エレミヤ書27
    脚注
    Theme

    第27章

    1 ユダのおうヨシヤのゼデキヤがおさはじめたころ、この言葉ことばしゅからエレミヤにのぞんだ。

    2 すなわちしゅはこうわたしにおおせられた、「つなと、くびきとをつくって、それをあなたのくびにつけ、

    3 エルサレムにいるユダのおうゼデキヤのところ使者ししゃたちによって、エドムのおう、モアブのおう、アンモンびとのおう、ツロのおう、シドンのおういおくりなさい。

    4 かれらの主君しゅくんにこのいのちつたえさせなさい、『万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみはこうおおせられる、あなたがたは主君しゅくんにこのようにげなければならない。

    5 わたしはおおいなるちからべたうでとをもって、うえにいるひとけものとをつくったものである。そしてこころのままにひとあたえる。

    6 いまわたしはこのすべてのくにを、わたしのしもべであるバビロンのおうネブカデネザルのあたえ、またけものをもかれあたえてかれつかえさせた。

    7 かれときがくるまで、万国民ばんこくみんかれとそのとそのまごつかえる。そのときがくるならば、おおくのくにおおいなるおうたちとがかれ自分じぶん奴隷どれいにする。

    8 バビロンのおうネブカデネザルにつかえず、バビロンのおうのくびきを自分じぶんくびわないたみくにとは、わたしがつるぎと、ききんと、疫病えきびょうをもってばっし、ついにはかれによってことごとくほろぼすとしゅわれる。

    9 それで、あなたがたの預言者よげんしゃうらなゆめみるものほうじゅつ魔法使まほうつかいが、「あなたがたはバビロンのおうつかえることはない」とっても、いてはならない。

    10 かれらはあなたがたにいつわりを預言よげんして、あなたがたを自分じぶんくにからとおはなれさせ、わたしに、あなたがたをしてあなたがたをほろぼさせるのである。

    11 しかしバビロンのおうのくびきをくびって、かれつかえる国民こくみんを、わたしはその故国ここくのこらせ、それをたがやして、そこにまわせるとしゅわれる』」。

    12 わたしはユダのおうゼデキヤにもおなじようにった、「あなたがたは、バビロンのおうのくびきを自分じぶんくびって、かれとそのたみとにつかえ、そしてきなさい。

    13 どうしてあなたと、あなたのたみとが、しゅがバビロンのおうつかえない国民こくみんについてわれたように、つるぎと、ききんと、疫病えきびょうんでよかろうか。

    14 あなたがたはバビロンのおうつかえることはないとあなたがたにげる預言者よげんしゃ言葉ことばいてはならない。かれらがあなたがたに預言よげんしていることはいつわりであるからだ。

    15 しゅわれる、わたしがかれらをつかわしたのではないのに、かれらはわたしのによっていつわって預言よげんしている。そのために、わたしはあなたがたをはらい、あなたがたと、あなたがたに預言よげんする預言者よげんしゃたちをほろぼすようになるのだ」。

    16 わたしはまた祭司さいしとこのすべてのたみとにかたってった、「しゅはこうおおせられる、『よ、しゅみやうつわいま、すみやかに、バビロンからかえされてくる』とあなたがたに預言よげんする預言者よげんしゃ言葉ことばいてはならない。それは、かれらがあなたがたに預言よげんしていることはいつわりであるからだ。

    17 かれらのいうことをいてはならない。バビロンのおうつかえ、そしてきなさい。どうしてこのまちとなってよかろうか。

    18 もしかれらが預言者よげんしゃであって、しゅ言葉ことばかれらのうちにあるのであれば、しゅみやとユダのおう宮殿きゅうでんとエルサレムとにのこされているうつわが、バビロンにうつされないように、万軍ばんぐんしゅに、とりなしをねがうべきだ。

    19 万軍ばんぐんしゅはしらうみだい、そのこのまちのこっているうつわについて、こうおおせられる。

    20 これはバビロンのおうネブカデネザルが、ユダのおうエホヤキムのエコニヤ、およびユダとエルサレムのすべての身分みぶんたっと人々ひとびととらえてエルサレムからバビロンにうつしたときに、らなかったうつわである。——

    21 すなわち万軍ばんぐんしゅ、イスラエルのかみは、しゅみやとユダのおう宮殿きゅうでんとエルサレムとにのこされているうつわについて、こうおおせられる。

    22 これらはバビロンにたずさかれ、わたしがかえりみるまでそこにおかれている。そののち、わたしはこれらのものを、このところたずさかえらせるとしゅわれる」。