聖典
イザヤ書21
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第21章

1 うみ荒野あらのについての託宣たくせん。つむじかぜがネゲブをぎるように、荒野あらのから、おそるべきから、るものがある。

2 わたしは一つのきびしいまぼろししめされた。かすめうばものはかすめうばい、ほろぼすものほろぼす。エラムよ、のぼれ、メデアよ、かこめ。わたしはすべてのなげきをやめさせる。

3 それゆえ、わがこしはげしいいたみにたされ、出産しゅっさんのぞおんなくるしみのようなくるしみがわたしをとらえた。わたしは、かがんでくことができず、おそれおののいてることができない。

4 わがこころはみだれまどい、わななきおそれること、はなはだしく、わたしのあこがれたたそがれはかわっておののきとなった。

5 かれらは食卓しょくたくもうけ、じゅうたんをいてみする。もろもろのきみよ、って、たてあぶらをぬれ。

6 しゅはわたしにこうわれた、「って、見張みはりびとをおき、そのるところをげさせよ。

7 うまって二れつならんだものと、ろばにったものと、らくだにったものとをかれるならば、みみかたむけてつまびらかにかせよ」。

8 そのとき見張みはりびとはばわってった、「しゅよ、わたしがひねもすやぐらにち、もすがらわが見張みはりじょっていると、

9 よ、うまって二れつならんだものがここにます」。かれこたえてった、「たおれた、バビロンはたおれた、その神々かみがみぞうはことごとくくだかれてした」。

10 ああ、みにじられたわがたみ、わがよ、イスラエルのかみ万軍ばんぐんしゅからわたしがいたところのものをあなたがたにげる。

11 ドマについての託宣たくせん。セイルからわたしにばわるものがある、「夜回よまわりよ、いまよるのなんどきですか、夜回よまわりよ、いまよるのなんどきですか」。

12 夜回よまわりはう、「あさがきます、よるもまたきます。もしあなたがたがこうとおもうならばきなさい、またなさい」。

13 アラビヤについての託宣たくせん。デダンびとの隊商たいしょうよ、あなたがたはアラビヤのはやしにやどる。

14 テマのたみよ、みずたずさえて、かわいたものむかえ、パンをもって、げのがれたものむかえよ。

15 かれらはつるぎをけ、いたつるぎをけ、ったゆみけ、またはげしいたたかいをけて、げてきたからである。

16 しゅはわたしにこうわれた、「雇人やといにん年期ねんきのように一ねん以内いないにケダルのすべての栄華えいがはつきはてる。

17 ケダルのらの勇士ゆうしで、射手しゃしゅのこものすくない」。これはイスラエルのかみしゅかたられたのである。