エレミヤ書22
    脚注
    Theme

    第22章

    1 しゅはこうわれる、「ユダのおういえくだり、そのところにこの言葉ことばをのべて、

    2 いなさい、『ダビデのくらいにすわるユダのおうよ、あなたと、あなたの家臣かしん、および、このもんからはいるあなたのたみしゅ言葉ことばきなさい。

    3 しゅはこうわれる、公平こうへい正義せいぎおこない、ものうばわれたひとを、しえたげるものからすくい、異邦いほうひと孤児こじ寡婦かふなやまし、しえたげてはならない。またこのところに、つみなきものながしてはならない。

    4 もしあなたがたがこの言葉ことば真実しんじつおこなうならば、ダビデのくらいにすわるおうとその家臣かしん、およびそのたみは、くるまうまって、このいえもんにはいることができる。

    5 しかしあなたがたがこの言葉ことばかないならば、わたしは自身じしんをさしてちかうが、このいえとなると、しゅわれる。

    6 しゅはユダのおういえについてこうわれる、あなたはわたしにたいしてギレアデのようであり、レバノンのいただきのようである。しかし、わたしはかならずあなたをにし、ひとまないまちにする。

    7 わたしはほろぼすものもうけて、あなたをめさせる、かれらはおのおのその武器ぶきをとり、あなたのうるわしい香柏こうはくたおし、れる。

    8 おおくのくにひとはこのまちぎ、たがいかたって、「なぜしゅはこのおおいなるまちをこのようにされたのか」とうとき、

    9 ひとこたえて、「これはかれらがそのかみしゅ契約けいやくてて神々かみがみはいし、これにつかえたからである」とうであろう』」。

    10 んだもののためにくことなく、またそのためになげいてはならない。とらうつされてゆくもののために、はげしくけ。かれはふたたびかえってきて、その故郷こきょうることがないからである。

    11 ユダのおうヨシヤのシャルムはちちヨシヤについでおうとなったが、ついにこのところからった。しゅかれについてこうわれる、「かれふたたびここにかえらない。

    12 かれはそのとらかれたところに、ふたたびこのない」。

    13 不義ふぎをもってそのいえて、不法ふほうをもってその高殿たかどのつくり、となびとやとってなにをもあたえず、その賃金ちんぎんはらわないものはわざわいである。

    14 かれう、『わたしは自分じぶんのためにおおきないえて、ひろ高殿たかどのつくろう』と。そしてこれがためにまどつくり、香柏こうはく鏡板かがみいたでおおい、それをしゅる。

    15 あなたはきそって香柏こうはくもちいることによって、おうであるとおもうのか。あなたのちちみし、公平こうへい正義せいぎおこなって、さいわいたのではないか。

    16 かれまずしいひととぼしいひとうったえをただして、さいわいをた。こうすることがわたしをることではないかとしゅわれる。

    17 しかし、あなたはこころも、不正ふせい利益りえきのためにのみもちい、つみなきものながそうとし、圧制あっせい暴虐ぼうぎゃくおこなおうとする」。

    18 それゆえ、しゅはユダのおうヨシヤのエホヤキムについてこうわれる、「人々ひとびとは『かなしいかな、わがあに』、『かなしいかな、わがあね』とって、かれのためになげかない。また『かなしいかな、主君しゅくんよ』、『かなしいかな、陛下へいかよ』とってなげかない。

    19 ろばがめられるように、かれほうむられる。かれてって、エルサレムのもんそとてられる」。

    20 「レバノンにのぼってばわり、バシャンにあなたのこえをあげ、アバリムからばわれ。あなたのあいするものがみなほろぼされるからだ。

    21 あなたのさかえていたとき、わたしはあなたにかたったが『きたくはない』とった。あなたがわたしのこえしたがわないことは、あなたのおさなときからの、ならわしであった。

    22 あなたの牧者ぼくしゃはみな、かぜてられ、あなたのあいするものとらうつされる。そのとき、あなたは自分じぶんのもろもろのあくのために、じ、うろたえる。

    23 レバノンにみ、香柏こうはくなかをつくっているものよ、おんなのぞくるしみのような苦痛くつうがあなたにのぞむとき、あなたはどんなになげくことであろうか」。

    24 しゅわれる、わたしはきている。ユダのおうエホヤキムのコニヤが、わたしの右手みぎて指輪ゆびわであっても、わたしはあなたをる。

    25 あなたのいのちもとめるもの、あなたがそのかおおそれるもの、すなわちバビロンのおうネブカデレザルのと、カルデヤびとのにあなたをわたす。

    26 わたしは、あなたと、あなたをんだははを、あなたがたのうまれたくにでないくにいやる。あなたがたはそこでぬ。

    27 かれらがかえりたいとせつにねがくにに、かれらはふたたかえることができない」。

    28 このひとコニヤはいやしむべき、こわれたつぼであろうか、だれもこころめないうつわであろうか。なぜかれとその子孫しそんいやられて、らないげやられるのか。

    29 ああ、よ、よ、よ、しゅ言葉ことばけよ。

    30 しゅはこうわれる、「このひとを、なきひととして、またその一生いっしょうのうち、さかえることのないひととして記録きろくせよ。その子孫しそんのうち、ひとりもさかえて、ダビデのくらいにすわり、ユダをおさめるものがふたたおこらないからである」。