聖典
    イザヤ書14
    脚注
    Theme

    第14章

    1 しゅはヤコブをあわれみ、イスラエルをふたたえらんで、これをおのれのかれる。異邦人いほうじんはこれにくわわって、ヤコブのいえむすびつらなり、

    2 もろもろのたみかれらをれてそのところみちびいてる。そしてイスラエルのいえは、しゅかれらを男女だんじょ奴隷どれいとし、さきに自分じぶんたちを捕虜ほりょにしたもの捕虜ほりょにし、自分じぶんたちをしえたげたものおさめる。

    3 しゅがあなたの苦労くろう不安ふあんとをのぞき、またあなたがふくした苦役くえきのぞいて、安息あんそくをおあたえになるとき、

    4 あなたはこのあざけりのうたをとなえ、バビロンのおうをののしってう、「あの、しえたげるものまったえてしまった。あの、おごるものまったえてしまった。

    5 しゅわるもののつえと、つかさびとのしゃくられた。

    6 かれらはいきどおりをもってもろもろのたみえずってはち、いかりをもってもろもろのくにおさめても、そのしえたげをとどめるものがなかった。

    7 ぜんはやすみをおだやかになり、ことごとくこえをあげてうたう。

    8 いとすぎおよびレバノンの香柏こうはくでさえもあなたのゆえによろこんでう、『あなたはすでにたおれたので、もはや、きこりがのぼってきて、われわれをめることはない』。

    9 した陰府よみはあなたのためにうごいて、あなたのるのをむかえ、のもろもろの指導者しどうしゃたちの亡霊ぼうれいをあなたのためにおこし、国々くにぐにのもろもろのおうをその王座おうざからちあがらせる。

    10 かれらはみなあなたにげてう、『あなたもまたわれわれのようによわくなった、あなたもわれわれとおなじようになった』。

    11 あなたの栄華えいがとあなたのこと陰府よみちてしまった。うじはあなたのしたかれ、みみずはあなたをおおっている。

    12 黎明れいめいけの明星みょうじょうよ、あなたはてんからちてしまった。もろもろのくにたおしたものよ、あなたはられてたおれてしまった。

    13 あなたはさきにこころのうちにった、『わたしはてんにのぼり、わたしの王座おうざたかかみほしうえにおき、きたはてなる集会しゅうかいやまし、

    14 くものいただきにのぼり、いとたかもののようになろう』。

    15 しかしあなたは陰府よみおとされ、あな奥底おくそこれられる。

    16 あなたをものはつくづくあなたを、あなたにをとめてう、『このひとふるわせ、国々くにぐにうごかし、

    17 世界せかい荒野あらののようにし、その都市としをこわし、とらえたものをそのいえかえさなかったものであるのか』。

    18 もろもろのくにおうたちはみなたっといさまで、自分じぶんはかねむる。

    19 しかしあなたはみきらわれるつきらぬのようにはかのそとにてられ、つるぎでころされたものでおおわれ、みつけられる死体したいのようにあないしくだる。

    20 あなたは自分じぶんくにほろぼし、自分じぶんたみころしたために、かれらとともほうむられることはない。どうか、あくおこなもの子孫しそんはとこしえにばれることのないように。

    21 先祖せんぞのよこしまのゆえに、その子孫しそんのためにほふりそなえよ。これはかれらがってり、世界せかいのおもてに町々まちまちたすことのないためである」。

    22 万軍ばんぐんしゅわれる、「わたしはってかれらをめ、バビロンからそのと、のこれるもの、そのまごとをほろぼす、としゅう。

    23 わたしはこれをはりねずみのすみかとし、みずいけとし、ほろびのほうきをもって、これをはらのぞく、と万軍ばんぐんしゅう」。

    24 万軍ばんぐんしゅちかってわれる、「わたしがおもったようにかならり、わたしがさだめたようにかならつ。

    25 わたしはアッスリヤびとをわがやぶり、わが山々やまやまかれみにじる。こうしてかれいたくびきはイスラエルびとからはなれ、かれわせた重荷おもにはイスラエルびとのかたからはなれる」。

    26 これはぜんについてさだめられた計画けいかくである。これは国々くにぐにうえばされたである。

    27 万軍ばんぐんしゅさだめられるとき、だれがそれをすことができるのか。そのばされるとき、だれがそれをきもどすことができるのか。

    28 アハズおうんだねんにこの託宣たくせんがあった、

    29 「ペリシテのぜんよ、あなたをったむちがられたことをよろこんではならない。へびのからまむしが、そのびかけるへびとなるからだ。

    30 いとまずしいものしょくとぼしいものやすらかにす。しかし、わたしはききんをもってあなたの子孫しそんころし、あなたののこれるものほろぼす。

    31 もんよ、きわめけ。まちよ、さけべ。ペリシテのぜんよ、おそれのあまりえうせよ、きたからけむりるからだ。その隊列たいれつからは、ひとりも脱落だつらくするものはない」。

    32 そのくに使者ししゃたちになんとこたえようか。「しゅはシオンのもといをおかれた、そのたみくるしむものはこのなかどころる」とこたえよ。