聖典
    イザヤ書44
    脚注
    Theme

    第44章

    1 しかし、わがしもべヤコブよ、わたしがえらんだイスラエルよ、いまけ。

    2 あなたをつくり、あなたを胎内たいないかたちつくり、あなたをたすけるしゅはこうわれる、『わがしもべヤコブよ、わたしがえらんだエシュルンよ、おそれるな。

    3 わたしは、かわいたみずそそぎ、からびたながれをそそぎ、わがれいをあなたのらにそそぎ、わがめぐみをあなたの子孫しそんあたえるからである。

    4 こうして、かれらはみずなかくさのように、ながれのほとりのやなぎのように、そだつ。

    5 あるひとは「わたしはしゅのものである」とい、あるひとはヤコブのをもって自分じぶんび、またあるひとは「しゅのものである」とにしるして、イスラエルのをもって自分じぶんぶ』」。

    6 しゅ、イスラエルのおう、イスラエルをあがなうもの万軍ばんぐんしゅはこうわれる、「わたしははじめであり、わたしはおわりである。わたしのほかにかみはない。

    7 だれかわたしにひとしいものがあるか。そのものはそれをしめし、またそれをげ、わがまえいつらねよ。だれが、むかしから、きたるべきことかせたか。そのものはやがてるべきことをわれわれにげよ。

    8 おそれてはならない、またおののいてはならない。わたしはこのことむかしから、あなたがたにかせなかったか、またげなかったか。あなたがたはわが証人しょうにんである。わたしのほかにかみがあるか。わたしのほかにいわはない。わたしはそのあることをらない」。

    9 偶像ぐうぞうつくものみなむなしく、かれらのよろこぶところのものは、なんのやくにもたない。その信者しんじゃることもなく、またることもない。ゆえにかれらははじける。

    10 だれがかみつくり、またなんのやくにもたない偶像ぐうぞうたか。

    11 よ、その仲間なかまみなはじける。その細工人さいくにんらは人間にんげんにすぎない。かれらがみなあつまってつとき、おそれてともじる。

    12 てつ細工人さいくにんはこれをつくるのにすみをもって細工さいくし、つちをもってこれをつくり、つようでをもってこれをきたえる。かれえればちからおとろえ、みずまなければつかれはてる。

    13 細工人さいくにんせんき、鉛筆えんぴつでえがき、かんなでけずり、コンパスでえがき、それをひとうつくしい姿すがたにしたがってひとかたちつくり、いえなか安置あんちする。

    14 かれ香柏こうはくたおし、あるいはかしの、あるいはかしわのえらんで、それをはやしなかつよそだてる。あるいは香柏こうはくえ、あめにそれをそだてさせる。

    15 こうしてひとはその一部いちぶをとって、たきぎとし、これをもってあたため、またこれをやしてパンをき、また一部いちぶかみつくっておがみ、きざんだぞうつくってそのまえにひれす。

    16 そのなかばはやし、そのなかばでにくべ、あるいはにくをあぶってき、またあたためてう、「ああ、あたたまった、あつくなった」と。

    17 そしてそのあまりをもってかみつくって偶像ぐうぞうとし、そのまえにひれしておがみ、これにいのって、「あなたはわがかみだ、わたしをすくえ」とう。

    18 これらのひとることがなく、またさとることがない。そのはふさがれてることができず、そのこころにぶくなってさとることができない。

    19 そのこころのうちにおもうことをせず、また知識ちしきがなく、さとりがないために、「わたしはそのなかばをやし、またその炭火すみびうえでパンをき、にくをあぶってべ、そののこりのをもってにくむべきものをつくるのか。のはしくれのまえにひれすのか」とものもない。

    20 かれはいい、まよったこころまどわされて、おのれをすくうことができず、また「わがみぎいつわりがあるではないか」とわない。

    21 ヤコブよ、イスラエルよ、これらのことこころにとめよ。あなたはわがしもべだから。わたしはあなたをつくった、あなたはわがしもべだ。イスラエルよ、わたしはあなたをわすれない。

    22 わたしはあなたのとがをくものようにはらい、あなたのつみきりのようにした。わたしにかえれ、わたしはあなたをあがなったから。

    23 てんよ、うたえ、しゅがこのことをなされたから。ふかところよ、ばわれ。もろもろのやまよ、はやしおよびそのなかのもろもろのよ、こえはなってうたえ。しゅはヤコブをあがない、イスラエルのうちに栄光えいこうをあらわされたから。

    24 あなたをあがない、あなたを胎内たいないつくられたしゅはこうわれる、「わたしはしゅである。わたしはよろずのものつくり、ただわたしだけがてんをのべ、をひらき、——だれがわたしとともにいたか——

    25 いつわもののしるしをむなしくし、うらなものくるわせ、かしこものをうしろに退しりぞけて、その知識ちしきおろかにする。

    26 わたしは、わがしもべの言葉ことばげさせ、わが使つかいはかりごとをらせ、エルサレムについては、『これはたみところとなる』とい、ユダのもろもろのまちについては、『ふたたびてられる、わたしはそのあとおこそう』とい、

    27 またふちについては、『かわけ、わたしはあなたのもろもろのかわす』とい、

    28 またクロスについては、『かれはわが牧者ぼくしゃ、わが目的もくてきをことごとくなしげる』とい、エルサレムについては、『ふたたびてられる』とい、神殿しんでんについては、『あなたのもといがすえられる』とう」。