エレミヤ書19
    脚注
    Theme

    第19章

    1 しゅはこうわれる、「って、陶器とうきのびんをい、たみ長老ちょうろう年長ねんちょう祭司さいしのうちの数人すうにんともなって、

    2 瀬戸せとかけのもん入口いりぐちにあるベンヒンノムのたにき、そのところで、わたしがあなたにかた言葉ことばをのべて、

    3 いなさい、『ユダのおうたち、およびエルサレムにものよ、しゅ言葉ことばきなさい。万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうおおせられる、よ、わたしはわざわいをこのところくだす。おおよそ、そのわざわいのことをくもののみみ両方りょうほうともる。

    4 かれらがわたしをて、このところけがし、このところで、自分じぶん先祖せんぞたちもユダのおうたちもらなかった神々かみがみこうをたき、かつつみのないものを、このところたしたからである。

    5 またかれらはバアルのためにたかところきずき、をもって自分じぶんどもたちをき、燔祭はんさいとしてバアルにささげた。これはわたしのめいじたことではなく、さだめたことでもなく、またおもいもしなかったことである。

    6 しゅわれる、それゆえ、よ、このところをトペテまたはベンヒンノムのたにばないで、虐殺ぎゃくさつたにがくる。

    7 またわたしはこのところでユダとエルサレムのはかりごとをやぶり、つるぎをもって、かれらをそのてきまえと、そのいのちをもとめるものたおれさせ、またその死体したいそらとりけものものとし、

    8 かつ、このまちれすたれさせて、ひと舌打したうちされるものとする。そこをとおひとみなそのもろもろのわざわい身震みぶるいし、舌打したうちする。

    9 またかれらがそのてきとそのいのちもとめるものとにかこまれてくるしみなやとき、わたしはかれらに自分じぶんのむすこのにくむすめにくべさせる。かれらはまたたがいにそのともにくべるようになる』。

    10 そこで、あなたは、一緒いっしょ人々ひとびとまえで、そのびんをくだき、

    11 そしてかれらにいなさい、『万軍ばんぐんしゅはこうおおせられる、陶器とうきうつわをひとたびくだくならば、もはやもとのようにすることはできない。このようにわたしはこのたみとこのまちとをくだく。人々ひとびとはほかにほうむるべき場所ばしょがないために、トペテにほうむるであろう。

    12 しゅおおせられる、わたしはこのところと、ここにものとにこのようにし、このまちをトペテのようにする。

    13 エルサレムのいえとユダのおうたちのいえ、すなわちかれらがその屋上おくじょうてんしゅうぐんこうをたき、ほかの神々かみがみさけそそいだいえは、みなトペテのところのようにけがされる』」。

    14 エレミヤはしゅかれをつかわして預言よげんさせられたトペテからかえってきて、しゅいえにわち、すべてのたみった、

    15 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうおおせられる、よ、わたしは、このまちとそのすべての村々むらむらに、わたしのったもろもろのわざわいくだす。かれらが強情ごうじょうで、わたしの言葉ことばしたがおうとしないからである」。