エレミヤ書18
    脚注
    Theme

    第18章

    1 しゅからエレミヤにのぞんだ言葉ことば

    2 って、陶器とうきいえくだってきなさい。そのところでわたしはあなたにわたしの言葉ことばかせよう」。

    3 わたしは陶器とうきいえくだってった。るとかれは、ろくろで仕事しごとをしていたが、

    4 粘土ねんどつくっていたうつわが、そのひとなか仕損しそんじたので、かれ自分じぶんのままに、それをもってほかのうつわつくった。

    5 そのときしゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

    6 しゅおおせられる、イスラエルのいえよ、この陶器とうきがしたように、わたしもあなたがたにできないのだろうか。イスラエルのいえよ、陶器とうき粘土ねんどがあるように、あなたがたはわたしののうちにある。

    7 あるときには、わたしがたみまたはくにく、やぶる、ほろぼすということがあるが、

    8 もしわたしのったくにがそのあくはなれるならば、わたしはこれにわざわいくだそうとしたことをおもいかえす。

    9 またあるときには、わたしがたみまたはくにてる、えるということがあるが、

    10 もしそのくにがわたしのあくえることをおこない、わたしのこえしたがわないなら、わたしはこれにさいわいあたえようとしたことをおもいかえす。

    11 それゆえ、ユダの人々ひとびととエルサレムにものいなさい、『しゅはこうおおせられる、よ、わたしはあなたがたにわざわいくだそうと工夫くふうし、あなたがたをめるはかりごとをてている。あなたがたはおのおのそのしきみちはなれ、そのみちおこないをあらためなさい』と。

    12 しかしかれらはう、『それはむだです。われわれは自分じぶんはかるところにしたがい、おのおのそのわる強情ごうじょうこころにしたがって行動こうどうします』と。

    13 それゆえしゅはこうわれる、異邦いほうたみのうちのあるものたずねてみよ、このようなこといたものがあろうか。おとめイスラエルはおそろしいことをした。

    14 レバノンのゆきが、どうしてシリオンのいわはなれようか。やまみずつめたいかわながれが、どうしてかわいてしまおうか。

    15 それなのにわがたみはわたしをわすれて、いつわりの神々かみがみこうをたいている。かれらはそのみちふるみちにつまずき、また小道こみちり、大路おおじからはなれた。

    16 自分じぶんれすたれさせて、いつまでもひと舌打したうちされるものとした。そこをとおひとはみな身震みぶるいして、くびる。

    17 わたしは東風ひがしかぜのように、かれらをそのてきまえらす。そのほろびのには、わたしはかれらにけ、かおけない」。

    18 かれらはった、「さあ、計略けいりゃくをめぐらして、エレミヤをたおそう。祭司さいしには律法りっぽうがあり、知恵ちえあるものにははかりごとがあり、預言者よげんしゃには言葉ことばがあって、これらのものがほろびてしまうことはない。さあ、われわれはしたをもってかれとう。かれのすべての言葉ことばに、こころめないことにしよう」。

    19 しゅよ、どうぞわたしにみこころめ、わたしのうったえをおきください。

    20 あくをもってぜんむくいるべきでしょうか。しかもなおかれらはわたしのいのちろうとしてあなりました。わたしがあなたのまえって、かれらのことをい、あなたのいきどおりをめようとしたのをおぼえてください。

    21 それゆえ、かれらのどもたちをききんにわたし、かれらをつるぎのわたしてください。かれらのつまうしない、また寡婦かふとなり、おとこ疫病えきびょうにかかってに、わかものは、戦争せんそうでつるぎにころされますように。

    22 あなたがてきをにわかにかれらにのぞませられるとき、かれらのいえからさけごえきこえますように。かれらはあなって、わたしをとらえようとし、わなをつくって、わたしのあしとらえようとしたからです。

    23 しゅよ、あなたはかれらがわたしをころすためにめぐらしている計略けいりゃくみなごぞんじです。そのあくをゆるすことなく、そのつみをあなたのまえかららないでください。かれらをあなたのまえたおれさせてください。あなたのおいかりになるときかれらをばっしてください。