聖典
エレミヤ書37
戻る 次へ

第37章

1 ヨシヤのゼデキヤはエホヤキムのコニヤにかわっておうとなった。バビロンのおうネブカデレザルがかれをユダのおうとしたのである。

2 かれもその家来けらいたちも、その人々ひとびとも、しゅ預言者よげんしゃエレミヤによってかたられた言葉ことばしたがわなかった。

3 ゼデキヤおうはセレミヤのユカルと、マアセヤの祭司さいしゼパニヤを預言者よげんしゃエレミヤにつかわして、「われわれのために、われわれのかみしゅいのってください」とわせた。

4 エレミヤはたみなか出入でいりしていた。まだ獄屋ごくやれられなかったからである。

5 パロの軍勢ぐんぜいがエジプトからたので、エルサレムをかこんでいたカルデヤびとはその情報じょうほういてエルサレムを退しりぞいた。

6 そのときしゅ言葉ことば預言者よげんしゃエレミヤにのぞんだ、

7 「イスラエルのかみしゅはこうわれる、あなたがたをつかわしてわたしにもとめたユダのおうにこういなさい、『あなたがたをすくうためにてきたパロの軍勢ぐんぜいはそのくにエジプトにかえろうとしている。

8 カルデヤびとがふたたてこのまちめてたたかい、これをってほろぼす。

9 しゅはこうわれる、あなたがたは、「カルデヤびとはきっとわれわれをはなる」といって自分じぶんあざむいてはならない。かれらはることはない。

10 たといあなたがたが自分じぶんめてたたかうカルデヤびとのぜんぐんやぶって、その天幕てんまくのうちに負傷ふしょうもののみをのこしても、かれらはがってでこのまちほろぼす』」。

11 さてカルデヤびとの軍勢ぐんぜいがパロの軍勢ぐんぜいるのをいてエルサレムを退しりぞいたとき、

12 エレミヤは、ベニヤミンのたみのうちに自分じぶんまえるため、エルサレムをってそのこうと、

13 ベニヤミンのもんいたとき、そこにハナニヤのセレミヤのでイリヤという番兵ばんぺいがいて、預言者よげんしゃエレミヤをとらえ、「あなたはカルデヤびとのがわ脱走だっそうしようとしている」とった。

14 エレミヤはった、「それはまちがいだ。わたしはカルデヤびとのがわ脱走だっそうしようとしていない」。しかしイリヤはかず、エレミヤをとらえて、つかさたちのもとへいてった。

15 つかさたちはいかって、エレミヤをちたたき、書記しょきヨナタンのいえ獄屋ごくやにいれた。このいえ獄屋ごくやになっていたからである。

16 エレミヤが地下ちか獄屋ごくやにはいって、そこにおおくのおくってのち、

17 ゼデキヤおうひとをつかわし、かれれてこさせた。おう自分じぶんいえでひそかにかれたずねてった、「しゅからなにかお言葉ことばがあったか」。エレミヤはあったとこたえた。そしてった、「あなたはバビロンのおうわたされます」。

18 エレミヤはまたゼデキヤおうった、「わたしが獄屋ごくやにいれられたのは、あなたに、またはあなたの家来けらいに、あるいはこのたみに、どのようなつみおかしたからなのですか。

19 あなたがたに預言よげんして、『バビロンのおうはあなたがたをも、このをもめにこない』とっていたあなたがたの預言者よげんしゃいまどこにいるのですか。

20 おうなるわがきみよ、どうぞいまきください。わたしのねがいをおきとどけください。わたしを書記しょきヨナタンのいえかえらせないでください。そうでないと、わたしはそこでころされるでしょう」。

21 そこでゼデキヤおうめいくだし、エレミヤを監視かんしにわれさせ、かつ、パンをつくものまちから毎日まいにちパン一かれあたえさせた。これはまちにパンがなくなるまでつづいた。こうしてエレミヤは監視かんしにわにいた。