聖典
イザヤ書56
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第56章

1 しゅはこうわれる、「あなたがたは公平こうへいまもって正義せいぎおこなえ。わがすくいるのはちかく、わがたすけのあらわれるのがちかいからだ。

2 安息日あんそくにちまもって、これをけがさず、そのをおさえて、しきことをせず、このようにおこなひと、これをかたまもひとはさいわいである」。

3 しゅつらなっている異邦人いほうじんってはならない、「しゅかならずわたしをそのたみからかたれる」と。宦官かんがんもまたってはならない、「よ、わたしはだ」と。

4 しゅはこうわれる、「わが安息日あんそくにちまもり、わがよろこぶことをえらんで、わが契約けいやくかたまも宦官かんがんには、

5 わがいえのうちで、わがかきのうちで、むすこにもむすめにもまさる記念きねんのしるしとあたえ、えることのない、とこしえのあたえる。

6 またしゅつらなり、しゅつかえ、しゅあいし、そのしもべとなり、すべて安息日あんそくにちまもって、これをけがさず、わが契約けいやくかたまも異邦人いほうじんは——

7 わたしはこれをわがせいなるやまにこさせ、わがいのりいえのうちでたのしませる、かれらの燔祭はんさい犠牲ぎせいとは、わが祭壇さいだんうえけいれられる。わがいえはすべてのたみいのりいえととなえられるからである」。

8 イスラエルのいやられたものあつめられるしゅなるかみはこうわれる、「わたしはさらにひとあつめて、すでにあつめられたものくわえよう」と。

9 のすべてのけものよ、はやしにおるすべてのけものよ、らえ。

10 見張みはりにんらはみなしいで、ることがなく、みな、おしのいぬで、ほえることができない。みなゆめみるものしているもの、まどろむことをこのものだ。

11 このいぬどもは強欲ごうよくで、くことをらない。かれらはまたさとることのできない牧者ぼくしゃで、みなおのがみちにむかいゆき、おのおのみな、おのれのもとめる。

12 かれらはたがいう、「さあ、われわれはさけれ、さけをあびるほどもう。あすも、きょうのようであるだろう、すばらしいだ」と。