聖典
    イザヤ書13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 アモツのイザヤにしめされたバビロンについての託宣たくせん

    2 あなたがたはのないやまはたて、こえをあげてかれらをまねき、ってかれらを貴族きぞくもんに、はいらせよ。

    3 わたしはわがいかりのさばきをおこなうために聖別せいべつしたものどもにめいじ、わが勇士ゆうし、わがほこものどもをまねいた。

    4 け、おおくのたみのようなさわこえ山々やまやまきこえる。け、もろもろの国々くにぐにりつどえるもろもろの国民こくみんのざわめくこえきこえる。これは万軍ばんぐんしゅたたかいのために軍勢ぐんぜいあつめられるのだ。

    5 かれらはとおくにから、てんはてからる。これは、しゅとそのいきどおりのうつわで、ぜんほろぼすためにるのだ。

    6 あなたがたはさけべ。しゅちかづき、ほろびが全能者ぜんのうしゃからるからだ。

    7 それゆえ、すべてのよわり、すべてのひとこころる。

    8 かれらはおそれおののき、くるしみとなやみにとらえられ、まんとするおんなのようにもだえくるしみ、たがいおどろき、かおあわせ、そのかおほのおのようになる。

    9 よ、しゅる。残忍ざんにんで、いきどおりとはげしいいかりとをもってこのあらし、そのなかからつみびとをほろぼすためにる。

    10 てんほしとその星座せいざとはそのひかりはなたず、太陽たいようてもくらく、つきはそのひかりかがやかさない。

    11 わたしはそのあくのためにばっし、その不義ふぎのためにわるものばっし、たかぶるものほこりをとどめ、あらぶるもの高慢こうまんひくくする。

    12 わたしはひとせいきんよりも、オフルのこがねよりもすくなくする。

    13 それゆえ、万軍ばんぐんしゅいきどおりにより、そのはげしいいかりのに、てんふるい、うごいて、そのところをはなれる。

    14 かれらはわれた、かもしかのように、あるいはあつめるもののないひつじのようになって、おのおの自分じぶんたみかえり、自分じぶんくにげてく。

    15 すべていだされるものされ、すべてとらえられるものはつるぎによってたおされ、

    16 かれらのみどりごはそのまえくだかれ、そのいえはかすめうばわれ、そのつまけがされる。

    17 よ、わたしは、しろがねをもかえりみず、こがねをもよろこばないメデアびとをおこして、かれらにむかわせる。

    18 かれらのゆみわかもの射殺いころし、はらをあわれむことなく、おさて、しむことがない。

    19 国々くにぐにほまれであり、カルデヤびとのほこりであるうるわしいバビロンは、かみほろぼされたソドム、ゴモラのようになる。

    20 ここにはながくものえ、世々よよにいたるまでみつくものがなく、アラビヤびともそこに天幕てんまくらず、羊飼ひつじかいもそこにれをさせることがない。

    21 ただ、けものがそこにし、ほえるけものがそのいえち、だちょうがそこにみ、鬼神きしんがそこにおどる。

    22 ハイエナはそのしろなかき、山犬やまいぬたのしい宮殿きゅうでんでほえる。そのときるのはちかい、そのびることがない。