聖典
    イザヤ書32
    脚注
    Theme

    第32章

    1 よ、ひとりのおう正義せいぎをもっておさめ、きみたちは公平こうへいをもってつかさどり、

    2 おのおのかぜをさけるところ暴風雨ぼうふううをのがれるところのようになり、かわいたところにあるみずながれのように、つかれたにあるおおきないわかげのようになる。

    3 こうして、ものひらかれ、ものみみはよくき、

    4 気短きみじかものこころさと知識ちしき、どもりのしたはたやすく、あざやかにかたることができる。

    5 おろかなものは、もはやたっとひとばれることなく、悪人あくにんはもはや、りっぱなひとわれることはない。

    6 それはおろかなものおろかなことをかたり、そのこころ不義ふぎをたくらみ、よこしまをおこない、しゅについてあやまったことをかたり、えたもののぞみをたさず、かわいたものものうばるからである。

    7 悪人あくにんおこないはわるい。かれわるはかりごとをめぐらし、いつわりの言葉ことばをもってまずしいものをおとしいれ、とぼしいものただしいことをかたっても、なお、これをおとしいれる。

    8 しかしたっとひとたっといことをかたり、つねにたっといことをおこなう。

    9 やすんじているおんなたちよ、きて、わがこえけ。おもわずらいなきむすめたちよ、わが言葉ことばみみかたむけよ。

    10 おもわずらいなきおんなたちよ、一ねんあまりのをすぎて、あなたがたはふるえおののく。ぶどうの収穫しゅうかくがむなしく、れるときないからだ。

    11 やすんじているおんなたちよ、ふるおそれよ。おもわずらいなきおんなたちよ、ふるえおののけ。ころもぎ、はだかになってこし荒布あらぬのをまとえ。

    12 はたけのため、みのゆたかなぶどうののためにむねて。

    13 いばら、おどろのえているわがたみのため、よろこびにちているまちにあるすべてのよろこびのいえのためにむねて。

    14 宮殿きゅうでんてられ、にぎわったまちれすたれ、おかと、やぐらとは、とこしえにほらあなとなり、のろばのたのしむところひつじれの牧場まきばとなるからである。

    15 しかし、ついにはれいうえからわれわれのうえにそそがれて、荒野あらのはたけとなり、はたけはやしのごとくられるようになる。

    16 そのとき公平こうへい荒野あらのみ、正義せいぎはたけにやどる。

    17 正義せいぎ平和へいわしょうじ、正義せいぎむすはとこしえの平安へいあん信頼しんらいである。

    18 わがたみ平和へいわいえにおり、やすらかなすみかにおり、しずかなやすどころにおる。

    19 しかしはやしはことごとくたおされ、まちもことごとくたおされる。

    20 すべてのみずのほとりにたねをまき、うしおよびろばを自由じゆうはなちおくあなたがたは、さいわいである。