聖典
    イザヤ書40
    脚注
    Theme

    第40章

    1 あなたがたのかみわれる、「なぐさめよ、わがたみなぐさめよ、

    2 ねんごろにエルサレムにかたり、これにばわれ、その服役ふくえきおわり、そのとがはすでにゆるされ、そのもろもろのつみのために二ばい刑罰けいばつしゅからけた」。

    3 ばわるものこえがする、「荒野あらのしゅみちそなえ、さばくに、われわれのかみのために、大路おおじをまっすぐにせよ。

    4 もろもろのたにたかくせられ、もろもろのやまおかとはひくくせられ、たかそこのあるたいらになり、けわしいところ平地へいちとなる。

    5 こうしてしゅ栄光えいこうがあらわれ、ひとみなともにこれをる。これはしゅくちかたられたのである」。

    6 こえきこえる、「ばわれ」。わたしはった、「なんとばわりましょうか」。「ひとはみなくさだ。そのうるわしさは、すべてはなのようだ。

    7 しゅいきがそのうえけば、くされ、はなはしぼむ。たしかにひとくさだ。

    8 くされ、はなはしぼむ。しかし、われわれのかみ言葉ことばはとこしえにかわることはない」。

    9 よきおとずれをシオンにつたえるものよ、たかやまにのぼれ。よきおとずれをエルサレムにつたえるものよ、つよこえをあげよ、こえをあげておそれるな。ユダのもろもろのまちえ、「あなたがたのかみよ」と。

    10 よ、しゅなるかみ大能たいのうをもってこられ、そのうでおさめる。よ、そのむくいはしゅともにあり、そのはたらきのむくいは、そのみまえにある。

    11 しゅ牧者ぼくしゃのようにそのれをやしない、そのかいなに小羊こひつじをいだき、そのふところにれてたずさえゆき、ちちませているものをやさしくみちびかれる。

    12 だれが、たなごころをもってうみをはかり、ゆびばしててんをはかり、のちりをますり、てんびんをもって、もろもろのやまをはかり、はかりをもって、もろもろのおかをはかったか。

    13 だれが、しゅれいみちびき、その相談役そうだんやくとなってしゅおしえたか。

    14 しゅはだれと相談そうだんしてさとりをたか。だれがしゅ公義こうぎみちおしえ、知識ちしきおしえ、さとりのみちしめしたか。

    15 よ、もろもろの国民こくみんは、おけのひとしずくのように、はかりのうえのちりのようにおもわれる。よ、しゅ島々しまじまを、ほこりのようにあげられる。

    16 レバノンは、たきぎにりない、またそのけものは、燔祭はんさいりない。

    17 しゅのみまえには、もろもろの国民こくみんきにひとしい。かれらはしゅによって、きもののように、むなしいもののようにおもわれる。

    18 それで、あなたがたはかみをだれとくらべ、どんなぞう比較ひかくしようとするのか。

    19 偶像ぐうぞう細工人さいくにんつくり、鍛冶かじが、きんをもって、それをおおい、また、これがためにぎんくさりつくる。

    20 まずしいものは、ささげものとしてちることのないえらび、たくみな細工人さいくにんもとめて、うごくことのないぞうたせる。

    21 あなたがたはらなかったか。あなたがたはかなかったか。はじめから、あなたがたにつたえられなかったか。もといをおいたときから、あなたがたはさとらなかったか。

    22 しゅ地球ちきゅうのはるかうえして、ものをいなごのようにられる。しゅてんまくのようにひろげ、これをむべき天幕てんまくのようにり、

    23 また、もろもろのきみきものとせられ、のつかさたちを、むなしくされる。

    24 かれらは、かろうじてえられ、かろうじてまかれ、そのみきがかろうじてをおろしたとき、かみがそのうえかれると、かれらはれて、わらのように、つむじかぜにまきられる。

    25 聖者せいじゃわれる、「それで、あなたがたは、わたしをだれにくらべ、わたしは、だれにひとしいというのか」。

    26 たかくあげて、だれが、これらのものを創造そうぞうしたかをよ。しゅかずをしらべて万軍ばんぐんをひきいだし、おのおのをそのばれる。そのいきおいのおおいなるにより、またそのちからつよきがゆえに、一つもけることはない。

    27 ヤコブよ、なにゆえあなたは、「わがみちしゅかくれている」とうか。イスラエルよ、なにゆえあなたは、「わがうったえはわがかみかえりみられない」とうか。

    28 あなたはらなかったか、あなたはかなかったか。しゅはとこしえのかみはて創造者そうぞうしゃであって、よわることなく、またつかれることなく、その知恵ちえははかりがたい。

    29 よわったものにはちからあたえ、いきおいのないものにはつよさをくわえられる。

    30 ねんわかものよわり、かつつかれ、壮年そうねんものつかれはててたおれる。

    31 しかししゅのぞものあらたなるちから、わしのようにつばさをはって、のぼることができる。はしってもつかれることなく、あるいてもよわることはない。