エレミヤ書11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 しゅからエレミヤにのぞんだ言葉ことばう、

    2 「この契約けいやく言葉ことばき、ユダの人々ひとびととエルサレムにものげよ。

    3 かれらにえ、イスラエルのかみしゅはこうおおせられる、この契約けいやく言葉ことばしたがわないひとは、のろわれる。

    4 この契約けいやくは、わたしがあなたがたの先祖せんぞをエジプトのてつのかまどのなかからみちびしたときに、かれらにめいじたところのものである。すなわち、そのときわたしはかれらにった、わたしのこえき、あなたがたにめいじるすべてのことをおこなうならば、あなたがたはわたしのたみとなり、わたしはあなたがたのかみとなる。

    5 そして、わたしがあなたがたの先祖せんぞに、ちちみつとのながれるあたえるとちかったことを、なしげると。すなわち今日こんにちのとおりである」。そのときわたしは、「しゅよ、おおせのとおりです」とこたえた。

    6 しゅはわたしにわれた、「このすべての言葉ことばを、ユダの町々まちまちと、エルサレムのちまたにしめし、この契約けいやく言葉ことばき、これをおこなえ、といなさい。

    7 わたしは、あなたがたの先祖せんぞをエジプトのからみちびしたときから今日こんにちにいたるまで、おごそかにかれらをいましめ、えずいましめて、わたしのこえしたがうようにとった。

    8 しかしかれらはしたがわず、そのみみかたむけず、おのおの自分じぶんわる強情ごうじょうこころしたがってあゆんだ。それゆえ、わたしはこの契約けいやく言葉ことばをもってかれらをめた。これはわたしがかれらにおこなえとめいじたが、おこなわなかったものである」。

    9 しゅはまたわたしにわれた、「ユダの人々ひとびととエルサレムにもののうちに反逆はんぎゃくことがある。

    10 かれらは、わたしの言葉ことばくことをこばんだその先祖せんぞたちのつみかえり、またほかの神々かみがみしたがってそれにつかえた。イスラエルのいえとユダのいえとは、わたしがその先祖せんぞたちとむすんだ契約けいやくやぶった。

    11 それゆえしゅはこうわれる、よ、わたしはわざわいかれらのうえくだす。かれらはそれをまぬかれることはできない。かれらがわたしをんでも、わたしはかない。

    12 ユダの町々まちまちとエルサレムにものは、って、自分じぶんたちがそれにこうをたいている神々かみがみもとめるが、これらは、かれらのわざわいときにもけっしてかれらをすくうことはできない。

    13 ユダよ、あなたの神々かみがみは、あなたのまちかずほどおおくなった。またあなたがたはエルサレムのちまたのかずほどの祭壇さいだんずべきもののためにてた。すなわちバアルにこうをたくための祭壇さいだんである。

    14 それゆえ、このたみのためにいのってはならない。またかれらのためにき、あるいはいのもとめてはならない。かれらがそのわざわいときに、わたしにばわっても、わたしはかれらにくことをしないからだ。

    15 わがあいするものは、わたしのいえなにをするのか。すでにこれは悪事あくじおこなった。誓願せいがん犠牲ぎせいにくとがあなたにわざわいまぬかれさせることができるであろうか。それであなたはよろこぶことができるであろうか。

    16 しゅはあなたを、かつては『のなるうつくしい青々あおあおとしたオリブの』とばれたが、はげしい暴風ぼうふうのとどろきとともに、しゅはそれにをかけ、そのえだはらわれるのである。

    17 あなたをえた万軍ばんぐんしゅは、あなたにかってわざわいわたされた。これはイスラエルのいえとユダのいえとがあくおこない、バアルにこうをたいて、わたしをいからせたからである」。

    18 しゅらせてくださったので、わたしはそれをった。そのとき、あなたはかれらのしきわざをわたしにしめされた。

    19 しかしわたしは、ほふられにく、おとなしい小羊こひつじのようで、かれらがわたしをがいしようと、はかりごとをめぐらしているのをらなかった。かれらはう、「さあ、とそのともほろぼそう。けるものからかれって、そのひとわすれさせよう」。

    20 ただしいさばきをし、ひとこころおもいをさぐられる万軍ばんぐんしゅよ、わたしは自分じぶんうったえをあなたにおまかせしました。あなたがかれらにあだをかえされるのをさせてください。

    21 それゆえしゅはアナトテの人々ひとびとについてこうわれる、かれらはあなたのいのちろうともとめてう、「しゅによって預言よげんしてはならない。それをするならば、あなたはわれわれのにかかってぬであろう」。

    22 それで万軍ばんぐんしゅはこうわれる、「よ、わたしはかれらをばっする。わかひとはつるぎでに、かれらのむすこむすめは、ききんでに、

    23 だれものこものはない。わたしがアナトテの人々ひとびとわざわいくだし、かれらをばっするとしをこさせるからである」。