エレミヤ書7
    脚注
    Theme

    第7章

    1 しゅからエレミヤにのぞんだ言葉ことばはこうである。

    2 しゅいえもんち、そのところで、この言葉ことばをのべてえ、しゅおがむために、このもんをはいるユダのすべてのひとよ、しゅ言葉ことばけ。

    3 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうわれる、あなたがたのみちとあなたがたのおこないをあらためるならば、わたしはあなたがたをこのところまわせる。

    4 あなたがたは、『これはしゅ神殿しんでんだ、しゅ神殿しんでんだ、しゅ神殿しんでんだ』といういつわりの言葉ことばたのみとしてはならない。

    5 もしあなたがたが、まことに、そのみちおこないをあらためて、たがい公正こうせいおこない、

    6 寄留きりゅう他国たこくじんと、みなしごと、やもめをしえたげることなく、つみのないひとをこのところながすことなく、また、ほかの神々かみがみしたがってみずかがいをまねくことをしないならば、

    7 わたしはあなたがたを、わたしがむかしあなたがたの先祖せんぞあたえたこの永遠えいえんまわせる。

    8 よ、あなたがたはいつわりの言葉ことばたのみとしているが、それはむだである。

    9 あなたがたはぬすみ、ころし、姦淫かんいんし、いつわってちかい、バアルにこうをたき、あなたがたが以前いぜんにはらなかった神々かみがみしたがいながら、

    10 わたしのをもって、となえられるこのいえてわたしのまえち、『われわれはすくわれた』とい、しかもすべてこれらにくむべきことをおこなうのは、どうしたことか。

    11 わたしのをもって、となえられるこのいえが、あなたがたのには盗賊とうぞくえるのか。わたし自身じしん、そうたとしゅわれる。

    12 わたしがはじめにわたしのいた場所ばしょシロへき、わがたみイスラエルのあくのために、わたしがその場所ばしょたいしておこなったことをよ。

    13 しゅわれる、いまあなたがたはこれらのすべてのことをおこなっている。またわたしはあなたがたに、しきりにかたったけれども、あなたがたはかず、あなたがたをんだけれどもこたえなかった。

    14 それゆえわたしはシロにたいしておこなったように、わたしのをもって、となえられるこのいえにもおこなう。すなわちあなたがたがたのみとするところ、わたしがあなたがたと、あなたがたの先祖せんぞあたえたこのところおこなう。

    15 そしてわたしは、あなたがたのすべての兄弟きょうだい、すなわちエフライムのすべての子孫しそんてたように、わたしのまえからあなたがたをもてる。

    16 あなたはこのたみのためにいのってはならない。かれらのためになげき、いのってはならない。またわたしに、とりなしをしてはならない。わたしはあなたのもとめをかない。

    17 あなたはかれらがユダの町々まちまちと、エルサレムのちまたでしていることをないのか。

    18 どもらは、たきぎをあつめ、ちちたちはをたき、おんなこなをこね、パンをつくってこれを天后てんこうそなえる。またかれらは神々かみがみまえさけそそいで、わたしをいからせる。

    19 しゅわれる、かれらがいからせるのはわたしなのか。自分じぶんたち自身じしんではないのか。そしてみずからうろたえている。

    20 それゆえしゅなるかみはこうわれる、よ、わたしのいかりといきどおりを、このところと、ひとけものと、はたけと、産物さんぶつとにそそぐ。いかりはえてえることがない」。

    21 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうわれる、「あなたがたの犠牲ぎせい燔祭はんさいものわせてにくべるがよい。

    22 それはあなたがたの先祖せんぞをエジプトのからみちびしたに、わたしは燔祭はんさい犠牲ぎせいとについてかれらにかたったこともなく、まためいじたこともないからである。

    23 ただわたしはこのいましめをかれらにあたえてった、『わたしのこえきしたがいなさい。そうすれば、わたしはあなたがたのかみとなり、あなたがたはわたしのたみとなる。わたしがあなたがたにめいじるすべてのみちあゆんでさいわいなさい』と。

    24 しかしかれらはしたがわず、みみかたむけず、自分じぶんわるこころはかりごとと強情ごうじょうにしたがってあゆみ、わるくなるばかりで、よくはならなかった。

    25 あなたがたの先祖せんぞがエジプトのから今日こんにちまで、わたしはわたしのしもべである預言者よげんしゃたちを日々ひびかれらにつかわした。

    26 しかしかれらはわたしにかず、みみかたむけないで強情ごうじょうになり、先祖せんぞたちにもまさってあくおこなった。

    27 たといあなたがかれらにこのすべての言葉ことばかたってもかれらはかない。またかれらをんでもあなたにこたえない。

    28 それゆえ、あなたはこうかれらにわなければならない、『これはそのかみしゅこえしたがわず、そのいましめをけいれなかった国民こくみんである。真実しんじつはうせ、かれらのくちからえた。

    29 あなたのかみっててよ、はだかやまうえなげきのこえをあげよ。しゅが、おいかりになっているひと退しりぞてられたからだ』。

    30 しゅわれる、ユダのたみはわたしのまえあくおこない、わたしのをもってとなえられるいえに、にくむべきものいてそこをけがした。

    31 またベンヒンノムのたににあるトペテのたかところきずいて、むすこむすめいた。わたしはそれをめいじたことはなく、またそのようなことをかんがえたこともなかった。

    32 しゅわれる、それゆえによ、そのところをトペテ、またはベンヒンノムのたにばないで、ほふりのたにる。それはほかに場所ばしょがないので、トペテにほうむるからである。

    33 このたみ死体したいそらとりけもの食物しょくもつとなり、これをはらものもない。

    34 そのときわたしはユダの町々まちまちとエルサレムのちまたに、よろこびのこえたのしみのこえ花婿はなむここえ花嫁はなよめこえやす。このてるからである。