそのつみおもわない」。

    35 しゅはこうわれる、すなわち太陽たいようあたえてひるひかりとし、つきほしとをさだめてよるひかりとし、うみをかきてて、そのなみりとどろかせるもの——その万軍ばんぐんしゅという。

    36 しゅわれる、「もしこのさだめがわたしのまえですたれてしまうなら、イスラエルの子孫しそんもすたって、永久えいきゅうにわたしのまえたみであることはできない」。

    37 しゅはこうわれる、「もしうえてんはかることができ、したもといさぐることができるなら、そのとき、わたしはイスラエルのすべての子孫しそんをそのもろもろのおこないのためにるとしゅわれる」。

    38 しゅわれる、「よ、このまちが、ハナネルのとうからすみもんまで、しゅのために再建さいけんされるときる。

    39 はかりなわはそれよりもとおくまっすぐにびて、ガレブのおかたっし、ゴアのほうにかう。

    40 死体したいはいとのたに全部ぜんぶ、またキデロンのたにくまでと、ひがしのほうのうまもんのすみにくまでとのすべてのはたけはみなしゅせいなるところとなり、永遠えいえんにわたって、ふたたびかれ、またたおされることはない」。