エレミヤ書47
    脚注
    Theme

    第47章

    1 パロがまだガザをたなかったころ、ペリシテびとのことについて預言者よげんしゃエレミヤにのぞんだしゅ言葉ことば

    2 しゅはこうわれる、よ、みずきたからおこり、あふれながれて、このと、そこにあるすべてのもの、そのまちと、そのなかものとにあふれかかる。そのとき人々ひとびとさけび、このものはみななげく。

    3 そのたくましいうまのひずめのらすおとのため、その戦車せんしゃひびきのため、その車輪しゃりんのとどろきのために、ちちはそのよわくなって、自分じぶんをもかえりみない。

    4 これは、ペリシテびとをほろぼしつくし、ツロとシドンにのこってたすけをなすものをことごとくやするからである。しゅはカフトルの海岸かいがんのこっているペリシテびとをほろぼされる。

    5 ガザにはかみをそることがはじまっている。アシケロンはほろびた。アナクびとののこりのたみよ、いつまで自分じぶんきずつけるのか。

    6 しゅのつるぎよ、おまえはいつになればしずかになるのか。おまえのさやにかえり、やすんでしずかにしておれ。

    7 しゅがこれにいのちくだされたのだ、どうしてしずかにしておれようか。アシケロンと海岸かいがんめることをさだめられたのだ」。