聖典
エレミヤ書6
戻る 次へ

第6章

1 ベニヤミンの人々ひとびとよ、エルサレムのなかから避難ひなんせよ。テコアでラッパをき、ベテハケレムに合図あいずをあげよ。きたからわざわいのぞみ、おおいなるほろびがるからである。

2 わたしはうつくしい、たおやかなシオンのむすめほろぼす。

3 牧者ぼくしゃたちは、そのれをひきいてて、彼女かのじょめ、彼女かのじょ周囲しゅうい天幕てんまくる。れはおのおのそのところくさう。

4 たたかいをはじめ、彼女かのじょめよ。て、われわれは真昼まひる攻撃こうげきしよう」。「わざわいなるかな、ははやかたむき、夕日ゆうひかげながくなった」。

5 て、われわれはよるあいだ攻撃こうげきしよう、そして彼女かのじょのもろもろの宮殿きゅうでん破壊はかいしよう」。

6 万軍ばんぐんしゅはこうわれる、「あなたがたは彼女かのじょたおし、エルサレムにむかってるいきずけ。これはばつすべきまちである、そのうちにはただ圧制あっせいだけがある。

7 井戸いどあたらしいみずがわくように彼女かのじょはそのあくつねにあらたにながす。そのうちには暴虐ぼうぎゃく破滅はめつとがきこえる。わたしのまえやまいきずとがえない。

8 エルサレムよ、いましめをけいれよ。さもないと、わたしはあなたからはなれ、あなたをとし、ひとのないとする」。

9 万軍ばんぐんしゅはこうわれる、「ぶどうののこりをみとるように、イスラエルののこりのたみをのこらずれ。ぶどうをみとるひとのように、あなたのをふたたびそのえだばせ」。

10 わたしはだれにかたり、だれをいましめて、かせようか。よ、かれらのみみざされて、くことができない。よ、かれらはしゅ言葉ことばをあざけり、それをよろこばない。

11 それゆえ、わたしのにはしゅいかりがち、それをしのぶのに、うみつかれている。「それをちまたにいる子供こどもらと、あつまっているわか人々ひとびととにらせ。おっとつまも、いたひとも、としのひじょうにすすんだひととらえられ、

12 かれらのいえはたけつまとはとも他人たにんわたる。わたしがばして、このものつからである」としゅわれる。

13 「それはかれらが、ちいさいものからおおきいものまで、みな不正ふせいをむさぼり、また預言者よげんしゃから祭司さいしにいたるまで、みないつわりをおこなっているからだ。

14 かれらは、手軽てがるにわたしのたみきずをいやし、平安へいあんがないのに『平安へいあん平安へいあん』とっている。

15 かれらはにくむべきことをして、じたであろうか。すこしもずかしいとはおもわず、またじることをらなかった。それゆえかれらはたおれるものともたおれる。わたしがかれらをばっするとき、かれらはたおれる」としゅわれる。

16 しゅはこうわれる、「あなたがたはわかれみちって、よく、いにしえのみちにつき、みちがどれかをたずねて、そのみちあゆみ、そしてあなたがたのたましいのために、安息あんそくよ。しかしかれらはこたえて、『われわれはそのみちあゆまない』とった。

17 わたしはあなたがたのうえ見張みはりびとをて、『ラッパのおとをつけよ』とった。しかしかれらはこたえて、『われわれはをつけることはしない』とった。

18 それゆえ国々くにぐにたみよ、け。会衆かいしゅうよ、かれらにどのようなことがおこるかをれ。

19 よ、け。よ、わたしはこのたみわざわいをくだす。それはかれらのたくらみのである。かれらがわたしの言葉ことばをつけず、わたしのおきてをてたからである。

20 シバから、わたしのところ乳香にゅうこうとおくにから、菖蒲しょうぶるのはなんのためか。あなたがたの燔祭はんさいはわたしにはよろこばしくなく、あなたがたの犠牲ぎせいもうれしくはない。

21 それゆえしゅはこうわれる、『よ、わたしはこのたみまえにつまずくいしく、人々ひとびとちちともにそれにつまずき、となびともそのともほろびる』」。

22 しゅはこうわれる、「よ、たみきたくにからる、おおいなる国民こくみんはてからおこる。

23 かれらはゆみとやりをとる。かれらは残忍ざんにんで、あわれみがなく、うみのようなひびきをてる。シオンのむすめよ、かれらはうまり、いくさひとのようにをよろって、あなたをめる」。

24 われわれはそのうわさをいて、よわり、おんなのぞむようななやみとくるしみとにとらえられた。

25 はたけてはならない、またみちあるいてはならない。てきはつるぎをち、おそれが四方しほうにあるからだ。

26 わがたみむすめよ、荒布あらぬのにまとい、はいなかにまろび、ひとりうしなったときのように、かなしみ、いたくなげけ。ほろぼすものが、にわかにわれわれをおそうからだ。

27 「わたしはあなたをたみのうちにてて、ためすものこころみるものとした。あなたがかれらのみちり、それをためすことができるようにするためである。

28 かれらはみな、強情ごうじょう反逆者はんぎゃくしゃであって、あるきまわってひとをそしる。かれらは青銅せいどうてつであって、みないやしいことをおこなう。

29 ふいごははげしくき、なまりにとけてき、精錬せいれんはいたずらにすすむ。しきものがまだのぞかれないからである。

30 しゅかれらをてられたので、かれらはてられたぎんばれる」。