聖典
    イザヤ書8
    脚注
    Theme

    第8章

    1 しゅはわたしにわれた、「一まいおおきなふだって、そのうえ普通ふつう文字もじで、『マヘル・シャラル・ハシ・バズ』ときなさい」。

    2 そこで、わたしはたしかな証人しょうにんとして、祭司さいしウリヤおよびエベレキヤのゼカリヤをてた。

    3 わたしが預言者よげんしゃつまちかづくと、彼女かのじょはみごもっておとこんだ。そのときしゅはわたしにわれた、「そのをマヘル・シャラル・ハシ・バズとびなさい。

    4 それはこのがまだ『おとうさん、おかあさん』とぶことをらないうちに、ダマスコのとみと、サマリヤのぶんどりひんとが、アッスリヤおうまえうばられるからである」。

    5 しゅはまたかさねてわたしにわれた、

    6 「このたみはゆるやかにながれるシロアのみずてて、レヂンとレマリヤのまえおそれくじける。

    7 それゆえよ、しゅいきおいたけく、みなぎりわたる大川おおかわみずかれらにむかってせきれられる。これはアッスリヤのおうと、そのもろもろの威勢いせいとであって、そのすべての支流しりゅうにはびこり、すべてのきしえ、

    8 ユダにながり、あふれみなぎって、くびにまでおよぶ。インマヌエルよ、そのひろげたつばさはあまねく、あなたのくにちわたる」。

    9 もろもろのたみよ、やぶられて、おどろきあわてよ。とお国々くにぐにのものよ、みみかたむけよ。こしおびして、おどろきあわてよ。こしおびして、おどろきあわてよ。

    10 ともにはかれ、しかし、らない。言葉ことばせ、しかし、おこなわれない。かみがわれわれとともにおられるからである。

    11 しゅつよいみをもって、わたしをとらえ、わたしにかたり、このたみみちあゆまないように、さとしてわれた、

    12 「このたみがすべて陰謀いんぼうととなえるものを陰謀いんぼうととなえてはならない。かれらのおそれるものをおそれてはならない。またおののいてはならない。

    13 あなたがたは、ただ万軍ばんぐんしゅせいとして、かれをかしこみ、かれおそれなければならない。

    14 しゅはイスラエルの二つのいえには聖所せいじょとなり、またさまたげのいし、つまずきのいわとなり、エルサレムの住民じゅうみんにはあみとなり、わなとなる。

    15 おおくのものはこれにつまずき、かつたおれ、やぶられ、わなにかけられ、とらえられる」。

    16 わたしは、あかしを一つにまとめ、おしえをわが弟子でしたちのうちにふうじておこう。

    17 しゅはいま、ヤコブのいえに、みかおをかくしておられるとはいえ、わたしはそのしゅち、しゅのぞみまつる。

    18 よ、わたしと、しゅのわたしにたまわったたちとは、シオンのやまにいます万軍ばんぐんしゅからあたえられたイスラエルのしるしであり、まえぶれである。

    19 人々ひとびとがあなたがたにむかって「さえずるように、ささやくようにかた巫子みこおよび魔術者まじゅつしゃもとめよ」というときたみ自分じぶんたちのかみもとむべきではないか。けるもののためにんだものもとめるであろうか。

    20 ただおしえとあかしとにもとめよ。まことにかれらはこの言葉ことばによってかたるが、そこには夜明よあけがない。

    21 かれらはしえたげられ、えてくになかあるく。そのえるときいかりをはなち、自分じぶんたちのおう自分じぶんたちのかみをのろい、かつそのかおてんける。

    22 またると、よ、なやみとくらきと、くるしみのやみとがあり、かれらは暗黒あんこくいやられる。