聖典
エレミヤ書48
戻る 次へ

第48章

1 モアブのことについて、万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうわれる、「ああ、ネボはわざわいだ、これはほろぼされた。キリヤタイムははずかしめられてられ、とりでは、はずかしめられてこわされた。

2 モアブのほまれは、った。ヘシボンで人々ひとびとはモアブのがいはかり、『さあ、このくにほろぼそう』という。マデメンよ、おまえもまたほろぼされる、つるぎがおまえをう。

3 ホロナイムからさけごえきこえる、『荒廃こうはいおおいなる滅亡めつぼうだ』という。

4 モアブはほろぼされ、さけびはゾアルにまできこえる。

5 かれらはきながらルヒテのさかのぼる。かれらはホロナイムのくだざかで、『滅亡めつぼう』のさけびをいたからだ。

6 げて、自分じぶんすくえ、荒野あらのろばのようになれ。

7 おまえが、とりでと財宝ざいほうとをたのみにしたので、おまえもとらえられるからだ。またケモシは、その祭司さいしとつかさたちとともに、とらえられてく。

8 ほろぼすものはすべてのまちる、一つのまちものがれることができない。たにほろび、平地へいちあらされる、しゅわれたとおりである。

9 モアブにつばさあたえて、らせよ。その町々まちまちれて、ものはなくなる。

10 しゅのわざをおこなうことをおこたものはのろわれる。またそのつるぎをおさえてながさないものはのろわれる。

11 モアブはそのおさなときからやすらかで、さけが、しずんだおりのうえにとどまって、うつわからうつわに、くみうつされなかったように、とらうつされなかったので、そのあじはなおそんし、その香気こうきかわることがない。

12 しゅわれる、それゆえよ、わたしがこれをかたむけるものどもをつかわする。かれらはこれをかたむけ、そのうつわをあけ、そのかめをくだく。

13 そのときモアブはケモシのためにはじをかく。ちょうどイスラエルのいえがそのたのみとしたベテルのためにはじをかいたようになる。

14 あなたがたはどうして『われわれは勇士ゆうしだ。つよ戦士せんしだ』というのか。

15 モアブとその町々まちまちほろぼすもののぼって、モアブのえりきの若者わかものたちはくだってころされたと万軍ばんぐんしゅのるおうわれる。

16 モアブの災難さいなんちかづいている、その苦難くなんはすみやかにる。

17 すべてその周囲しゅういにあるものよ、またそのものよ、かれのためになげいて、『ああ、つよしゃくうるわしきつえは、ついにれた』とえ。

18 デボンにものよ、ああなたのさかえをはなれてくだり、かわいたせよ。モアブをほろぼすものがあなたにめのぼってて、あなたのしろほろぼしたからだ。

19 アロエルにものよ、みちのかたわらにって見張みはりし、げてくるおとこ、のがれてくるおんなたずねて、『なにおこったのか』とえ。

20 モアブはやぶれて、はじをこうむっている。なげばわれ。アルノンかわのほとりで、モアブはほろぼされたとげよ。

21 さばきは高原こうげんのぞみ、ホロン、ヤハズ、メパアテ、

22 デボン、ネボ、ベテ・デブラタイム、

23 キリヤタイム、ベテ・ガムル、ベテ・メオン、

24 ケリオテ、ボズラなどモアブののすべてのまちの、とおいものにもちかいものにも、のぞんだ。

25 モアブのつのくだけ、そのうでれたとしゅわれる。

26 モアブをわせよ、かれしゅてきしてみずかたかぶったからである。モアブは自分じぶんいたものなかにころがって、わらぐさとなる。

27 イスラエルはあなたのわらぐさではなかったか。あなたが、かれのことをかたるごとにくびったのは、かれ盗賊とうぞくなかにいたとでもいうのか。

28 モアブにものよ、まちっていわあいだめ。たに入口いりぐちのかたわらにつくやまばとのようにせよ。

29 われわれはモアブの高慢こうまんこといた、その高慢こうまんは、はなはだしい。すなわち、その尊大そんだい高慢こうまん横柄おうへい、およびそのこころたかぶりのことをいた。

30 しゅわれる、わたしはかれ横着おうちゃくなのをる、かれ自慢じまんいつわりで、そのおこないもいつわりである。

31 それゆえ、わたしはモアブのためになげき、モアブのぜんのためにばわる。キルヘレスの人々ひとびとのためにわたしはかなしむ。

32 シブマのぶどうのよ、わたしはヤゼルのためにくのにまさっておまえのためにく。おまえのつるはびてうみえ、ヤゼルにおよんだ。おまえのなつと、その収穫しゅうかくほろぼすものおそってきた。

33 よろこびとたのしみは、みのおおいモアブのった。わたしは、ぶどうをしぼるところにもさけをなくした。たのしくばわって、ぶどうをものもなくなった。ばわっても、よろこんでばわるこえではない。

34 ヘシボンとエレアレはさけぶ。ヤハヅにいたるまで、ゾアルからホロナイムとエグラテ・シリシヤにいたるまで、かれらはそのこえをあげる。ニムリムのみずえたからである。

35 しゅわれる、わたしは犠牲ぎせいたかところにささげ、こうをそのかみにたくものをモアブのうちにほろぼす。

36 それゆえ、わたしのこころはモアブのためにふえのようになげき、わたしのこころはキルヘレスの人々ひとびとのためにふえのようになげく。かれらのとみえうせたからである。

37 ひとはみなかみをそり、みなひげをそり、みなきずをつけ、こし荒布あらぬのける。

38 モアブではどこの屋根やねうえも、広場ひろばも、ただかなしみにつつまれている。これは、わたしが、だれもほしがらないうつわのようにモアブをくだいたからであるとしゅわれる。

39 ああ、モアブはついにほろびた。人々ひとびとなげく。ああ、モアブはじてかおをそむけた。モアブはその周囲しゅういのすべてのものわらぐさとなりおそれとなった」。

40 しゅはこうわれる、「よ、てきはわしのようにはやんできて、モアブにかってつばさをのべる。

41 町々まちまちられ、しろうばわれる。そのモアブの勇士ゆうしこころおんなこころのようになる。

42 モアブはほろぼされて、くにさないようになる。しゅてきしてみずかほこったからである。

43 しゅわれる、モアブにものよ、おそれと、あなと、わなとがあなたにのぞんでいる。

44 おそれをさけてげるものあなにおちいり、あなをよじのぼってものは、わなにとらえられる。わたしがモアブに、そのばっせられるとしに、これらのものをのぞませるからであるとしゅわれる。

45 げたものはヘシボンのかげに、ちからなくちどまる。ヘシボンから、シホンのいえからほのおて、モアブのひたいさわ人々ひとびとあたまいただきいたからだ。

46 モアブよ、おまえはわざわいだ。ケモシのたみほろびた。おまえのむすこらはとらうつされ、おまえのむすめらもとらかれたからである。

47 しかしすえにわたしはふたたびモアブをさかえさせるとしゅわれる」。ここまではモアブのさばきのことをいったのである。