エレミヤ書24
    脚注
    Theme

    第24章

    1 バビロンのおうネブカデレザルがユダのおうエホヤキムのエコニヤおよびユダのきみたちと工匠こうしょう鍛冶かじをエルサレムからバビロンにうつしてのちしゅはわたしにこのまぼろしをおしめしになった。よ、しゅみやまえかれているいちじくをった二つのかごがあった。

    2 その一つのかごには、はじめてじゅくしたような非常ひじょういいちじくがあり、ほかのかごには非常ひじょうわるくてべられないほどのわるいいちじくがれてあった。

    3 しゅはわたしに、「エレミヤよ、なにるか」とわれた。わたしは、「いちじくです。そのいいちじくは非常ひじょうによく、わるいほうのいちじくは非常ひじょうわるくて、べられません」とこたえた。

    4 しゅ言葉ことばがまたわたしにのぞんだ、

    5 「イスラエルのかみしゅはこうおおせられる、このところからカルデヤびとのいやったユダのとらわれびとを、わたしはこのいいちじくのようにかえりみてめぐもう。

    6 わたしはかれらにをかけてこれをめぐみ、かれらをこのかえし、かれらをててたおさず、えてかない。

    7 わたしはかれらにわたしがしゅであることをこころあたえよう。かれらはわたしのたみとなり、わたしはかれらのかみとなる。かれらは一心いっしんにわたしのもとにかえってくる。

    8 しゅはこうおおせられる、わたしはユダのおうゼデキヤとそのつかさたち、およびエルサレムのひとのこってこのにいるもの、ならびにエジプトのんでいるものを、このわるくてべられないわるいいちじくのようにしよう。

    9 わたしはかれらをのもろもろのくにで、みきらわれるものとし、またわたしのいやるすべてのところで、はずかしめにわせ、ことわざとなり、あざけりと、のろいにわせる。

    10 わたしはつるぎと、ききんと、疫病えきびょうかれらのうちにおくって、ついにかれらをわたしがかれらとその先祖せんぞとにあたえたからえさせる」。