聖典
イザヤ書62
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第62章

1 シオンの朝日あさひかがやきのようにあらわれいで、エルサレムのすくいえるたいまつのようになるまで、わたしはシオンのためにもくせず、エルサレムのためにやすまない。

2 もろもろのくにはあなたの、もろもろのおうみなあなたのさかえをる。そして、あなたはしゅくちさだめられるあたらしいをもってとなえられる。

3 また、あなたはしゅにあるうるわしいかんむりとなり、あなたのかみにあるおうかんむりとなる。

4 あなたはもはや「てられたもの」とわれず、あなたのはもはや「れたもの」とわれず、あなたは「わがよろこびは彼女かのじょにある」ととなえられ、あなたのは「配偶はいぐうあるもの」ととなえられる。しゅはあなたをよろこばれ、あなたの配偶はいぐうるからである。

5 わかもの処女しょじょをめとるようにあなたのらはあなたをめとり、花婿はなむこ花嫁はなよめよろこぶようにあなたのかみはあなたをよろこばれる。

6 エルサレムよ、わたしはあなたの城壁じょうへきうえ見張みはりにんをおいて、ひるよるもたえず、もだすことのないようにしよう。しゅおもされることをもとめるものよ、みずからやすんではならない。

7 しゅがエルサレムをかたてて、ぜんほまれさせられるまで、おやすみにならぬようにせよ。

8 しゅはそのみぎをさし、大能たいのうのかいなをさしてちかわれた、「わたしはふたたびあなたの穀物こくもつをあなたのてきあたえてべさせない。また、あなたがろうしてたぶどうしゅ異邦人いほうじんあたえてませない。

9 しかし、穀物こくもつれたものはこれをべてしゅをほめたたえ、ぶどうをあつめたものはわが聖所せいじょにわでこれをむ」。

10 もんとおってけ、とおってけ。たみみちそなえよ。つちり、つちって大路おおじもうけよ。いしりのけ。もろもろのたみうえはたをあげよ。

11 よ、しゅはてにまでげてわれた、「シオンのむすめえ、『よ、あなたのすくいる。よ、そのむくいはしゅともにあり、そのはたらきのむくいは、そのまえにある』と。

12 かれらは『せいなるたみしゅにあがなわれたもの』ととなえられ、あなたは『ひとたずもとめられるものてられないまち』ととなえられる」。