エレミヤ書10
    脚注
    Theme

    第10章

    1 イスラエルのいえよ、しゅのあなたがたにかたられる言葉ことばけ。

    2 しゅはこうわれる、「異邦いほうひとみちならってはならない。また異邦いほうひとてんあらわれるしるしをおそれても、あなたがたはそれをおそれてはならない。

    3 異邦いほうたみのならわしはむなしいからだ。かれらの崇拝すうはいするものは、はやしからりだしたで、木工もっこうで、おのをもってつくったものだ。

    4 人々ひとびとぎんきんをもって、それをかざり、くぎとつちをもってうごかないようにそれをとめる。

    5 その偶像ぐうぞうは、きゅうりはたけのかかしのようで、ものをうことができない。あるくこともできないから、ひとはこんでもらわなければならない。それをおそれるにおよばない。それはわざわいをくだすことができず、またさいわいをくだすちからもないからだ」。

    6 しゅよ、あなたにならびうるものはありません。あなたはおおいなるものであり、あなたのもそのちからのためにおおいなるものであります。

    7 万国ばんこくおうであるあなたを、おそれないものがありましょうか。あなたをおそれるのは当然とうぜんのことであります。万国ばんこくのすべての知恵ちえあるもののうちにも、その国々くにぐにのうちにも、あなたにならびうるものはありません。

    8 かれらはみなおろかでにぶく、偶像ぐうぞうおしえは、ただにすぎない。

    9 ぎんぱくはタルシシから渡来とらいし、きんはウパズからたずさえてくる。これらは工人こうじんきん細工人ざいくにん工作こうさくである。かれらの着物きものはすみれいろ紫色むらさきいろである。これらはみなたくみな細工人さいくにんつくったものである。

    10 しかししゅはまことのかみである。きたかみであり、永遠えいえんおうである。そのいかりによってふるいうごき、万国ばんこくはそのいきどおりにあたることができない。

    11 あなたがたはかれらに、こうわなければならない、「天地てんちつくらなかった神々かみがみうえてんしたからほろる」と。

    12 しゅはそのちからをもってつくり、その知恵ちえをもって世界せかいて、そのさとりをもっててんをのべられた。

    13 かれこえされると、てんおおくのみずのざわめきがあり、またはてからきりちあがらせられる。かれあめのために、いなびかりをおこし、そのくらからかぜされる。

    14 すべてのひとおろかで知恵ちえがなく、すべてのきん細工人ざいくにんはそのつくった偶像ぐうぞうのためにはじをこうむる。その偶像ぐうぞういつわもので、そのうちにいきがないからだ。

    15 これらは、むなしいもので、まよいのわざである。ばっせられるときほろびるものである。

    16 ヤコブのぶんであるかれはこのようなものではない。かれ万物ばんぶつつくぬしだからである。イスラエルはかれぎょうとしての部族ぶぞくである。かれ万軍ばんぐんしゅという。

    17 かこみのなかにおるものよ、あなたのつつみからげよ。

    18 しゅがこうわれるからだ、「よ、わたしはこのたび、このものてる。かつかれらをせめなやまして、おもらせる」。

    19 わたしはいたでをうけた、ああ、わざわいなるかな、わたしのきずおもい。しかしわたしはった、「まことに、これはなやみである。わたしはこれをしのばなければならない」と。

    20 わたしの天幕てんまくやぶれ、つなはことごとくれ、どもたちはわたしをててって、いなくなった。もはやわたしの天幕てんまくものはなく、まくけるものもない。

    21 牧者ぼくしゃおろかであって、しゅうことをしないからである。それゆえかれらはさかえることもなく、そのれはみなっている。

    22 けよ、うわさのあるのを。よ、きたくにからおおいなるさわぎがる。これはユダの町々まちまちあらして山犬やまいぬとする。

    23 しゅよ、わたしはっています、ひとみち自身じしんによるのではなく、あゆひとが、そのあゆみを自分じぶんめることのできないことを。

    24 しゅよ、わたしをらしてください。ただしいみちにしたがって、いからずにらしてください。さもないと、わたしはしてしまうでしょう。

    25 あなたをらない国民くにたみと、あなたのをとなえない人々ひとびとにあなたのいかりをそそいでください。かれらはヤコブをつくしこれをつくしてほろぼし、そのすみかをあらしたからです。