イザヤ書29
    脚注
    Theme

    第29章

    1 ああ、アリエルよ、アリエルよ、ダビデがえいをかまえたまちよ、としとしくわえ、まつりをめぐりこさせよ。

    2 そのときわたしはアリエルをなやます。そこにはかなしみとなげきとがあって、アリエルのようなものとなる。

    3 わたしはあなたのまわりにえいかまえ、やぐらをもってあなたをかこみ、るいきずいてあなたをめる。

    4 そのときあなたはふかなかから物言ものいい、ひくいちりのなかから言葉ことばす。あなたのこえ亡霊ぼうれいこえのようにから、あなたの言葉ことばはちりのなかから、さえずるようである。

    5 しかしあなたのあだのれはこまかなちりのようになり、あらぶるものれはられるもみがらのようになる。また、にわかに、またたくまに、このことがある。

    6 すなわち万軍ばんぐんしゅかみなり地震じしんおおいなるさけび、つむじかぜ暴風ぼうふうおよびきつくすほのおをもってのぞまれる。

    7 そしてアリエルをめてたたか国々くにぐにれ、すなわちアリエルとそのしろめてたたかい、これをなやますものはみなゆめのように、よるまぼろしのようになる。

    8 えたものべることをゆめみても、さめると、そのえがいえないように、あるいは、かわいたものむことをゆめみても、さめると、つかれてそのかわきがとまらないように、シオンのやまめてたたか国々くにぐにれもそのようになる。

    9 あなたがたは知覚ちかくうしなってとおくなれ、がくらんでめくらとなれ。あなたがたはっていよ、しかしさけのゆえではない、よろめけ、しかしさけのゆえではない。

    10 しゅふかねむりのれいをあなたがたのうえにそそぎ、あなたがたのである預言者よげんしゃじこめ、あなたがたのあたまである先見者せんけんしゃをおおわれたからである。

    11 それゆえ、このすべてのまぼろしは、あなたがたにはふうじた書物しょもつ言葉ことばのようになり、人々ひとびとはこれをむことのできるものにわたして、「これをんでください」とえば、「これはふうじてあるからむことができない」とかれう。

    12 またその書物しょもつむことのできないものにわたして、「これをんでください」とえば、「むことはできない」とかれう。

    13 しゅわれた、「このたみくちをもってわたしにちかづき、くちびるをもってわたしをうやまうけれども、そのこころはわたしからとおはなれ、かれらのわたしをかしこみおそれるのは、そらでおぼえたひといましめによるのである。

    14 それゆえ、よ、わたしはこのたみに、ふたたおどろくべきわざをおこなう、それは不思議ふしぎおどろくべきわざである。かれらのうちのかしこひと知恵ちえほろび、さといひと知識ちしきかくされる」。

    15 わざわいなるかな、おのがはかりごとをしゅふかかくものかれらはくらなかでわざをおこない、「だれがわれわれをるか、だれがわれわれのことをるか」とう。

    16 あなたがたは転倒てんとうしてかんがえている。陶器とうき粘土ねんどおなじものにおもわれるだろうか。つくられたものはそれをつくったものについて、「かれはわたしをつくらなかった」とい、かたちつくられたものかたちつくったものについて、「かれ知恵ちえがない」とうことができようか。

    17 しばらくしてレバノンはかわってえたはたけとなり、えたはたけはやしのようにおもわれるときるではないか。

    18 そのみみしいは書物しょもつ言葉ことばき、しいのはそのくらやみから、ることができる。

    19 柔和にゅうわものしゅによってあらたなるよろこびをひとのなかのまずしいものはイスラエルの聖者せいじゃによってたのしみをる。

    20 あらぶるものえ、あざけるものはうせ、あくおこなおうと、おりをうかがうものは、ことごとくほろぼされるからである。

    21 かれらは言葉ことばによってひとつみさだめ、まちもんでいさめるものをわなにおとしいれ、むなしい言葉ことばをかまえてただしいものをしりぞける。

    22 それゆえ、むかしアブラハムをあがなわれたしゅは、ヤコブのいえについてこうわれる、「ヤコブは、もはやはずかしめをけず、そのかおは、もはやいろうしなうことはない。

    23 かれ子孫しそんが、そのなかにわがのわざをるとき、かれらはわがせいとし、ヤコブの聖者せいじゃせいとして、イスラエルのかみおそれる。

    24 こころのあやまれるものも、さとりを、つぶやくものおしえをうける」。