聖典
イザヤ書24
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第24章

1 よ、しゅはこのをむなしくし、これをれすたれさせ、これをくつがえして、そのたみらされる。

2 そして、そのたみ祭司さいしもひとしく、しもべも主人しゅじんもひとしく、はしためも主婦しゅふもひとしく、ものものもひとしく、ものりるものもひとしく、債権者さいけんしゃ債務者さいむしゃもひとしく、このことにあう。

3 まったくむなしくされ、まったくかすめられる。しゅがこの言葉ことばげられたからである。

4 かなしみ、おとろえ、はしおれ、おとろえ、てんともにしおれはてる。

5 はそのたみしたけがされた。これはかれらが律法りっぽうにそむき、さだめをおかし、とこしえの契約けいやくやぶったからだ。

6 それゆえ、のろいはをのみつくし、そこにものはそのつみくるしみ、またたみかれて、わずかのもののこされる。

7 あたらしいぶどうしゅかなしみ、ぶどうはしおれ、こころたのしいものもみななげく。

8 つづみおとしずまり、よろこものさわぎはやみ、こともまたしずまった。

9 かれらはもはやうたをうたってさけまず、さけはこれをものにがくなる。

10 混乱こんらんせるまちやぶられ、すべてのいえざされて、はいることができない。

11 ちまたにはさけ不足ふそくのためにさけこえがあり、すべてのよろこびはくらくなり、たのしみはいやられた。

12 まちにはれすたれたところのみのこり、そのもんもこわされてやぶれた。

13 のうちで、もろもろのたみのなかでのこるものは、オリブのたれたのちのように、ぶどうの収穫しゅうかくおわったのちにそののこりをあつめるときのようになる。

14 かれらはこえをあげてよろこうたう。しゅ威光いこうのゆえに、西にしからよろこばわる。

15 それゆえ、ひがししゅをあがめ、海沿うみぞいの国々くにぐにでイスラエルのかみしゅをあがめよ。

16 われわれははてから、さんびのうたいた、「栄光えいこうただしいものにある」と。しかし、わたしはう、「わたしはやせおとろえる、わたしはやせおとろえる、わたしはわざわいだ。あざむものはあざむき、あざむものは、はなはだしくあざむく」。

17 ものよ、おそれと、おとあなと、わなとはあなたのうえにある。

18 おそれのこえをのがれるものおとあなおちいり、おとあなからものはわなにとらえられる。てんまどひらけ、もといふるうごくからである。

19 まったくだけ、け、はげしくふるい、

20 いどれのようによろめき、かり小屋こやのようにゆりうごく。そのとがはそのうえおもく、ついにたおれてふたたきあがることはない。

21 そのしゅてんにおいて、てん軍勢ぐんぜいばっし、うえで、のもろもろのおうばっせられる。

22 かれらは囚人しゅうじんつちろうのなかあつめられるようにあつめられて、獄屋ごくやなかざされ、おおくののちばっせられる。

23 こうして万軍ばんぐんしゅがシオンのやまおよびエルサレムでおさめ、かつその長老ちょうろうたちのまえにその栄光えいこうをあらわされるので、つきはあわて、じる。