聖典
エレミヤ書3
戻る 次へ

第3章

1 もしひとがそのつま離婚りこんし、おんなかれのもとをって、他人たにんつまとなるなら、そのひとはふたたび彼女かのじょかえるであろうか。そのおおいにけがれないであろうか。あなたはおおくの恋人こいびと姦淫かんいんおこなった。しかもわたしにかえろうというのか」としゅわれる。

2 をあげてもろもろのはだかやまよ、姦淫かんいんおこなわなかったところがどこにあるか。荒野あらのにいるアラビヤびとがするように、あなたはみちのかたわらにして恋人こいびとった。あなたは姦淫かんいん悪事あくじをもって、このけがした。

3 それゆえあめはとどめられ、はるあめらなかった。しかもあなたには遊女ゆうじょひたいがあり、すこしもじようとはしない。

4 いまあなたは、わたしをんでったではないか、『わがちちよ、あなたはわたしのわかときともです。

5 永久えいきゅういかられるのですか、おわりまでいきどおられるのですか』と。よ、あなたはこうったけれども、なしうるかぎりのもろもろのあくおこなった」。

6 ヨシヤおうときしゅはまたわたしにわれた、「あなたは、かの背信はいしんのイスラエルがしたことをたか。彼女かのじょはすべてのたかおかにのぼり、すべてのあおしたって、そこで姦淫かんいんおこなった。

7 わたしは、彼女かのじょがこのすべてをおこなったのち、わたしのところかえるであろうとおもったが、かえってこなかった。その不信ふしん姉妹しまいユダはこれをた。

8 わたしが背信はいしんのイスラエルを、そのすべての姦淫かんいんのゆえに、離縁りえんじょうあたえてしたのをユダはた。しかもその不信ふしん姉妹しまいユダはおそれず、自分じぶんって姦淫かんいんおこなった。

9 彼女かのじょにとって姦淫かんいんかるいことであったので、いしとに姦淫かんいんって、このけがした。

10 このすべてのことがあっても、なおその不信ふしん姉妹しまいユダは真心まごころをもってわたしにかえらない、ただいつわっているだけだ」としゅわれる。

11 しゅはまたわたしにわれた、「背信はいしんのイスラエルは不信ふしんのユダよりも自分じぶんつみすくないことをしめした。

12 あなたはってきたにむかい、この言葉ことばをのべてうがよい、『しゅわれる、背信はいしんのイスラエルよ、かえれ。わたしはいかりのかおをあなたがたにけない、わたしはいつくしみふかものである。いつまでもいかることはしないと、しゅわれる。

13 ただあなたは自分じぶんつみみとめ、あなたのかみしゅにそむいてすべてのあおしたことなる神々かみがみにあなたのあいしまずあたえたこと、わたしのこえしたがわなかったことをいあらわせと、しゅわれる。

14 しゅわれる、背信はいしんらよ、かえれ。わたしはあなたがたのおっとだからである。まちからひとり、氏族しぞくからふたりをって、あなたがたをシオンへれてこう。

15 わたしは自分じぶんこころにかなう牧者ぼくしゃたちをあなたがたにあたえる。かれらは知識ちしきさとりとをもってあなたがたをやしなう。

16 しゅわれる、あなたがたがしておおくなるとき、そのには、人々ひとびとはかさねて「しゅ契約けいやくはこ」とわず、これをおもさず、これをおぼえず、これをたずねず、これをつくらない。

17 そのときエルサレムはしゅのみくらいととなえられ、万国ばんこくたみはここにあつまる。すなわちしゅのもとにエルサレムにあつまり、かさねて、かたくなに自分じぶんわるこころしたがうことはしない。

18 そのには、ユダのいえはイスラエルのいえ一緒いっしょになり、きたからて、わたしがあなたがたの先祖せんぞたちにぎょうとしてあたえたともる。

19 どのようにして、あなたをわたしのどもたちのうちにき、万国ばんこくのうちでもっとうつくしいぎょうであるをあなたにあたえようかと、わたしはおもっていた。わたしはまた、あなたがわたしを「わがちち」とび、わたしにしたがってはなれることはないとおもっていた。

20 イスラエルのいえよ、背信はいしんつまおっとのもとをるように、たしかに、あなたがたはわたしにそむいた』としゅわれる」。

21 はだかやまうえこえきこえる、イスラエルのたみかなしみいのるのである。かれらがまがったみちあゆみ、そのかみしゅわすれたからだ。

22 背信はいしんどもたちよ、かえれ。わたしはあなたがたの背信はいしんをいやす」。「よ、われわれはあなたのもとにかえります。あなたはわれわれのかみしゅであらせられます。

23 まことに、もろもろのおかまよいであり、やまうえさわぎもおなじです。まことに、イスラエルのすくいはわれわれのかみしゅにあるのです。

24 しかし、われわれの幼少ようしょうときから、ずべきことが、われわれの先祖せんぞのほねおってたもの、すなわちそのひつじ、そのうし、およびそのむすこ、むすめたちをことごとくのみつくしました。

25 われわれははじなかし、はずかしめにおおわれています。それはわれわれと先祖せんぞとが、われわれの幼少ようしょうときから今日こんにちまで、われわれのかみしゅつみおかし、われわれのかみしゅこえしたがわなかったからです」。