聖典
イザヤ書61
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第61章

1 しゅなるかみれいがわたしにのぞんだ。これはしゅがわたしにあぶらそそいで、まずしいもの福音ふくいんつたえることをゆだね、わたしをつかわしてこころのいためるものをいやし、とらわれびと放免ほうめんげ、しばられているもの解放かいほうげ、

2 しゅめぐみのとしとわれわれのかみ報復ほうふくとをげさせ、また、すべてのかなしむものなぐさめ、

3 シオンのなかかなしむものよろこびをあたえ、はいにかえてかんむりあたえ、かなしみにかえてよろこびのあぶらあたえ、うれいのこころにかえて、さんびのころもあたえさせるためである。こうして、かれらはのかしのととなえられ、しゅがその栄光えいこうをあらわすためにえられたものととなえられる。

4 かれらはいにしえのれたところてなおし、さきにれすたれたところおこし、れた町々まちまちあらたにし、世々よよすたれたところふたたてる。

5 外国がいこくじんってあなたがたのれをい、異邦人いほうじんはあなたがたのはたけたがやものとなり、ぶどうをつくものとなる。

6 しかし、あなたがたはしゅ祭司さいしととなえられ、われわれのかみ役者やくしゃばれ、もろもろのくにとみべ、かれらのたからよろこぶ。

7 あなたがたは、さきにけたはじにかえて、二ばい賜物たまものけ、はずかしめにかえて、そのぎょうたのしむ。それゆえ、あなたがたはそのにあって、二ばい賜物たまもの、とこしえのよろこびをる。

8 しゅなるわたしは公平こうへいあいし、強奪ごうだつ邪悪じゃあくにくみ、真実しんじつをもってかれらにむくいをあたえ、かれらと、とこしえの契約けいやくむすぶからである。

9 かれらの子孫しそんは、もろもろのくになかられ、かれらのらは、もろもろのたみなかられる。すべてこれをものはこれがしゅ祝福しゅくふくされたたみであることをみとめる。

10 わたしはしゅおおいによろこび、わがたましいはわがかみたのしむ。しゅがわたしにすくいころもせ、上衣うわぎをまとわせて、花婿はなむこかんむりをいただき、花嫁はなよめ宝玉ほうぎょくをもってかざるようにされたからである。

11 をいだし、そのがまいたものをやすように、しゅなるかみほまれとを、もろもろのくにまえに、やされる。