エレミヤ書9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 ああ、わたしのあたまみずとなり、わたしのなみだいずみとなればよいのに。そうすれば、わたしはたみむすめころされたもののためにひるよるなげくことができる。

    2 ああ、わたしが荒野あらのに、隊商たいしょう宿やどることができればよいのに。そうすれば、わたしはたみはなれてってくことができる。かれらはみな姦淫かんいんするもの不信ふしんのともがらだからである。

    3 かれらはゆみをひくように、そのしたげる。真実しんじつではなく、いつわりがこのつよくなった。かれらはあくよりあくすすみ、またわたしをらないと、しゅわれる。

    4 あなたがたはおのおのとなびとをつけよ。どの兄弟きょうだいをもしんじてはならない。兄弟きょうだいはみな、しのけるものであり、となびとはみな、ののしってあるものだからである。

    5 ひとはみな、そのとなびとあざむき、真実しんじつものはない。かれらは自分じぶんしたいつわりをうことをおしえ、あくおこない、つかれてあらためるいとまもなく、

    6 しえたげに、しえたげをかさね、いつわりにいつわりをかさね、わたしをることをこばんでいると、しゅわれる。

    7 それゆえ万軍ばんぐんしゅはこうわれる、「よ、わたしはかれらをかし、こころみる。このほか、わがたみをどうすることができよう。

    8 かれらのしたころのようだ、それはいつわりをう。そのくちではおのおのとなびとにおだやかにかたるが、そのこころではかれせるはかりごとをてる。

    9 しゅわれる、これらのことのために、わたしがかれらをばっしないだろうか。わたしがこのようなたみにあだをかえさないだろうか。

    10 やまのためにさけび、牧場まきばのためにかなしめ。これらはれすたれて、とおぎるひともない。ここにはうしひつじこえきこえず、そらとりけものみなった。

    11 わたしはエルサレムを荒塚あれづかとし、山犬やまいぬとする。またユダの町々まちまちあらして、ひともないところとする」。

    12 知恵ちえがあって、これをさとることのできるひとはだれか。しゅくち言葉ことばをうけて、それをしめひとはだれか。このほろぼされて荒野あらののようになり、とおぎるひともなくなったのはどういうわけか。

    13 しゅわれる、「それはかれらのまえにわたしがてたおきてをかれらがてて、わたしのこえしたがわず、そのとおりにあるかなかったからである。

    14 かれらは強情ごうじょう自分じぶんこころしたがい、また先祖せんぞおしえたようにバアルにしたがった。

    15 それゆえ万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうわれる、よ、わたしはこのたみに、にがよもぎをべさせ、どくみずませ、

    16 かれらも、その先祖せんぞたちもらなかったくにびとのうちにかれらをらし、またかれらをほろぼしつくすまで、そのうしろに、つるぎをつかわす」。

    17 万軍ばんぐんしゅはこうわれる、「よくかんがえて、おんなべ。またひとをつかわしてたくみなおんなまねけ。

    18 かれらにいそいでこさせ、われわれのためにかなしませて、われわれのなみだをこぼさせ、まぶたからみずをあふれさせよ。

    19 シオンからかなしみのこえきこえる。それはう、『ああ、われわれはほろぼされ、いたく、はずかしめられている。われわれはそのり、かれらがわれわれのすみかをこわしたからだ』」。

    20 おんなたちよ、しゅ言葉ことばけ。あなたがたのみみに、そのくち言葉ことばをいれよ。あなたがたのむすめかなしみのうたおしえ、おのおのそのとなびと哀悼あいとううたおしえよ。

    21 がわれわれのまどのぼって、われわれの邸宅ていたくなかにはいり、ちまたにいるどもらをやし、広場ひろばにいるわかひとたちをころそうとしているからだ。

    22 あなたはこういなさい、「しゅわれる、『ひと死体したい糞土ふんどのように、たおれているようになり、また刈入かりいれするひとのうしろにのこって、だれもあつめることをしないたばのようになる』」。

    23 しゅはこうわれる、「知恵ちえあるひとはその知恵ちえほこってはならない。ちからあるひとはそのちからほこってはならない。めるものはそのとみほこってはならない。

    24 ほこものはこれをほこりとせよ。すなわち、さとくあって、わたしをっていること、わたしがしゅであって、に、いつくしみと公平こうへい正義せいぎっているものであることをることがそれである。わたしはこれらのことよろこぶと、しゅわれる」。

    25 しゅわれる、「よ、このようなる。そのには、割礼かつれいをうけても、こころ割礼かつれいをうけていないすべてのひとをわたしはばっする。

    26 エジプト、ユダ、エドム、アンモンの人々ひとびと、モアブ、およびにいて、かみのすみずみをそる人々ひとびとはそれである。これらのくにびとはみな割礼かつれいをうけていないものであり、イスラエルの全家ぜんかもみなこころ割礼かつれいをうけていないものである」。