エレミヤ書13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 しゅはわたしにこうわれた、「って、亜麻あまぬのおびい、こしむすべ。みずにつけてはならない」。

    2 そこで、わたしはしゅ言葉ことばしたがい、おびってこしむすんだ。

    3 しゅ言葉ことばは、ふたたびわたしにのぞんでった、

    4 「あなたがってこしむすんでいるおびり、ってユフラテのかわき、そのところいわにこれをかくせ」。

    5 わたしはしゅめいじられたように、って、これをユフラテのかわのほとりにかくした。

    6 おおくのてのち、しゅはわたしにわれた、「って、ユフラテのかわき、あなたにめいじて、そこにかくさせたおびをそのところからってきなさい」。

    7 そこでわたしはユフラテのかわき、って、かくしたところからおびしたが、そのおびはそこなわれて、やくたなくなっていた。

    8 そのときしゅ言葉ことばがわたしにのぞんだ、

    9 しゅはこうおおせられる、これとおなじように、わたしはユダのたかぶりとエルサレムのおおいなるたかぶりを、やぶるのである。

    10 このしきたみはわたしの言葉ことばくことをこばみ、自分じぶんこころ強情ごうじょうにしてあゆみ、また神々かみがみしたがってこれにつかえ、これをおがんでいる。かれらはこのおびのように、なんのやくにもたなくなる」。

    11 しゅわれる、「おびひとこしくように、イスラエルのすべてのいえとユダのすべてのいえとをわたしにかせ、これをわたしのたみとし、とし、ほまれとし、さかえとしようとした。しかしかれらはしたがおうともしなかった」。

    12 「あなたはこの言葉ことばかれらにかたらなければならない、『イスラエルのかみはこうわれる、さけつぼには、みなさけちる』と。かれらはあなたにうであろう、『さけつぼに、みなさけちることをわれわれがらないことがあろうか』と。

    13 そのとき、あなたはかれらにわなければならない、『しゅはこうわれる、よ、わたしはこのむすべてのものと、ダビデのくらいおうたちと、祭司さいし預言者よげんしゃおよびエルサレムにむすべてのものいをたし、

    14 かれらをたがいててくだく。ちちをもそのようにすると、しゅわれる。わたしはかれらをあわれまず、しまず、かわいそうともおもわずにほろぼす』と」。

    15 みみかたむけてけ、たかぶってはならない、しゅがおかたりになるからである。

    16 しゅがまだやみをおこされないうちに、またあなたがたのあし薄暗うすくらがりのやまにつまずかないうちに、あなたがたのかみしゅ栄光えいこうせよ。さもないと、あなたがたがひかりのぞんでいるあいだに、しゅはそれを暗黒あんこくえ、それをくらやみとされるからである。

    17 もしあなたがたがかないならば、わたしのたましいはひそかなところで、あなたがたのたかぶりのためにかなしむ。またしゅれが、かすめられたために、わたしのはいたくいて、なみだながすのである。

    18 おう太后たいこうとにげよ、「あなたがたはひくにすわりなさい。うるわしいかんむりはすでにあなたがたのあたまからちてしまったからです」。

    19 ネゲブの町々まちまちざされて、これをひらひとがない。ユダはみなとらうつされる、ことごとくとらうつされる。

    20 をあげて、きたほうからくるものよ、あなたにたまわったれ、あなたのうるわしいれはどこにいるのか。

    21 かれらがあなたのしたしみれたひとたちを、あなたのうえててかしらとするとき、あなたはなにおうとするのか。あなたのくるしみは、おんなくるしみのようでないであろうか。

    22 あなたがこころのうちに、『どうしてこのようなことがわたしにったのか』というならば、あなたのつみおもいゆえに、あなたの着物きもののすそはあげられ、はずかしめをけるのだ。

    23 エチオピヤびとはその皮膚ひふえることができようか。ひょうはその斑点はんてんえることができようか。もしそれができるならば、あくれたあなたがたも、ぜんおこなうことができる。

    24 わたしはあなたがたをらし、かぜらされるもみがらのようにする。

    25 しゅわれる、これがあなたにさづけられたさだめ、わたしがはかってあなたにあたえるぶんである。あなたがわたしをわすれて、いつわりをたのみとしたからだ。

    26 わたしはまたあなたの着物きもののすそをかおまであげて、あなたのはじをあらわす。

    27 わたしはあなたのにくむべきおこない、あなたの姦淫かんいんと、いななき、おかうえおこなったあなたのみだらなおこないをた。エルサレムよ、あなたはわざわいだ、あなたのきよめられるのはいつのことであろうか」。