聖典
エレミヤ書43
戻る 次へ

第43章

1 エレミヤがすべてのたみにむかって、かれらのかみしゅ言葉ことばをことごとくかたり、かれらのかみしゅ自分じぶんをつかわしてわせられるその言葉ことばをみなおわったとき

2 ホシャヤのアザリヤと、カレヤのヨハナンおよび高慢こうまん人々ひとびとはみなエレミヤにった、「あなたはいつわりをっている。われわれのかみしゅが、『エジプトへってそこにむな』とわせるためにあなたをつかわされたのではない。

3 ネリヤのバルクがあなたをそそのかして、われわれにさからわせ、われわれをカルデヤびとのわたしてころすか、あるいはバビロンにとらうつさせるのだ」。

4 こうしてカレヤのヨハナンと軍勢ぐんぜいちょうたちおよびたみらはみなしゅこえにしたがわず、ユダのにとどまろうとしなかった。

5 そしてカレヤのヨハナンと軍勢ぐんぜいちょうたちは、ユダにのこっているものすなわちいやられた国々くにぐにからユダのむためにかえってきたもの、——

6 おとこおんな子供こどもおうむすめたち、およびすべて侍衛じえいちょうネブザラダンがシャパンのであるアヒカムのゲダリヤにわたしておいたもの、ならびに預言者よげんしゃエレミヤとネリヤのバルクをつれて、

7 エジプトのった。かれらはしゅこえにしたがわなかったのである。そしてかれらはついにタパネスにった。

8 しゅ言葉ことばはタパネスでエレミヤにのぞんだ、

9 おおきないしり、ユダの人々ひとびとまえで、これをタパネスにあるパロの宮殿きゅうでん入口いりぐち敷石しきいしのしっくいのなかかくして、

10 かれらにいなさい、『万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうわれる、よ、わたしは使者ししゃをつかわして、わたしのしもべであるバビロンのおうネブカデレザルをまねく。かれはそのくらいをこのかくしたいしうえにすえ、そのうえおう天蓋てんがいる。

11 かれてエジプトのち、疫病えきびょうさだまっているもの疫病えきびょうわたし、とりこにさだまっているものをとりこにし、つるぎにさだまっているものをつるぎにかける。

12 かれはエジプトの神々かみがみみやをつけてこれをき、かれらをとりこにする。そしてひつじもの着物きものむしをはらいきよめるように、エジプトのをきよめる。かれやすらかにそこをる。

13 かれはエジプトのにあるヘリオポリスのオベリスクをこわし、エジプトの神々かみがみみやく』」。