聖典
イザヤ書57
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第57章

1 ただしいものほろびても、こころにとめるひとがなく、かみうやま人々ひとびとられても、さとものはない。ただしいものわざわいまえられて、

2 平安へいあんるからである。すべて正直しょうじきあゆものは、そのとこやすむことができる。

3 しかし、あなたがたおんな魔法使まほうつかいよ、姦夫かんぷ遊女ゆうじょのすえよ、こちらへ近寄ちかよれ。

4 あなたがたは、だれにむかってたわむれをなすのか。だれにむかってくちひらき、したすのか。あなたがたは背信はいしんら、いつわりのすえではないか。

5 あなたがたは、かしのあいだ、すべてのあおしたこころをこがし、たになかいわのはざまでどもをころした。

6 あなたはたにのなめらかないし自分じぶんぎょうとし、これを自分じぶんまえとし、これに灌祭かんさいをそそぎ、そなものをささげた。わたしはこれらのものによってなだめられようか。

7 あなたはたかくそびえたやまうえ自分じぶんとこもうけ、またそこにのぼってって犠牲ぎせいをささげた。

8 またおよびはしらのうしろに、あなたのしるしをいた。あなたはわたしをはなれて自分じぶんとこをあらわし、それにのぼって、そのとこをひろくした。またかれらと契約けいやくをなし、かれらのとこあいし、そのはだかた。

9 あなたは、においあぶらたずさえてモレクにき、おおくのかおりものをささげた。またあなたの使者ししゃとおくにつかわし、陰府よみふかところにまでつかわした。

10 あなたはみちながいのにつかれても、なお「のぞみがない」とはわなかった。あなたはおのがちから回復かいふくたので、おとろえることがなかった。

11 あなたはだれをおじおそれて、いつわりをい、わたしをおぼえず、またこころにおかなかったのか。わたしがひさしくだまっていたために、あなたはわたしをおそれなかったのではなかったか。

12 わたしはあなたのと、あなたのわざをしめそう、しかしこれらはあなたをえきしない。

13 あなたがばわるとき、あなたがあつめておいた偶像ぐうぞうにあなたをすくわせよ。かぜかれらをはこり、いきかれらをる。しかしわたしにたのものぎ、わがせいなるやまをまもる。

14 しゅわれる、「つちり、つちってみちそなえよ、わがたみみちから、つまずくものれ」と。

15 いとたかく、いとうえなるもの、とこしえにもの、そのせいととなえられるものがこうわれる、「わたしはたかく、せいなるところみ、またこころくだけて、へりくだるものともみ、へりくだるものれいをいかし、くだけるものこころをいかす。

16 わたしはかぎりなくあらそわない、またえずいからない。れいはわたしから、いのちのいきはわたしがつくったからだ。

17 かれのむさぼりのつみのゆえに、わたしはいかってかれち、わがかおをかくしていかった。しかしかれはなおそむいて、おのがこころみちった。

18 わたしはかれみちた。わたしはかれをいやし、またかれみちびき、なぐさめをもってかれむくい、かなしめるもののために、くちびるのつくろう。

19 とおものにもちかものにも平安へいあんあれ、平安へいあんあれ、わたしはかれをいやそう」としゅわれる。

20 しかししきものなみあらうみのようだ。しずまることができないで、そのみずはついにどろ汚物おぶつとをす。

21 わがかみわれる、「よこしまなものには平安へいあんがない」と。