エレミヤ書38
    脚注
    Theme

    第38章

    1 マッタンのシパテヤ、パシュルのゲダリヤ、セレミヤのユカル、マルキヤのパシュルはエレミヤがすべてのたみげていたその言葉ことばいた。

    2 かれった、「しゅはこうわれる、このまちにとどまるものは、つるぎや、ききんや、疫病えきびょうぬ。しかしてカルデヤびとにくだるものまぬかれる。すなわちそのいのち自分じぶんのぶんどりものとしてきることができる。

    3 しゅはこうわれる、このまちかならずバビロンのおう軍勢ぐんぜいわたされる。かれはこれをる」。

    4 すると、つかさたちはおうった、「このひところしてください。このような言葉ことばをのべて、このまちのこっている兵士へいしと、すべてのたみよわくしているからです。このひとたみ安泰あんたいもとめないで、そのわざわいもとめているのです」。

    5 ゼデキヤおうった、「よ、かれはあなたがたのにある。おうはあなたがたにさからって何事なにごとをもなしない」。

    6 そこでかれらはエレミヤをとらえ、監視かんしにわにある王子おうじマルキヤのあなれた。すなわち、つなをもってエレミヤをつりろしたが、そのあなにはみずがなく、どろだけであったので、エレミヤはどろなかしずんだ。

    7 おういえ宦官かんがんエチオピヤびとエベデメレクは、かれらがエレミヤをあなれたことをいた。そのときおうはベニヤミンのもんしていたので、

    8 エベデメレクはおういえからっておうった、

    9 おうなるわがきみよ、この人々ひとびと預言者よげんしゃエレミヤにしたことはみないことではありません。かれあなれました。まち食物しょくもつがなくなりましたから、かれはそこで餓死がしするでしょう」。

    10 おうはエチオピヤびとエベデメレクにめいじてった、「ここから三にんのひとをれてって、預言者よげんしゃエレミヤを、なないうちにあなからげなさい」。

    11 そこでエベデメレクはその人々ひとびとれておういえくら衣服いふくしつき、そこからふるぬのれや、ふるした着物きものり、これをあななかにいるエレミヤのところへ、つなをもってつりろした。

    12 そしてエチオピヤびとエベデメレクは、「このぬのれや着物きものを、あなたのわきのしたにはさんで、つなてなさい」とエレミヤにった。エレミヤはそのようにした。

    13 するとかれらはつなをもってエレミヤをあなからげた。そしてエレミヤは監視かんしにわにとどまった。

    14 ゼデキヤおうひとをつかわして預言者よげんしゃエレミヤをしゅみやだい三のもんれてこさせ、おうはエレミヤにった、「あなたにたずねたいことがある。何事なにごともわたしにかくしてはならない」。

    15 エレミヤはゼデキヤにった、「もしわたしがおはなするなら、あなたはかならずわたしをころされるではありませんか。たといわたしが忠告ちゅうこくをしても、あなたはおきにならないでしょう」。

    16 そのときゼデキヤおうは、ひそかにエレミヤにちかってった、「われわれのたましいつくられたしゅきておられる。わたしはあなたをころさない、またあなたのいのちもとめるものに、あなたをわたすこともしない」。

    17 そこでエレミヤはゼデキヤにった、「万軍ばんぐんかみ、イスラエルのかみしゅはこうおおせられる、もしあなたがバビロンのおうのつかさたちに降伏こうふくするならば、あなたのいのちたすかり、またこのまちかれることなく、あなたも、あなたのいえものきながらえることができる。

    18 しかし、もしあなたがてバビロンのおうのつかさたちに降伏こうふくしないならば、このまちはカルデヤびとのわたされる。かれらはでこれをく。あなたはそのをのがれることができない」。

    19 ゼデキヤおうはエレミヤにった、「わたしはカルデヤびとに脱走だっそうしたユダヤひとおそれている。カルデヤびとはわたしをかれらのわたし、かれらはわたしをはずかしめる」。

    20 エレミヤはった、「かれらはあなたをわたさないでしょう。どうか、わたしがあなたにげたしゅこえしたがってください。そうすればさいわい、またいのちたすかります。

    21 しかし降伏こうふくすることをこばむならば、しゅがわたしにしめされたまぼろしもうしましょう。

    22 すなわち、ユダのおういえのこっているおんなたちは、みなバビロンのおうのつかさたちのところいてかれます。そのおんなたちはうのです、『あなたのしたしいともだちがあなたをあざむいた、そしてあなたにった。いまあなたのあしどろしずんでいるので、かれらはあなたをててる』。

    23 あなたのつまたちと子供こどもたちはみなカルデヤびとのところへひきされる。あなた自身じしんもそのをのがれることができず、バビロンのおうとらえられる。そしてこのまちかれるでしょう」。

    24 ゼデキヤはエレミヤにった、「これらの言葉ことばひとらせてはならない。そうすればあなたはころされることはない。

    25 わたしがあなたとはなしをしたことを、つかさたちがいて、かれらがあなたのところて、『あなたがおうはなしたこと、おうがあなたにはなしたことをわれわれにげなさい。何事なにごとかくしてはならない。われわれはあなたをころしはしない』とうならば、

    26 あなたはかれらに、『わたしはおうねがって、わたしをヨナタンのいえおくかえさず、そこでぬことのないようにしてくださいとった』とこたえなさい」。

    27 さて、つかさたちはみなエレミヤのところへたずねたが、おうかれおしえたようにかれらにこたえたので、かれらはかれはなすことをやめた。その会話かいわいたものがなかったからである。

    28 エレミヤはエルサレムのられるまで監視かんしにわにとどまっていた。