聖典
イザヤ書50
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第50章

1 しゅはこうわれる、「わたしがあなたがたのははらせたその離縁りえんじょうは、どこにあるか。わたしはどのさいしゅにあなたがたをりわたしたか。よ、あなたがたは、その不義ふぎのためにられ、あなたがたのははは、あなたがたのとがのためにされたのだ。

2 わたしがたとき、なぜひとりもいなかったか。わたしがんだとき、なぜひとりもこたえるものがなかったか。わたしのみじかくて、あがなうことができないのか。わたしはすくちからたないのか。よ、わたしが、しかるとうみはかれ、かわ荒野あらのとなり、そのなかうおみずがないために、かわきんで悪臭あくしゅうはなつ。

3 わたしはくろころもてんせ、荒布あらぬのをもってそのおおいとする」。

4 しゅなるかみおしえをうけたものしたをわたしにあたえて、つかれたもの言葉ことばをもってたすけることをらせ、またあさごとにさまし、わたしのみみをさまして、おしえをうけたもののようにかせられる。

5 しゅなるかみはわたしのみみひらかれた。わたしは、そむくことをせず、退しりぞくことをしなかった。

6 わたしをものに、わたしのをまかせ、わたしのひげをものに、わたしのほおをまかせ、はじとつばきとをけるために、かおをかくさなかった。

7 しかししゅなるかみはわたしをたすけられる。それゆえ、わたしはじることがなかった。それゆえ、わたしはかお火打石ひうちいしのようにした。わたしはけっしてはずかしめられないことをる。

8 わたしをとするものちかくおられる。だれがわたしとあらそうだろうか、われわれはともとう。わたしのあだはだれか、わたしのところちかくこさせよ。

9 よ、しゅなるかみはわたしをたすけられる。だれがわたしをつみさだめるだろうか。よ、かれらはみなころものようにふるび、しみのためにいつくされる。

10 あなたがたのうちしゅおそれ、そのしもべのこえしたがい、くらなかあるいてひかりなくても、なおしゅたのみ、おのれのかみにたよるものはだれか。

11 よ、やし、たいまつをともすものよ、みなそのほのおなかあゆめ、またそのやした、たいまつのなかあゆめ。あなたがたは、これをわたしのからけて、くるしみのうちにたおれる。