エレミヤ書32
    脚注
    Theme

    第32章

    1 ユダのおうゼデキヤの十ねん、すなわちネブカデレザルの十八ねんに、しゅ言葉ことばがエレミヤにのぞんだ。

    2 そのとき、バビロンのおう軍勢ぐんぜいがエルサレムをかこんでいて、預言者よげんしゃエレミヤはユダのおう宮殿きゅうでんにある監視かんしにわのうちに監禁かんきんされていた。

    3 ユダのおうゼデキヤがかれめたのであるが、おうった、「なぜあなたは預言よげんしてうのか、『しゅはこうおおせられる、よ、わたしはこのまちをバビロンのおうわたし、かれはこれをる。

    4 またユダのおうゼデキヤはカルデヤびとのをのがれることなく、かならずバビロンのおうわたされ、かおかおわせてかれかたり、あいまみえる。

    5 そしてかれはゼデキヤをバビロンにいていき、ゼデキヤは、わたしがかれかえりみるときまで、そこにいるとしゅわれる。あなたがたは、カルデヤびととたたかってもつことはできない』と」。

    6 エレミヤはった、「しゅ言葉ことばがわたしにのぞんでわれる、

    7 よ、あなたのおじシャルムのハナメルがあなたのところう、「アナトテにあるわたしのはたけいなさい。それは、これをり、あがなう権利けんりがあなたにあるから」と』。

    8 はたしてしゅ言葉ことばのように、わたしのいとこであるハナメルが監視かんしにわのうちにいるわたしのところった、『ベニヤミンののアナトテにあるわたしのはたけってください。所有しょゆうするのも、あがなうのも、あなたの権利けんりなのです。ってあなたのものにしてください。これがしゅ言葉ことばであるのをわたしはっていました』。

    9 そこでわたしは、いとこのハナメルからアナトテにあるはたけり、ぎん十七シケルをはかってかれ支払しはらった。

    10 すなわち、わたしはその証書しょうしょをつくって、これに記名きめいし、それを封印ふういんし、証人しょうにんて、はかりをもってぎんはかってあたえた。

    11 そしてわたしはその約定やくじょうをしるして封印ふういんした買収ばいしゅう証書しょうしょと、封印ふういんのないうつしとをり、

    12 いとこのハナメルと、買収ばいしゅう証書しょうしょ記名きめいした証人しょうにんたち、および監視かんしにわにすわっているすべてのユダヤひとまえで、その証書しょうしょをマアセヤのであるネリヤのバルクにあたえ、

    13 かれらのまえで、わたしはバルクにめいじてった、

    14 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうおおせられる、これらの証書しょうしょすなわち、この買収ばいしゅう証書しょうしょ封印ふういんしたものと、封印ふういんのないうつしとをり、これらをつちうつわれて、なが保存ほぞんせよ。

    15 万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみがこうわれるからである、「この人々ひとびとはまたいえはたけとぶどうはたけうようになる」と』。

    16 わたしは買収ばいしゅう証書しょうしょをネリヤのバルクにわたしたあとでしゅいのってった、

    17 『ああしゅなるかみよ、あなたはおおいなるちからと、べたうでをもっててんをおつくりになったのです。あなたのできないことは、ひとつもありません。

    18 あなたはいつくしみを千万にんほどこし、またちちつみをそののちの子孫しそんむくいられるのです。あなたはおおいなる全能ぜんのうかみでいらせられ、その万軍ばんぐんしゅもうされます。

    19 あなたのはかりごとはおおきく、また、ことおこなうのにちからがあり、あなたの人々ひとびとあゆむすべてのみちて、おのおののみちにしたがい、そのおこないのによってこれにむくいられます。

    20 あなたは、しるしと、不思議ふしぎなわざとをエジプトのおこない、また今日こんにちいたるまでイスラエルとぜん人類じんるいのうちにおこない、そして今日こんにちのようにをあげられました。

    21 あなたは、しるしと、不思議ふしぎなわざと、つよと、べたうでと、おおいなるおそるべきことをもって、あなたのたみイスラエルをエジプトのからみちびし、

    22 このかれらにたまわりました。これはあなたがかれらの先祖せんぞたちにあたえようとちかわれたちちみつながれるです。

    23 こうしてかれらは、はいってこれをたのですが、あなたのこえしたがわず、あなたの律法りっぽうおこなわず、すべてあなたがせよとめいじられたことをしなかったので、あなたはこのわざわいかれらのうえにおくだしになりました。

    24 よ、るいきずきあげられたのは、このまちるためです。つるぎと、ききんと、疫病えきびょうのために、まちはこれをめているカルデヤびとのわたされます。あなたのわれたようになりましたのは、ごらんのとおりであります。

    25 しゅなるかみよ、あなたはわたしにわれました、「ぎんをもってはたけい、証人しょうにんてよ」と。そうであるのに、まちはカルデヤびとのわたされています』」。

    26 しゅ言葉ことばがエレミヤにのぞんだ、

    27 よ、わたしはしゅである、すべていのちあるものかみである。わたしにできないことがあろうか。

    28 それゆえ、しゅはこうわれる、よ、わたしはこのまちをカルデヤびとと、バビロンのおうネブカデレザルのわたす。かれはこれをる。

    29 このまちめているカルデヤびとがきて、このまちをつけてはらう。屋根やねうえ人々ひとびとが、バアルにこうをたき、ほかの神々かみがみさけをそそいで、わたしをいからせたそのいえをもかれらはく。

    30 それは、イスラエルの人々ひとびととユダの人々ひとびととは、そのわかときから、わたしのまえわるいことのみをおこない、またイスラエルのたみはそののわざをもって、わたしをいからせることばかりをしたからであるとしゅわれる。

    31 このまちはそれがったからきょうまで、わたしのいかりといきどおりとをひきおこしてきたので、わたしのまえからこれをのぞるのである。

    32 それは、イスラエルのたみとユダのたみとが、もろもろのあくって、わたしをいからせたことによるのである。——かれらのおうたちと、そのつかさたち、祭司さいしたち、預言者よげんしゃたち、またユダの人々ひとびととエルサレムの住民じゅうみんたちがみなそうである。

    33 かれらはその背中せなかをわたしにけてかおをわたしにけず、わたしがたゆまずおしえたにもかかわらず、かれらはおしえかず、またうけないのである。

    34 かれらはにくむべきものを、わがをもってばれているいえにすえつけて、そこをけがし、

    35 またベンヒンノムのたににバアルのたかところきずいて、むすこむすめをモレクにささげた。わたしはかれらにこのようなことをめいじたことはなく、またかれらがこのにくむべきことをって、ユダにつみおかさせようとはかんがえもしなかった。

    36 それゆえいまイスラエルのかみしゅは、このまち、すなわちあなたがたが、『つるぎと、ききんと、疫病えきびょうのためにバビロンのおうわたされる』といっているまちについてこうおおせられる、

    37 よ、わたしは、わたしのいかりといきどおりとおおいなるいかりをもって、かれらをいやったもろもろのくにからかれらをあつめ、このところみちびきかえって、やすらかにまわせる。

    38 そしてかれらはわたしのたみとなり、わたしはかれらのかみとなる。

    39 わたしはかれらに一つのこころと一つのみちあたえてつねにわたしをおそれさせる。これはかれらがかれ自身じしんとそののち子孫しそんさいわいるためである。

    40 わたしはかれらと永遠えいえん契約けいやくてて、かれらを見捨みすてずにめぐみをほどこすことをちかい、またわたしをおそれるおそれをかれらのこころいて、わたしをはなれることのないようにしよう。

    41 わたしはかれらにめぐみをほどこすことをよろこびとし、こころをつくし、精神せいしんをつくし、真実しんじつをもってかれらをこのえる。

    42 しゅはこうおおせられる、わたしがこのもろもろのおおきなわざわいをこのたみくだしたように、わたしがかれらに約束やくそくするもろもろのさいわいかれらのうえくだす。

    43 人々ひとびとはこのはたけうようになる。あなたがたが、『それはれてひとけものもいなくなり、カルデヤびとのわたされてしまう』といっているである。

    44 人々ひとびとはベニヤミンのと、エルサレムの周囲しゅういと、ユダの町々まちまちと、山地さんち町々まちまちと、平地へいち町々まちまちと、ネゲブの町々まちまちで、ぎんをもってはたけい、証書しょうしょをつくって、これに記名きめい封印ふういんし、また証人しょうにんてる。それは、わたしがかれらをふたたさかえさせるからであるとしゅわれる」。